FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

12
2011  07:16:25

CBC賞

◎ダッシャーゴーゴー
○ツルマルレオン
▲エーシンリジル
★ヘッドライナー



ダッシャーゴーゴー、ツルマルレオン…果たしてどちらが本命に相応しいだろうか。
それはやはり高松宮記念から11週間ぶりの出走となるダッシャーゴーゴーだろう。
高松宮記念では11着に降着となったが、4位入線の実績。
ガチンコでキンシャサノキセキとやりあった馬だけにその実力はこのクラスでは抜けている。
その高松宮記念も不向きな展開&ラップで4着は立派、能力はGⅠ級。

バシッと能書き垂れずにツルマルレオン本命の方がかっこいいのだろうけど、それは少しリスクが大きい。
信頼はしているがダッシャーゴーゴーの壁はまだ厚いと見るのが妥当。

ツルマルレオンにはダッシャーゴーゴーと斤量差6.5キロある。
これを活かすことができれば…ダッシャーゴーゴーといえど苦しい競馬になるはず。
ダッシャーゴーゴーに勝てる馬はもうツルマルレオンしかいない。
一発の魅力秘めたツルマルレオンはダッシャーゴーゴーよりも軸たる信頼劣るともその実力は見劣らず。

阪神コースが得意なのはどちらも一緒だ。
だが、この雨+斤量差でツルマルレオンでも対抗できると考えたい。


▲には阪神スプリント得意なエーシンリジル推奨。
フレンチデピュティなので多少の雨は+。
そこまで弱い馬ではないのにこの斤量は軽すぎる。



『消し』
◆アーバニティ
雨馬場が嫌じゃなく、雨に濡れるのが嫌なご様子。
それとこの馬、内枠の時でしか走りませんよ。

◆エーシンホワイティ
平坦向きの末脚で阪神では鈍る、坂があるコースでは見劣る。
前走二着の馬を祭り上げるのは感心しないね。
適性があるから二着なわけで、適性がない馬は三着、四着で渋く負けるものだ。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想・結論

0 Comments

Leave a comment