FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

09
2011  07:30:02

阪神JF

【阪神JF】
各馬短評
人気ブログランキングへ
阪神JF対抗予定馬はランキング内に表示。

◆ラシンティランテ
BMSエンドスウィープのアグネスタキオン産駒。
基本的に内回り巧者で阪神外回りだとキレが心配される。
京都巧者でここ最近は内回りで強いゲシュタルト、人気でこのレースを惨敗したアルーリングボイスもBMSエンドスウィープだった。
エンドスウィープの代表産駒はラインクラフト、アドマイヤムーン、スイープトウショウなどなど。
そういうイメージで語るならばエンドスウィープという馬は非常にキレ味があっていかにも外回り向きのように感じさせるのだが、例えばこういう例外的存在だけを見てエンドスウィープとは何たるかを語りたくはない。
マクロな視点で見ればエンドスウィープは内回り向きの馬が多いわけだし、そういう大衆的なイメージとかけ離れたわけではないラシンティランテをラインクラフトやスイープトウショウと同種と見るわけにはいくまい。
ゲシュタルト、アルーリングボイスと同列に語る方がよさそうだ。

前走は圧勝、加えて有力馬シャンボールフィズを倒しての参戦だけにそこそこの人気も予想される。
ただあのレースは適性の差が出ただけで、決してシャンボールフィズの評価を落とすレースではないと感じる。
勿論適性を超えてシャンボールフィズが能力だけで勝つことも予想されたが、それほどの馬ではなかった。
勿論シャンボールフィズは弱いわけではなく、この世代では有力馬だということは確かだろう。
前走の圧勝もここ阪神外回りでは通ずるものではないと読む。


◆アイムユアーズ
BMSエルコンドルパサーはきつい近親クロスのせいで短距離馬を多く輩出し洋芝巧者となる馬も多い。
ご多分にもれずアイムユアーズのその一例に当て嵌まり、洋芝で強く短距離馬になってしまった。
前走走った京都は洋芝と通ずるが、阪神はそうもいかない。
阪神外回りで今までのように末脚を使えるかどうかが課題になる。
時計の速さに対応出来ることは前走で証明し課題は一つ消えたが、BMSエルコンドルパサー故にマイルでのゆったりした感覚に対応できるかどうかがカギ。
エルコンドルパサーは基本的にハイペースの方が強い。
全体的な適性は血統光星は違えどワンカラットに近い。


◆ファインチョイス
今年勝った函館2歳Sのレベルが非常に高い。
それを根拠にするなら阪神JFでもレベルのギャップに苦労することはなさそうだ。
問題は阪神外回りに対する適性。
エンドスウィープ産駒としてアドマイヤムーンを解釈するか、あるいは母系の血として解釈するか。
そういう意味ではラシンティランテ同様内回りの方が強い気がしないでもない。
外回りで差して良い脚が使えるわけではない、先行して上手く立ち回ればエンドスウィープの弱点を補えるはず。
同じエンドスウィープ系でもラシンティランテと違ってこの脚質、スプリント経験がには追い風になるはず。


◆トーセンベニザクラ
ダイワメジャー×ホワイトマズルの牝馬で前走は赤松賞優勝。
阪神で苦労していたダローネガを見る限り、あまり阪神向きだとは思えない。
Lyphardだからどうしても阪神の競馬質で苦労するのだろう。
適性的に東京ベスト、ただし阪神とは相関性の無い東京適性とでも言おうか。


◆アンチュラス
イングリッドの全妹、姉同様BMSそのまんまの競走馬。
Wild Againの代表例は父ワイルドラッシュのトランセンド。
BMSではランザローテ、サンライズプリンスなどなど。
差しに転じて味なし、前目で競馬して能力をフルに発揮したサンライズプリンスが一番分かりやすい。
ペースが速くなって、あるいは距離を気にして後方または差しに転じてしまえば好走する可能性はぐっと減る。
好走要件は前目で競馬すること、少しくらい速くなっても血統的に対応できるはず。
未勝利圧勝から能力は非凡、要件を満たせばここでも好走できる。
今回は騎手の腕が問われる。
人気ブログランキングへ




じゃ最後に動画を。
今週は牝馬のレースなんでね。


人気ブログランキングへ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想