FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

25
2011  09:22:28

【神戸新聞杯】結論
◎オルフェーヴル
○ウインバリアシオン
▲フレールジャック
△イグアス


オルフェーヴルとウインバリアシオンの末脚は段違い。
それは視覚的なものからも、あやふやな第六感的なものからも、そして各方面が算出した客観的な数字からも明らかなものでしょう。
なんとかどちらか一方が崩れてくれまいか…
と考えてはみたもののこのメンバー構成で倒れることは非常に考えにくい。
二頭の戦いになる、改めてそう読ませていただきます。

特にウインバリアシオンは本番なんて完全に無視、ここでオルフェーヴルを倒すんだという気概。
本番前に容赦ない仕上げ、若干オーバーワークではないかと思う気持ちもある。
一方のオルフェーヴルは入念に入念に乗込み、中間の本数は休み明けでは異例の本数を消化した。
休み明けでこれだけの負荷は稀、ということは恐らく太めで出走してくるのだろう。
今回の場合はウインバリアシオンを上にとりたいところではあるが…いくつかの嫌疑がある以上はオルフェーヴルを◎にするのが定石なはず。

この二頭の数字は過去の神戸新聞杯から見てドリームジャーニーよりは圧倒的に強く、ローズキングダムとエイシンフラッシュには劣る。
オルフェーヴルとウインバリアシオンは昨年の神戸新聞杯のダービーワンツー組同様、抜けた数字を持っている。
つまり、この二頭のワンツーは可能性としてはかなり高いものと思われる。

それより何より末席の三着が問題なのである。
人気を背負うショウナンマイティははっきり言ってあまり強くない。
札幌の優秀な一戦を加味しても、オルフェーヴルやウインバリアシオンには遥かに劣る。
この馬の適性は2000M前後、若かりし頃のヒルノダムールタイプの馬だ。

連勝も実力の証明フレールジャック。
500万にしてはラップ秀逸、連勝しているイグアス。

阪神実績ありカーマイン、スマートロビンの引っ張るペースでなんとかならんか。

今回はフレールジャック、イグアスまでを相手に馬券構築。
配当的には出来ればフレールジャックが着外になることを祈りたいところ。
典型的ジャングルポケット産駒のダノンミルは小回り向き。
人気ブログランキングへ




【オールカマー】結論
◎アーネストリー
○シャドウゲイト
▲ゲシュタルト
△コロンバスサークル
★カリバーン


逃げようが番手だろうがペースを握るアーネストリーは恐らくロングスパートを展開するだろう。
4Fの競馬になるだろうから、チーフベアハート産駒で3歳のマイネルラクリマには少々厳しい展開になるはず。
小倉のロングスパート戦で結果を出したゲシュタルト、経験豊富なシャドウゲイトの粘りに期待。
最後の勝ち鞍レインボーSはロングスパート戦、このレースに適性を感じるコロンバスサークルが穴。

好走を演じた札幌記念は3F勝負、基本的に3F勝負の経験しかないカリバーンにはアーネストリーの作る流れは未体験なはず。その時にどういう競馬ができるかがカギ。
その得意の3F勝負で札幌記念に負けたってことは…重賞にはまだ早いってこと。
アーネストリーがそういう競馬にしてくれるなら積極的に買ってもいいが…精々抑えが精一杯。
人気ブログランキングへ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想