FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

20
2011  05:18:42

有馬記念

【有馬記念】
Nijinskyクロスの体現者
女傑ブエナビスタのラストラン

スペシャルウィークの最高傑作ブエナビスタもいよいよラストラン。
ここまでGⅠ6勝、そのほとんどが広い外回りコースでの勝利だ。
一つ違えばNijinskyクロスの代表とも言えるレーヴドリアンのようなズブい中々動かない。
ブエナビスタも実際ズブいわけだからNijinskyクロスは着実に受け継がれているのだと感じる。
Nijinsky系は他を一線を画す末脚を持つ半面、それを活かす舞台が限られ、そして案外ハイペースに脆い一面があるのが欠点だ。
ブエナビスタはその欠点を大きく受け継いでいるため、どうしても取りこぼしが多い。
ここまで国内で掲示板で馬券外になったのは天皇賞秋だけ。
だが実際に勝ったGⅠは6勝と、実績が競走能力・安定感と伴っていない。
抜群の競走能力がなせる安定感も、不利な展開を押し切るだけの底力がこの馬にはない。

女傑達の時代もいよいよ終焉を迎えようとしている。
鉄の女マーガレット・サッチャー、その当時の女傑ダイナアクトレスと比べれば今の牝馬は本当に驚くほど強くなったもんだ。
牡馬と健闘していれば女傑と呼ばれた時代も今は昔、牡馬に勝ってこそ女傑の時代だ。
サッチャー路線の橋下市長・TPP参加など第二次新自由主義到来の風を感じるこのごろ。
女は強くなった、と言えども権利主張の女性が増えただけでそれを担ぐフェミニズムが増えただけのようにしか感じない。
競馬界の女傑はこれだけ強くなったと言うのに、現実の女傑は精々レンホーだとか田嶋先生だとか呆れる。
嘆いても仕方ない、時代の終焉は新しい時代の幕開けでもある。
新時代へのバトンタッチ、一時代を飾ったブエナビスタがどういった形で次代に示すのか非常に楽しみだ。
今年の有馬記念は強豪揃いの豪華メンバー、一筋縄ではいかまい。

↑一日一回バナーをクリック、お願い致します。
ランキング内に有馬記念ブエナビスタ・オルフェーヴル以外の注目馬を載せています。


メジロと社台の絆
三冠馬オルフェーヴル

全盛期を迎える社台グループ、その影で没落したかつての名門メジロ牧場。
双方決して敬遠の仲ではなく、メジロ牧場と社台の関係は古くからかなり親しい付き合いになる。
メジロが牧場を解散するときの後見人も社台Fの吉田照哉だし、メジロ牧場が後年メジロ系牝馬を払い下げたり処分したりし血の入れ替えを実践しようとしていたとき、まず真っ先に導入したのが社台白老の牝馬だった。
安価で良質な牝馬を社台がメジロに

メジロ最盛期を支えたメジロライアン・メジロマックイーン・メジロパーマー。
先代北野豊吉はシンボリ牧場和田共弘、社台F吉田善哉と並ぶ日本三大オーナーブリーダーだった。
昭和の中頃、メジロオーでダービー二着惜敗、鼻差判定に怒った先代は身分差で負けたと主張。
身分の差で勝敗が決まらない天皇賞こそが至高だと考えた先代、その意志を継いだ妻ミヤ。
創業時から守り続けてきた肌にこだわり、インブリードやニックスなどを入念に研究して自家種牡馬や地味でもこれぞと見出した種牡馬を配合してきた先代の手法をミヤは変えなかった。
オルフェーヴルの母父メジロマックイーンは先代豊吉とその妻ミヤの手によって生まれてきたメジロの結晶とも言える存在だろう。
いわばメジロマックイーンはメジロ牧場のアイデンティティであり、メジロイズム実践の成功例なのだろう。

メジロ牧場解散のニュースは今年の競馬ニュースで一番ショックだった。
かつてGⅠをにぎわせた名門牧場も条件戦でちらほら名前を見るだけで、重賞に出走することすらも少なくなった。
それでも“メジロ”が残した足跡は永遠に残り、血は流れ続ける。
いつの日かメジロが徹底的に拘ったスタミナの血が必要となる日が来るだろう。
欧州全土に蔓延していたスピード絶対主義の観念が矛盾を起こし、メジロのような生産手法を取っていたアガ・カーンが打ち破った。
三冠馬オルフェーヴルもまたアガ・カーンの生産観念の一種。
イノベーションとはオルフェーヴルのように、想像し難い逆行的な考え方をすることあるのだろう。

今の社台独占状態も数々の種牡馬導入失敗があってのものだ。
ノーザンテーストに出会うまで社台は数々の種牡馬で失敗し、経営を逼迫させていた。
ワーゲン・ガーサント・マリーノ・エルセンタウロ、70年代は社台ファームにとって言うならば冬の時代だっただろう。
そういう中で黎明期のディクタスは社台にとってはまた特別な存在だったはず。
ステイゴールドの血はそういった社台隆盛を支えたノーザンテースト、ディクタスなどを詰め込んだ、まるで社台の歴史をまるで凝縮したような構成になっている。
ステイゴールド×メジロマックイーンという“社台の歴史×メジロイズム”のこの配合は、この先も存在し続ける社台とメジロの絆だろう。
今年の漢字も“絆”だし、オルフェーヴルにはちょうどいいんじゃないだろうか。

↑一日一回バナーをクリック、お願い致します。
ランキング内に有馬記念ブエナビスタ・オルフェーヴル以外の注目馬を載せています。



【朝日杯FS】回顧
サクラ系譜の良質スピード
アルフレード完勝劇

“サクラ”最盛期の象徴たる存在サクラバクシンオー、その全妹ラトラヴィアータにサンデーサイレンスを付けたのがプリンセスカメリア。
サクラバクシンオーの父サクラユタカオーは現代競馬でもエアジハードのような名マイラーを輩出したようにそのスピードは良質なもの。
90年代刷新の黎明期、サンデーサイレンスやブライアンズタイム、ノーザンテーストなどの外来系種牡馬にもスピードで負けなかった国内のPrincely Gift系。
テスコボーイ・トウショウボーイの血を多く持ったトウショウ牝系の優秀さは現代でもその輝きを失わない。
アルフレードの強さはサクラユタカオーの発する豊かなスピードを受け継いだことにあるのだろう。

父親としてのシンボリクリスエスはSeattle Slewの色濃く出たパワータイプの馬を多く輩出している。
となるとパワータイプならサンデーサイレンスをつければ、となるのだがこれが中々うまくいかない。
サンデーサイレンスを付ける多くの馬はスピードに秀でた優秀な馬、これがシンボリクリスエスにマッチしない。
例えばサンデーサイレンスとSadler’s Wellsの偉大な種牡馬同士がマッチングしなかったようにシンボリクリスエスとサンデーサイレンスは合わないことが多い。
シンボリクリスエスはサンデーサイレンスと同系統の色が強く出た無色透明系の種牡馬。
同じ系統では種牡馬は短所を前面に押し出した産駒が生まれるだけで中々成功しにくい。

アルフレードの成功は非常に稀な例で、この手の例外的成功は大体大物である可能性が高い。
本命を打つかどうか迷ったのもこの血統構成の矛盾からくるもの故。
結局この馬のこと以外の印を考える時間があまりなかったのが残念と言えば残念。

↑一日一回バナーをクリック、お願い致します。
ランキング内に有馬記念のブエナビスタ・オルフェーヴル以外の注目馬を載せています。


【生放送を再開】
今週水曜日22:00開演
生放送もぼちぼち再開させなければと思っている。
正直ブログ書くだけで精一杯なんだけど、どちらも定期的にやりたいなぁと思っています。
書くのも楽しいけど、喋るのも楽しいです。
今週水曜日22:00に放送を再開させますので是非ご来場ください。
お待ちしています。
【放送会場】



【ブログ仕様変更のお知らせ】
現在、凍結していたブログコメント欄を解放しています。
認証制ではありません、自由にコメントしてください。
※荒れるようなら認証制or閉鎖します。



↑一日一回バナーをクリック、お願い致します。
ランキング内に有馬記念ブエナビスタ・オルフェーヴル以外の注目馬を載せています。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

10 Comments

ぁぉぃ  

お疲れ様です

ゼネ君、プチ復活おめでとう^^
ところで、このblog
携帯で見ると文章の文字が小さすぎるよ~
携帯で調整しても文字の大きさが換わるのが
色つきサブタイトルのみ
(笑)

なかなか忙しくて自宅PCで見れないんで
できれば携帯でも見やすく対応してもらえるとありがたいです^^

生放送もモバイル参戦予定です

頑張って下さいね、イヂりますんでw

2011/12/20 (Tue) 06:54 | EDIT | REPLY |   

ファイトガリバー  

有馬記念の予想も期待しています!
ブエナビスタとオルフェーヴルの対決楽しみです~。

2011/12/20 (Tue) 09:53 | EDIT | REPLY |   

せいや  

まず予想大会集計しろよ
何十人が一生懸命参加したと思ってるんだ?
ブログやる暇あるなら責任持って集計しろ
アンチ増えてるぞ

2011/12/20 (Tue) 10:36 | EDIT | REPLY |   

管理人  

>あおいさん
コメントありがとうございます。
うーん、僕の携帯(ガラパゴスの古いやつ)ではちゃんと見えるんですけどね。
機種によっては違うんですかね。
なんとか見れるように調整しときます。

忙しいですけど放送も予想ももう少し頑張りたいです。
今後もよろしくお願い致します。
有馬記念もがんばりましょう。


>ファイトガリバーさん
当てる自信は全くありませんが頑張りたいと思います。
ブエナビスタがラストランで勝てば盛り上がりますね。


>せいやさん
申し訳ないけど予想集計する時間はない。
大会の運営・集計は各自でお願いする。
トピックは誰でも建てれるようになってるし、コミュニティは誰でも参加できるようになっている。
大会組織は参加者各々が集まって話し合えば良い。
僕がこれない間になぜそれが出来ないか謎。
これでアンチになる人間は遅かれ早かれ将来的にアンチになる。
それにアンチが多くてどうなるわけでもないし、増えても別に問題ないですよ。
電話の一本をかけてくるわけでもないし、迷惑行為をするわけでもない。
荒らすならコメント欄を取り締まれば良いだけなのでね。

大会のフォームは作っているんだし、各自で作れば良い。
僕自身が不誠実なことは確かだが、大会の基礎づくりは既に終わっている。
後の補助的な肉付けは各自でやれる。


“ブログやる暇が”というが、ブログが最優先。
申し訳ないけど一時期は満足にブログ更新出来ない時期もあったし、こちらのプライベート・事情も察してほしいところ。
それから自分の最大の責任は“ブログ更新”、申し訳ないけど大会運営じゃない。
ご理解願いたいところです。

2011/12/20 (Tue) 11:18 | EDIT | REPLY |   

せいや  

なんでコミュ参加者が集計しろと言ってるのに無視し続けた?
せめてコミュで集計放棄のコメントを発表してれば混乱をうまなかったし、
ゼネラリストを諦める事ができたはず。

コミュで予想大会放棄を声明して下さい
そしたら皆でゼネラリスト抜きでやる流れができるはず
二ヶ月も待たせてるんですよ

2011/12/20 (Tue) 12:39 | EDIT | REPLY |   

マコト  

有馬記念

ブエナビスターオルフェの馬連で
決まっちゃえば簡単なんだけど…

ゼネさん!今週もよろしくお願いします!

2011/12/20 (Tue) 13:04 | EDIT | REPLY |   

管理人  

声明は先週からmixiコミュトップ欄に書いてあります。
確認よろしくお願いします。

コミュニティに直接書くより目立つので、それを直接の声明として使用してください。
当方はしばらくコミュニティに書き込まない方針です。
ご理解お願いします。

2011/12/20 (Tue) 13:22 | EDIT | REPLY |   

マイネルキッツ  

いつも予想を参考にさせていただいてます!!

ニコ生、バイト中ですがモバイルで見ますね(笑)

有馬記念を勝って気分良く年越ししましょう!!

2011/12/21 (Wed) 02:28 | EDIT | REPLY |   

がるるぅ@スイス少年  

忙しそうで年内は生放送ないかなぁと思っていましたが、◎ワンダーアキュート辺りからそろそろ復活かなぁと思っていました。

今日は聞けませんが近々伺います。
◎ アーネストリー

2011/12/21 (Wed) 17:31 | EDIT | REPLY |   

管理人  

>マコトさん
ブエナ⇔オルフェの馬連では安すぎますよね。
二頭の間に何か入る気がします、根拠はありません(笑)
個人的にはブエナビスタに勝ってほしいです。


>マイネルキッツさん
ありがとうございます。
有馬記念を当てる自信は正直ありませんが、ブログ更新は頑張りたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します^^


>がるるぅさん
いえいえまた放送に来てください、またスカイプで対談しましょう。
アーネストリーは悩みどころなんですよねぇ・・・
落合元監督の◎はアーネストリーだそうです(笑)

2011/12/21 (Wed) 20:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment