FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

03
2011  10:23:03

ステイヤーズS・鳴尾記念・JCD

【ステイヤーズS】
戴冠は目の前
◎ビートブラック

京都2400Mと大きな相関性を持つ当レース。
5Fからのロングスパート戦になる傾向が強いので、京都大賞典あるいはそのコースとの親和性を持つのは必然。
今年の京都大賞典、そして菊花賞を好走してみせたビートブラックは当然最有力。
現代ではほとんどのレースが3F勝負、当馬に適した舞台が少ない現状ではここは数少ないベストマッチなレース。
血統的にもBMSブライアンズタイムは多くのステイヤーを輩出しているスタミナ血脈でスタミナに不安なし。
今回は素直に本命視で良い。

名手ウィリアムズを手配・復調気配にあるフォゲッタブル。
ロングスパート戦・長距離に自信を見せるナムラクレセント。
要求に応える京都巧者イグアス。
当レースでは崩れぬ安定感モンテクリスエス。
優秀な数字を持つメイショウクオリア。
この辺りを相手として考慮したい。

≪結論≫
◎ビートブラック
○イグアス
▲モンテクリスエス
△フォゲッタブル
△ナムラクレセント
★メイショウクオリア

人気ブログランキングへ


【鳴尾記念】
鋭伸堂々
◎サダムパテック

絶好の調教、安定感、ベストと思われる距離を考慮するならば当然◎に帰結するのは当馬になる。
ロングスパートになりやすいこのレースに問われるのは距離適性。
クラシックディスタンスを走れる馬か否かというのは一つの課題。
後の勝ち馬が日経新春杯や京都記念で好走しているのを見る限り、一介のマイラーが当レースでは厳しい現状を突きつけられるのは明らか。
ここまで中距離戦で抜群の安定感、末脚を発揮できそうなこの舞台では疑念の余地なく◎。

ここで復帰のレッドデイヴィスは先行できるか否かが問題だ。
先行できないときの脆さと成長力は大きな心配の種。
特に他馬よりも成長の速かった当馬にアドバンテージがなくなった今、どれだけのレースができるかが課題。
堅実な末脚・抜群の安定感を誇るダノンスパシーバ、上がり勝負が得意なカリバーン。
相手はこの辺りを有力としたい。

≪結論≫
◎サダムパテック
○ダノンスパシーバ
▲カリバーン
△ヒットジャポット
△フレールジャック
★レッドデイヴィス

人気ブログランキングへ


【JCD】
◎トランセンド

人気ブログランキングへ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想