FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

14
2011  03:40:22

朝日杯FS

【朝日杯FS】
朝日杯は勝負レース
競馬で大切なのはイメージだ。
イメージからイメージを生み出す生産的な予想こそ至高だと僕は考えている。
旧来のイメージと新しいイメージを重ねて、違いを感じ取り考察するのが競馬予想。
特にパブリックイメージからかけ離れた見解を書いて予想が当たった時は本当に高揚するもの。
論理と洞察力を交えた予想が今の僕にできているわけないし、これから先出来るかどうかも分からない。
時間の欠如もまた問題ではあるが、仮に時間があったとしても最良の予想ができたかどうか。
要するに論理崩壊、洞察力の衰えが出始めたのではないか。

僕が新しいものを生み出すことに対して限界だと感じたらどうするべきか、その答えは近いうちに決めたい。
これからラスト二週は大事な大事な岐路だと思って予想したいと思っている。
特に今年のラストを飾る有馬記念は僕にとってかなり鬼門的なレースだ。
だから、難解な有馬記念の前に朝日杯で勝負しておきたい。

毎年毎年何が起きるか分からない有馬記念よりも、毎年毎年それなりの論理と分析で決まる朝日杯の方がはっきり言って相当簡単なレースだろう。
阪神JF同様に難解なイメージを持つレースではあったが、ここ数年はなりを潜めてすっかり順当な馬が来るレースになった。
毎年大荒れはなく、中荒れ程度の配当なら多くの人はそれなりに考えていればそこそこ良い線で予想はできる。
だからこんなクソレーススルーとか言わずに予想して見て欲しい。
考えようによっちゃあボーナスレース、傾向通りだからそんなに難しく考えることなかれ。
人気ブログランキングへ


あの人気馬は不安…?
当レースはほとんどペースが速い消耗戦になりがちだ。
たとえ毎年前半が速くても中間である程度緩むのだが、それでも馬にとっては本当にしんどいレースになる。
坂路調教で鍛えられ無酸素運動を高められた競走馬達の好走歴はまさに以上と言えるレベル。
それだけこのレースが厳しいと証明される一つの論拠だろい。

阪神JF同様、2歳馬は前走のレースレベルなどはさほど関係ない。
前走が如何にスローペースでも、レース適性があるならその馬はちゃんと好走できる。
その適性を推しはかるのは血統のよるところに他ならない。
例えば、二走連続スローペースで好走し当レースで2着に来たリアルインパクトなどはその類ではないか。
半兄アイルラヴァゲインの示す通りの底力を兼備したこのディープインパクト産駒はデビューからハイペースを経験していないが、このレースで適性のあるところを示した。
その判断材料は“血統”によるものだ。
それだけで十分な材料だし、むしろ血統でしか推し量れないと思っている。

それからもう一点、スローペースでも馬にとっては体感的にハイペースに感じる競馬場がある。
それは新潟競馬場と阪神競馬場だ。
新潟競馬場と強いリンクを持つ中山競馬場の相関性に気付いたのは一昨年のセイウンワンダーあたり。
このレースで好走したレッツゴーキリシマが後々に関屋記念を優勝するなどおかしなギャップに気付く。
また、関屋記念と京成杯AHとの相関性もかなり無視できないレベルにあることは皆さんも周知の通り。
恐らく似たようなスタミナの奪い方、末脚の質が中山と新潟の相関性を生んでいるのではないか。
例えば新潟競馬場で33秒台を出すためには消費するスタミナと、中山の坂を超えて35秒台を出すスタミナというのは一見、前者の楽そうな立場と後者のしんどい立場からはまるで相関性がなさそうに見える。
直線の長い新潟と、短い中山が通じあう…?などと信用できないかもしれないが、実際にこのリンクが成立している以上は信じないわけにはいかないだろう。
そうなると新潟で速い上がりで勝った抽選対象のエネアドは凄く魅力的に映る。
ただこれは狭き門を通ってからになるので、プッシュするわけにはいかぬ。

そこで一頭人気馬に関して言及。
その新潟競馬場では不利な位置取りで不利な馬場を通ったものの完敗。
例えば勝ち馬と同じようなコース取りをして同じようなパフォーマンスが出来たかと言うとかなり疑問。
ある意味で能力の高さを感じるレースではあったが、ある意味で適性の顕在化を感じさせる一戦でもあった。
あのレースを見る限り、中山適性はあまり感じない。

あまつさえそれだけならまだしも更に嫌いたい要素がもう一点ある。
前走は出遅れて後方から差す競馬でも着順確保。
負けて強しの印象を残してこちらをあっと言わせたのだが、あの出遅れが大問題。
“癖になる出遅れ”ではないだろうが、どちらかと言うと体調の下降を示すような出遅れだ。
もしかしたら馬体に異常があるとか四肢に何かあるのではないかと勘ぐらざるを得ない。
そうでなくてもあのレースの反動はあるだろうと感じさせるぐらい、今週のフォトパドックは酷かった。
出遅れる馬というのは何かが悪い馬で、そのレースで善戦しても次戦で好走するというものではない。
この馬が前走の不利を跳ね返して…という前提をなくして検討したいのだ。
出遅れなかったペルーサが有馬記念で好走できなかったように、ルーラーシップが宝塚記念で負けたように。

≪馬名はこちらランキング内に表示≫
人気ブログランキングへ
人気濃厚の状況でも信頼できるほどのものではない。
それを考えて今回は軸馬から外してあくまでヒモまでの評価。

最後に動画を。
最近夜中に更新するからいつも聴いています。

関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

3 Comments

まこと  

いつも予想の参考にさせてもらってます。本当に頼りにさせてもらってます。
ありがとうございます。

今週もよろしくお願いします。

2011/12/14 (Wed) 18:31 | EDIT | REPLY |   

イマムー  

いつも更新お疲れ様です。

印に丸乗りというよりも勉強させてもらってます。

このブログには競馬をより魅力的にする力が溢れてると思います。

外れたら更新したくないくだりは好きでした(笑)

2011/12/14 (Wed) 22:34 | EDIT | REPLY |   

管理人  

>まことさん
頼りになっているなら私も嬉しいです。
今週も当てれるように頑張りたいと思っています。

>イマムーさん
勉強になっていることが僕としては一番嬉しいです。
勿論当てることがベストですけど、毎度毎度当てるのは僕には無理ですからね。

2011/12/15 (Thu) 02:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment