FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

04
2012  06:54:42

小倉大賞典・陣営の自信◎ダノンスパシーバ

【小倉大賞典】
大器晩成、素質馬開花の瞬間
◎ダノンスパシーバ

小倉千八は基本的に先行・好位からの競馬をする馬が成績的に優位。
この小倉大賞典でも基本的に直線一気の差し・追い込みは届かず、コースの傾向通りの決着が続いている。
後方待機組が台頭するにはやはり捲くれる脚質の馬だろうか。
差し・追い込みを得意としていたサンライズマックスもこのコースでは比較的前で競馬しての好走だった。
例外は07,08年連覇の老兵アサカデフィート。これは戦績から金杯・アンドロメダSを追い込みで勝利している点から既に例外だったのかもしれない。

このレースを調べて行くうちに、当レースで好走した馬の共通点として“京都2000M”の好走歴を持っていたことが分かった。先述した二連覇のアサカディフィートもアンドロメダS二連覇の実績あり。昨年のバトルバニヤン・リルダヴァルも当該コースでの好走経験を持ってこのレースで好走しているし、三年前のサンライズマックス・ヤマニンキングリー・ミヤビランベリも全て京都2000Mを勝ちあがった実績があった。
京都2000Mのラップは非常に均質なラップを刻むことが多く、小倉大賞典のラップも同じになりやすい。
スローでも速くて11秒中盤、大体平均11秒台後半が何度も続くラップになりやすい。
本会ではそういったラップ構成がこの2つのコースをリンクさせると考える。
“京都2000≒小倉1800”という簡潔な論理を提示し、このレースを攻略する。

本命はダノンスパシーバ。
条件戦で京都2000Mを二連勝。特に1600万下修学院特別では酷量背負って8-10-9-3の通過順位、2位に大きな差をつける最速上がりで勝ちあがった実績がある。
直線で末脚勝負をしていた若駒時代とは違い、今では捲くれるタイプに変身し柔軟性を身に付けた。
前走はテン乗りムルタの積極的な先行策が災いし持ち味を発揮できなかった。
改めて直線平坦、捲くれる脚質、京都コース実績、状態良化を読み見直したい。

血統的にもMr. Prospector直系だから恐らく小回りでまくる競馬が合っていると考える。
そういった点はダノンバラードやリルダヴァルと似ていると言っていいだろう。
均質なラップを得意とし、上がりが掛る競馬で強いMr. Prospectorらしさをフルに活かせれば勝てるはず。
最終追い切りで54.5-39.2-25.0-12.3という終い重点。
ダノンスパシーバの過去の傾向から時計を出し過ぎたり一杯に追い切った時ほど凡走し、抑えた時計ほど好走を演じているからこの時計は合格点なはず。
最初の入りは抑え気味で余裕を保ち終いで速い時計を出したことから、この時計なら前走のように折り合いに不安なく競馬できると読む。この時計は“速い時計を出さなくても牧場で乗り込んで来たから仕上がっている。よって負荷をかけなくても大丈夫。後は前走見せ折り合いを何とかしたい。”という風に読みたい。
陣営のコメントと時計を照らし合わせた結果、この矛盾を上記の論理に当てはめて絶好調と判断します。
デビュー以来期待され続けてきた素質馬◎ダノンスパシーバ、小倉大賞典での初戴冠に期待。


にほんブログ村 競馬ブログへ
よろしければクリックお願い致します♪

≪各馬短評≫
エクスペディションはステイゴールド×Lyphardでかつてこのレースを制したサンライズマックスと同じ配合。
クラスが上がって後方待機からでは届かないから一気に捲くるか、先行させるかしてくるだろうか。
だが、上級条件でそのようなことができるかがまず疑問だ。
基本的に夏馬だから冬は走らないのではないかと予想。
調教も走っていないし攻め強化されたわけでもない。
それでいてこの人気ではマークも厳しくなる、よって買い要素乏しく消しが妥当と判断。

重賞全場制覇に向けて小倉に登場したのは蛯名正義。
今回乗るコスモファントムも直線平坦での強さ、先行馬が強い馬場での粘り腰は過去の戦績から実証済み。
前走は明らかに外からの差し馬場にやられた感じで評価は落とせない。
蛯名騎手得意の非根幹距離、馬の適性から人気でも軽視できないはず。

条件の悪かった金杯で4着と頑張ったエーシンジーラインもここで条件好転と見る。母系のDanzigからアーネストリー・ファインモーション・ロジユニヴァースタイプの先行押し切りタイプだと感じる。直線平坦小回りのここは期待したいが…今回いかんせん調教が悪い。時計の入りは遅いのに逃げ馬が併せ馬で遅れるのはいかがなものか。結局重賞実績も超スローの朝日CCだけ…消し。

トップゾーンはアンドロメダS後方から追い込み好走。過去の傾向から穴馬の資格あり。
ヤマニンウイスカーは昨年の1、2月に小倉で連勝してから不振が続いていたが、前走のファイナルSでは7着と復調の兆しを見せた。DPでビシビシ追い切って速い時計記録、小倉実績と軽い斤量で台頭を期待したい。
調教が速い時計を出せば好走するダンツホウテイは今回、抜群の調教時計を出してきた。この馬は比較的に冬に強く、冬になるにつれて着順もあげてきているだけに注意必要。
マンハッタンカフェ×ノーザンダンサー、そしてそれぞれSadler's WellsとNureyev。ヤマニンウイスカーとダンツホウテイの似たような配合から恐らくダンツホウテイも小倉は合うと読む。
牝馬のブロードストリートは京都コースでは秋華賞・アンドロメダSの実績がある。基本的に小回りコースが得意、牡馬相手でも十分やれるはず。

≪結論≫
◎ダノンスパシーバ
○コスモファントム
▲ダンツホウテイ
△ヤマニンウイスカー
△トップゾーン
★ブロードストリート



にほんブログ村 競馬ブログへ
↑東京新聞杯で危険な人気馬をランキング内にて公開。
前走好走も血統的にこの舞台はどうか?
昨年のダノンヨーヨーを彷彿とさせる走りからここ不向きと判断。


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑東京新聞杯の本命馬をランキング内にて公開。
前走内容圧巻、ここでも好勝負できると見ます。
今年はGⅠ制覇を期待したくなりますね。


≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

≪八百長競馬メルマガ≫創刊しました!
【PC版】
http://www.mag2.com/m/0001410490.html

【携帯版】
http://mobile.mag2.com/mm/0001410490.html
いつ更新したかリアルタイムでお知らせできるので便利だと思います。
こちらもどうぞよろしくお願い致します。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  小倉大賞典 2012 予想 ◎マイネルスターリー
  • トラコミュ 第46回 小倉大賞典(GIII) 小倉大賞典 データ分析 昨年の小倉大賞典は 1着サンライズベガの父アドマイヤベガがサンデー×トニービン 2着バトルバニヤンの父ジャングルポケット いずれも...
  • 2012.02.04 (Sat) 07:26 | 稀に的中?3代血統で重賞予想