FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

02
2012  18:57:33

【きさらぎ賞】単勝王×ゼネラリスト対談(2)

【きさらぎ賞】
単勝王×ゼネラリスト対談(2)
※対談(1)は単勝王氏のブログにて公開
単勝王:なるほど。きさらぎ賞はどちらかと言うと、ハイペースになりやすいのでキャリアの浅さが弱点になると。
2008年、人気で飛んだブラックシェルも福寿草特別快勝も前半36秒7、そしてキャリアのほとんどが37秒台。
二番人気アルカザンは二戦二勝も両方とも前半37秒台のレースしか経験していませんでした。
となると今年もスローしか経験していない馬を除外してみるというのも。
ワールドエースはキャリア二戦それぞれ38.9と36.7という時計を経験。
ベールドインパクトは36.5、37.9、36.5という時計を経験しています。
これだけ見ると…過去の傾向からは二頭とも推奨しづらいですね。
それからそこそこ人気を背負うヒストリカルも同じように遅い時計しか経験していません。

ゼネラリスト:流石に二頭のうちどちらかは馬券に絡むと思いますが…これだけ見ると本命には推しづらいです(笑)
ワールドエースの条件代わりを重視するか、あるいはベールドインパクトの前走通過順位14-1というロングスパート適性を信じるか。
この判断は非常に難しいと思います。
そこで一度ワールドエースやベールドインパクトから離れてみてはどうでしょう。
当方としては京都2歳Sで前半35.9を経験しているアルキメデスあたりに印を打つのもアリだと思います。
新馬戦は前半38秒フラット、京都2歳Sでは35.9というペースで馬が戸惑っていたように感じました。
ペース慣れして経験を積んだ今なら改めて、と考えます。

単勝王:なるほど。前走のような競馬にはならないと考えてアルキメデスですか。
新馬戦は快勝も次走ペースが上がり戸惑って案外な結果に終わる、というパターンは若駒によく見かけます。
アルキメデスもそういうパターンで、ペースが厳しくなって好走できなくなった→適性がない、と考えてはいないわけですね。

ゼネラリスト:正直あまり自信はありませんが…(笑)単勝王さんのおっしゃる通りでアルキメデスはそういうパターンだと考えます。
私はこのパターンではアンライバルドの京都2歳Sを思い浮かべましたね。
今回ワールドエースかベールドインパクト、どちらに◎を打つかで明暗分かれそうなので…
それならいっそアルキメデスに打っても、という感じですかね。

単勝王:今回ワールドエースとベールドインパクトではどちらを上位にとりますか?
どうもベールドインパクトを上位にとるというスタンスの方が多いと感じますが…

ゼネラリスト:ワールドエースの母系にBe My Guestが入っていますから適性はやはり消耗戦向きなのかなぁと思いますね。
そういった点から“ワールドエースはキャリアからペース経験がなくても、血統的にきさらぎ賞のペースは向く”と考えても良いわけです。
新馬戦も3F目は12.1と決して遅いペースではなかったと思いますから…若駒Sは前半38.9ですから不運だったしか言えません。
みんなが低評価を下しつつある流れの中であえてワールドエースを見直して評価してみることをおススメします。
みなさんどうせ“やっぱり2・3歳戦は難しい”みたいなことを終わった後に度々言うわけですから。
大衆の意見のアテにならなさから言ってもワールドエース再評価はアリだと思います。
ペース適性があると言う血統的な推測からきさらぎ賞の台頭はあり得ると私は考えます。
前走見て“弱い”とは思いませんね。そういう声は多いですけど…
配当的にはワールドエースの好走は必ずしも歓迎ではありませんが、周囲の雑音を吹き飛ばす結果が待っているかもしれません。

単勝王:ワールドエースの前走は明らかに力負けではありませんからね。
超スローペース・逃げ馬有利の馬場・内回りというゼロスにとっては最高の条件が揃った中での敗戦。
そういった逆境を踏まえての2着なら、改めてワールドエースの強さを評価してみるのもアリです。
最後に…今回のレースで軽視したい馬を挙げてください。

ゼネラリスト:週末にはどういう心境の変化が生まれるかは分かりませんが…
対談中に名前が挙がった馬ですが、スローペースしか経験していないヒストリカルは危険な気がします。
母父ノーザンテーストですからきさらぎ賞タイプという感じはしません。これは去年のコティリオンみたいな感じを受けますね。
後は…ジャスタウェイは保留。父ハーツクライはこのレースにあまり適性を感じません。
ですが、東スポ杯結構頑張りましたからね。あまりバッサリ切ると言うのも…
今回のレース、穴馬は何かいますか?

単勝王:ローレルブレットはいかがでしょうか。
外回りに強い母父Caerleon、京都に強いエアグル―ヴ一族出身である父サムライハート。
黄菊賞4着ですけど、あの時はかなりインコース有利な馬場でこの馬には厳しいレースだったと思います。
今の京都は外差しが決まらない馬場でもありませんし、小頭数なら尚更です。
前走朝日杯の競馬も悪いものではありませんし、仕切り直しですね。

ゼネラリスト:私も穴でローレルブレットを楽しみにしています。
血統的にも戦績的にもこの舞台は楽しみですよね。
キリの良いところで対談はここらで終了させていただきます。
今回もお付き合いありがとうございました!

単勝王:実のある談義ができて非常に有意義な企画になったと思います。
ありがとうございました。次回も是非よろしくお願い致します!


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑東京新聞杯の注目馬はこちら


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑小倉大賞典の注目馬ははこちら


というわけで…
次回の対談はフェブラリーSを予定しています。
今年初めてのGⅠだけに分析にも力が入るところ。是非ともお楽しみに!
※対談(1)は単勝王氏のブログにて公開↓
≪論と結果が縁結び!馬券術@2ndステージ≫単勝王のブログ
http://tanshouou.blog99.fc2.com/

≪八百長競馬-FIXED KEIBA-≫ゼネラリストのブログ
http://fixedkeiba.blog110.fc2.com/


≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

≪八百長競馬メルマガ≫創刊しました!
【PC版】
http://www.mag2.com/m/0001410490.html

【携帯版】
http://mobile.mag2.com/mm/0001410490.html
いつ更新したかリアルタイムでお知らせできるので便利だと思います。
こちらもどうぞよろしくお願い致します。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック