FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

26
2011  07:20:58

宝塚記念

◆ルーラーシップ
復権したダービー馬を相手にするのはもうこの馬しかいない。
ダービーこそ5着に終わったが、有馬記念では先着済み。
有馬記念、エイシンフラッシュに疲労があり本調子でなかったことは重々承知している。
だけどそれはルーラーシップも同じことだ、ルーラーシップだって本調子だったわけじゃない。
それは有馬記念のルーラーシップの芝追い切りから察して欲しい。


年明け初戦の日経新春杯では56.5の斤量で56のヒルノダム―ルに2馬身差の完勝。
しかも直線で早めに先頭に立って更に突き放す完勝劇だ。
そのヒルノダム―ルは決して弱い馬ではない。
エイシンフラッシュに対して斤量有利とはいえ大阪杯を展開不利で自ら動いて勝利。
天皇賞春でも追いすがるエイシンフラッシュを抑えてGⅠ馬になってみせた。

そのヒルノダム―ルに二度までも勝てなかったエイシンフラッシュ。
かたやヒルノダム―ルに2連勝したルーラーシップ。
エイシンフラッシュVSヒルノダム―ルで、ヒルノダム―ルにアドバンテージがあったことを加味してもルーラーシップはエイシンフラッシュよりも強いと判断したい。


前走はスタートで落馬寸前になりながらも力の違いでキャプテントゥーレ、アーネストリーをねじ伏せる圧巻の内容、文字通り“本格化”してきたことを強烈にアピールした。
今年内回りコースでキャプテントゥーレを倒した馬はヴィクトワールピサ、ヒルノダム―ル、ダークシャドウ、エイシンフラッシュと錚々たるメンツだ。
キャプテントゥーレは皐月賞馬、決して弱くない。
むしろ小牧Jのもとレースを覚えて本格化したすら印象を受ける。
そのキャプテントゥーレを倒した馬は強い、本物だ。
これは実に良い指標たる馬、まさにGⅠへの登竜門たる存在だ。
そのキャプテントゥーレに内回りで出遅れて勝ったというんだからこれはもう素直に能力の高さ、実力を認めなければならないだろう。


昨年秋体質強化を優先して菊花賞を見送った陣営の判断がやっと実を結んだ。
半年前の有馬記念の時とは別馬だと考える方がいい。
これまで果たせなかったGⅠ獲りが徐々に現実のものとなりつつある。

今までのイメージは捨てることにした。

出遅れたって構わないよ。
それならそれでエイシンフラッシュと一緒に外から飛びこんで来い。
宝塚記念ってのはファン投票で人気がない馬が勝つってもんだ。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment