FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

21
2011  12:18:47

宝塚記念

【宝塚記念はどういう馬場で行われる?】
時間もそうあるわけではないのでマーメイドSの回顧もかねて書かせて頂きます。
まず、このマーメイドSが持つ意味を考えなければならないだろう。
単なる牝馬限定のGⅢ、だけど私にとって持つ意味の大きさは計り知れない。

多くの人は先週のマーメイドSに大きな違和感を感じたのではないだろうか?

多くの人が一番違和感を感じているのはまずトラックバイアスのはず。
マーメイドSの近年のトラックバイアスの傾向は逃げ馬有利の馬場。
だから私もなるべく逃げ先行馬完全有利の前提で予想を展開した。
それを輪にかけてコミュニティ内や私事で忙しかったので土曜日の芝を自分の目で見ているはずもなく、先週同様洋芝特有の脚元に絡みつくような馬場だと勝手に解釈していた。
この洋芝が差し馬の台頭を殺す。

まずこの予測が大きな間違いだった。
昨年同様のトラックバイアスだからディアアレトゥーサ、アスカトップレディ、モーニングフェイスが前目で競馬しいたのを見て心の中でガッツポーズしてしまった。
あぁ楽勝で的中したな、と。
けども…やっぱりみなさんご存知のこの格言のご登場。


競馬そんなに甘くない。


直線に入るや否や全く手応えの悪い先行勢。
それとは逆に手応え抜群で勢いのある差し勢。

そんなにペースが速いわけではないのに…?
先行馬が失速するペースでもないのに…?
なぜ差し馬は台頭してしまったのか?


結果、1~3着はどれも差し馬だった。
し・か・も、4着には最後方から追い込んできたイタリアンレッド。
事前に申し上げた通り、イタリアンレッドという馬は高速馬場の内回りコースが得意な馬だ。
なんで洋芝でイタリアンレッドが来てしまったのか?
そもそもイタリアンレッドの見立てが違ったか?とレースが終わった後にふと思ったのだけど、これはそうではないと思う。

イタリアンレッドの見方は最初から間違っていない。
フミノイマージンも洋芝って感じではないから例年通り消して正解だったはず。
(どちらかと言うとこれは距離の見立てが不正解だった)

この二頭は洋芝に殺されるはずだった。

レースの上がり3F
フミノイマージン:34.3
ブロードストリート:34.7
アースシンボル:34.5
イタリアンレッド:34.7

阪神の中距離は上がり3Fが外回りでも速くて33秒台後半、平均的に34秒台前半くらいだろうか。
だから内回りでこの上がりは相当速い部類。
2着のブロードストリートは秋阪神の超高速馬場、野芝開催のローズSの勝ち馬。
近走の不振は洋芝野芝混合の馬場だと見ていた。

だから、洋芝のマーメイドSでも同じようなもんだろうなと思っていたら…2着だ。
このブロードストリートの好走がマーメイドS野芝の裏付け。
ブロードストリート、イタリアンレッド、フミノイマージン台頭。
昨年大惨敗のアースシンボル復活の理由もこの野芝が原因だ。



つまり、マーメイドSは例年通りの洋芝で開催されたわけじゃない。
コスモプラチナ、ニシノブルームーン、セラフィックロンプ、ブライティアパルスの先行力が活きた近年の洋芝そのままで行われたわけではない。
今年のマーメイドSの芝は時計が速く、上りが出やすい野芝開催。

近年の傾向ではマーメイドSの芝を宝塚記念がそのまま引き継ぐ可能性が高い。
つまり宝塚記念もマーメイドS同様、野芝開催で行われる可能性が非常に高い。

よって昨年、一昨年の宝塚記念は当てにならない。
昨年凡走した馬、好走を演じた馬の逆転も十分あり得る。

そういうことを踏まえて宝塚記念の穴馬↓

昨年凡走も今年は高速馬場の恩恵を受ける。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment