FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

13
2011  10:27:18

エリザベス女王杯

【エリザベス女王杯】
ハイレベル3歳の覇権争い
◎アヴェンチュラ
発売前はスノーフェアリーが断然の人気になると見ていたが…?
なんと蓋をあけてみるや1番人気でも単勝3倍以上、意外と人気にならないことに驚いている。
どうもキナ臭いオッズというか、昨年のイメージが強いのにこのオッズはどうにも気持ち悪い。

というわけで今回は◎アヴェンチュラ。
速い上がりが使えないのは事実、血統的にも瞬発力勝負に向かないことは明白。
それでも今回は馬場的に速い上がりを使うことはないだろうし、瞬発力勝負になるまい。
土曜日を見た限り先行押し切りがピッタリ嵌る馬場状態、それが今回もアヴェンチュラを助けてくれるはずだ。
やっぱり勢い・トラックバイアスに逆らえぬ。
不安点は次回まで持ち越し。
スノーフェアリーとアヴェンチュラ、どちらが本命として正解かの判断は非常に難しい。
妙味がどうとかではなくちょっと買いにくいオッズ、加えて昨年とは大違いのトラックバイアス。
それを踏まえればアヴェンチュラ本命の方が非常に自然。

○ホエールキャプチャ
クラシック全レースで崩れず安定的な成績を収めた同馬のこの人気急落も仕方ない。
前走で見限った人もいるだろうし、この馬が秋華賞メイチで臨んだことを考えればここで買いにくいのは当然。
ただ、前走の走りに言及するなら、やはり着順にトラックバイアスが影響したことは確かだ。
それから最も調子が良かったのはローズSだろう。
厩務員の定年でこの馬がメイチで仕上げなければいけなかったのはローズS。
休み明けで勝負仕上げ、ローズSで賞金を安全に稼ぐことが陣営の考え。
まず、なぜ定年なのにGⅠで勝負しなければいけないのか?
定年前にGⅠで勝負することはリスクが大きいということ。
それよりもまず退職金の確保を優先するのが陣営の判断としては自然。
母系に存在するホエールキャプチャの突然変異の源泉であろうBlushing Groomは外回りの持続力ありの血統。
オークスでも好走出来たその自慢の持続力が京都外回りで活きると見て、今回はアヴェンチュラの対抗評価。
出来落ちなし、内枠、外回りに代わって今回はアヴェンチュラを逆転期待。


▲アパパネ
恐らくイタリアンレッドが社台Fの総大将だろう。
ノーザンFからアヴェンチュラ・アパパネ・アニメイトバイオ・レーヴディソールが出走。
どうやらノーザンFではアヴェンチュラがトップ、アパパネが二番手の評価らしい。
前走から調子が上がったと見るべきだろうか、VM31秒台で完全に終わったと見ていたがどうも陣営のトーン・自信が前走と全く違う。
これはあのVMの大激走を克服し回復に成功したとみるべきなのか…?
ともかくノーザンF側がアヴェンチュラに続く評価をしているならそれを素直に受け止める。
昨年とは違う高速馬場設定、経験、仕上がりを考えればスノーフェアリーより上位も十分考えられる。
当初は消しと考えていたが、考えを改める。
アパパネは常識では考えられないくらいタフな馬、それを考慮に入れなければなるまい。


≪結論≫
◎アヴェンチュラ
○ホエールキャプチャ
▲アパパネ
△イタリアンレッド
△アニメイトバイオ
★レーヴディソール

人気ブログランキングへ
支援のクリックよろしくお願いいたします。



【武蔵野S】
戴冠は目前
◎ダノンカモン

当たり前だけど持っている数字は超一流。
テンよし中よし終いよし、素直にこれが本命で良いだろう。
どうやら今回は初めてブリンカーを装着する模様。
どうも変な癖があってソラを使う馬らしい、それが原因でこの馬は中々勝てないんだとか。
今回は最後まで集中するようにと陣営はブリンカーの装着を決断。
前走も福永騎手が気をつけていながらも最後にソラを使ったせいで大金星を逃した悔しい一戦。
今回は賞金加算のためにも負けられないレース、ブリンカー効果に期待。

今の東京のダートは非常に重い。
特にパワーが問われるので追い込み勢はかなりしんどい競馬になる。
シルクフォーチュンはその点がどうかだ。
展開が向いた前走でダノンカモンを捕えられないのなら、もうこの馬は東京マイルでダノンカモンに勝てまい。
ファピアノが入っているテスタマッタは時計が遅い今のトラックバイアスに向いているはず。
速い上がりのレースで強いが、このレースに強いジェイドロバリーが入ったオオトリオウジャ。
4月にパワータイプの馬場で圧勝しているタイセイレジェンド。
ズブい今ならマイルくらいが合うはずナムラタイタン。
テスタマッタと同じくファピアノが入ったダイショウジェット。
レベル低い&持ち時計限界アドマイヤロイヤル、展開利が見込めないシルクフォーチュンは今回見送り。
軸馬ダノンカモンから手広くいきたい。

≪結論≫
◎ダノンカモン
○テスタマッタ
▲タイセイレジェンド
△オオトリオウジャ
△ナムラタイタン
★ダイショウジェット

人気ブログランキングへ
支援のクリックよろしくお願いいたします。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想