FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

15
2011  20:01:30

朝日杯FS対談~年末特別企画~

【朝日杯FS対談Ⅰ】
年末特別企画
単勝王×ゼネラリスト

…朝日杯の前に話題は今年の2歳馬に関して

朝日杯FSが“2歳チャンピオン決定戦”という前提があるものの、阪神JFとは違いクラシックに直結すると思っている人はそう多くないはず。
かつての開催時期から変更、一周スライドしてからはグランプリボス、リアルインパクト、ローズキングダム、エイシンアポロンなどなどそれなりに強い馬の台頭もちらほら。
それでも、やはりクラシックの直結するのは難しいレースなのは相変わらず。
そ・こ・で、朝日杯を語る前にこのレースに出走しない今年の二歳有力馬に関して対談いたしました。
対談はⅠ~Ⅲまでありますのでよろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
↑支援のクリックをお願いいたします!


ゼネラリスト:お久しぶりです、単勝王さん。
今回は初めての競馬対談ということでよろしくお願い致します。
まず今週開催される朝日杯の前に、今年の二歳牡馬に関して話しましょうか。
ディープブリランテ・グランデッツァ・トリップが特に話題になっていますね。
それとは関係なしに以前、単勝王さんが東京スポーツ杯2歳Sで◎ディープブリランテの血統をLyphardのクロスに関して言及しているを見てえらく感心してしまいました。
このクロスは非根幹距離だとかなり強いですよね。
このクロスを持ったトーセンラーもきさらぎ賞でオルフェーヴルを完封しましたし、ダービー惨敗後のセントライト記念での巻き返しなど非根幹距離ではとにかく強い競馬をしていました。

単勝王:非根幹距離だとレースペースが根幹距離とはまた違うので、それがLyphardのクロスには合うんじゃないでしょうかね。
Lyphardの代表格バブルガムフェローの産駒も中途半端な距離で凄く強い産駒が多かったと思います。
ディープインパクトが現役時代に見せていた長く良い脚はLyphardの最大の特徴だと思うんですが、産駒の多くはそれを受け継いだ形になっていますね。
その長所をさらに伸ばせる欧州系の重厚なノーザンダンサーと相性が良いLyphard系だというのがディープインパクトの勝因でしょうね。
特に最近の社台系列の繁殖牝馬の多くは欧州からの輸入が中心ですのでノーザンダンサーをいや応なしに持っています。

ゼネラリスト:ディープブリランテの姉ハブルバブルも非根幹距離では圧倒的に強かったですね。
で、ローテの影響もあったと思うんですけど根幹距離の桜花賞ではフラワーCや新馬戦の強さはなりを潜めてしまいました。
だからまだまだディープブリランテの強さは根幹距離で走らないと分からないなぁと思っています。
それから特に気にかけたいのは距離です。距離に限界がありそうなタイプだと思うんですよね。
姉のハブルバブルもネヴァーベンド持ちでしたので長距離向きかと思っていたんですが、どうもあの母父Loup Sauvageが引っかかる。
同じネヴァーベンドでもRivermanは少し毛並みが違うように思いますね。
グランデッツァはどうですか?残念なことに私はデビュー前に酷評してしまいました…(笑)

単勝王:札幌2歳Sは着差以上の内容で完勝でしたね。
次戦ラジオNIKKEI杯とのことことですが、この馬がやはり有力ですね。
姉マルセリーナと違って、体は大きくフォームが一段と派手に大跳びになっています。
平田厩舎所属の馬は大跳びの馬が多いんですけど、この馬の跳びはその中でも一層に目立ちますね。
まだ課題はあると思いますけど、今年の札幌2歳Sは例年に比べてハイレベルの部類に入るんじゃないでしょうか。

ゼネラリスト:なるほど。
最後にトリップはいかがでしょうか?
前走で底が割れた、という意見もあり三強の中ではどちらかと影が薄い印象です。
私はそれはどうかなぁと思うんですが、単勝王さんの見解はどうでしょうか。

単勝王:大衆が抱いているイメージほど、この馬は弱くないと思います。
新馬戦の圧勝から一転、前走は辛勝でしたから評価が下がるのはわかりますが・・・
着差を付けるだけが強さの証明だとは思いませんし、派手なパフォーマンスをすることが絶対的な能力の証明になるとは思えません。
京都2歳Sは素晴らしい時計でしたし、過去の当該レースのレベルと比べても遜色ありません。
ただ、フェアリードールの系列産駒はマイル~2000が守備範囲なので距離延長に関しては微妙なところです。
皐月賞はともかく、ダービーではどうでしょうかね。
松田博資厩舎の調整は距離延長歓迎の手法なので、その兼ね合いを考えてこなす可能性はあります。
本質的には他のフェアリードール系、例えばサイレントディールに似てくるんじゃないかと想定しています。

ゼネラリスト:なるほど、分かりました。
もう少し長々と語りたいところですが、朝日杯もあるのでこの辺で打ち切りましょう(笑)
キャリアの浅い2歳馬を語るのは非常に難しいとは思ですね。
(朝日杯対談Ⅱに続く)
人気ブログランキングへ
支援のクリックをお願いいたします!

※対談Ⅱは別掲載
単勝王氏のブログに掲載

対談Ⅱをご覧になりたい方は単勝王氏のブログ訪問をよろしくお願いいたします。
≪論と結果が縁結び!馬券術@2ndステージ≫単勝王ブログ
http://tanshouou.blog99.fc2.com/
人気ブログランキングへ
支援のクリックをお願いいたします!
≪八百長競馬-FIXED KEIB-≫ゼネラリストブログ
http://fixedkeiba.blog110.fc2.com/
人気ブログランキングへ
支援のクリックをお願いいたします!
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment