FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

14
2011  03:54:40

秋華賞

【秋華賞】
戦前の評ではホエールキャプチャ・アヴェンチュラ・マルセリーナの三強対決。
当方もこの世論に逆らう気はあまりない。
今回は素直に三強対決になるのではないかと見ている。

ローズSの勝ち馬ホエールキャプチャ、前走の乗り込み量もさることながら今回も負けず劣らずの調整内容。
舞台が京都では複勝圏内を外す姿はあまり想像できない。
秋の京都の馬場状態、とりわけ今の高速馬場、内回りは母系のBlushing Groomがよく合うことでしょう。

クイーンS優勝馬アヴェンチュラは姉トールポピー、兄フサイチホウオーを持つ良血馬。
前走クイーンSはコスモネモシンに迫られたところをヘロヘロになりながらも抜き返して勝ち切った。
言わずもがなクイーンSで一番強い内容、3歳馬でこんな競馬ができるのかと驚いたもの。
兄フサイチホウオーがNureyev色強いタイプの差し馬、姉トールポピーはトニービン色強いタイプの差し馬。
アヴェンチュラは阪神JFを見る限りどちらかと言うと姉トールポピーに近い感じ。
それでも、この兄弟はほとんどNureyevタイプの差し馬だから小回りは基本的に上手い。
短い直線でスッとキレる、長い直線ではそれほどキレない。
この手の血統は極限の切れ味勝負みたいなレースには少なくとも全く向かない。
姉トールポピーと同じ角居厩舎だし、馬体重の割に大きな歩幅の走法もよく似ている。
だけど、Nureyev的な器用さや俊敏さは兄フサイチホウオーにも似てる。
どちらに似ているかというわけではなく、全兄姉よりもずっと奥が深そうな馬だと見る。
馬場は重たい方がよろしいのだろうけど、それよりもこの短い直線はこの馬にとって大きなアドバンテージになるだろう。
秋華賞は33秒台の決着にならないレースだし、高速馬場に対する心配はしてない、そもそも“洋芝巧者”は京都でよく走る。
各新聞が調教を高く評価していることを今回は素直に受け取ってもいいだろう。


桜花賞馬マルセリーナは純度の高いマイラーなのだろうが、2000Mはこなせると見たい。
過去の秋華賞はマイラーでもしっかり距離不安なくこなせているし、距離はそこまで問題にしたくない。
ディープインパクト×ラストタイクーンだから春よりも成長しているだなんてあまり思わない。
それでもこのキレ味は秋華賞で活きるはずだろうから決して安易に無視はできまい。


ホエールキャプチャは桜花賞の二の舞を踏みたくないだろうからなるべく内枠が欲しい。
そのために秋華賞を見据えてローズSでは内で先行して早め抜けだしの競馬をしたのだろう。
キレでは劣ってもBlushing Groom由来の持続力があるから先行して押し切れる方が得策だろうという考え。
アヴェンチュラは内でゴチャついて抜け出せるほどの器用さはない。
この馬の器用さはそういうニュアンスの器用さではなく、コーナリングと脚の切り替えの上手さ。
直線とコーナーの脚の使い方、その器用さを活かすためには中枠が理想だ。
岩田騎手なのでインで立ちまわってコースロスなく立ち回っても良いけど、この馬は外を回してもそれほど気にならない。
内で溜めるよりも外を回すよりも中枠あたりで馬群を割る競馬で台頭したい。



恐らく、本命はこの三頭のうちのどれかにするでしょう。
秋華賞本命は↓はランキング内に掲載。
人気ブログランキングへ

日曜日東京のサフラン賞の本命馬も同時掲載。
人気ブログランキングへ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想