FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

26
2012  06:45:40

中山記念◎トゥザグローリー・阪急杯◎サンカルロ

【中山記念】
ドバイ前哨戦
◎トゥザグローリー

≪展望≫
中山記念の好走馬にはいくつかの共通点がある。
以下にざっと例示を挙げます。

≪阪神2000M好走≫
・ヴィクトワールピサ→ラジオNIKKEI杯2歳S
・キャプテントゥーレ→朝日CC
・ドリームジャーニー→産経大阪杯
・エイシンドーバー→条件戦オリオンS
・カンパニー→産経大阪杯
・テイエムアンコール→朝日CC4着・産経大阪杯優勝

阪神に強いというニュアンスが中山で強いというロジックに生まれ変わる。
そして内回り急坂というニュアンスが共通点になることを考えれば妥当。
マイルを主戦場とする馬であっても、ある程度のスタミナを持っていた点にも注目。
ちなみにリーチザクラウン・ローエングリン・カンパニー・エイシンドーバーは阪神マイル・マイラーズC好走の実績あり。ということは今年出走するシルポート・阪神マイル好走歴があるフィフスペトルは要注意か。
できれば阪神実績のある馬は特に注意したい。

≪2200M好走≫
・バランスオブゲーム→セントライト記念・オールカマー
・ローエングリン→若草S・宝塚記念3着
・エアシェイディ→AJCC
・ダイワメジャー→宝塚記念
・アドマイヤフジ→京都記念

これは恐らく非根幹距離に強いというニュアンスなのだろう。
それからスタミナが要るというニュアンスも少なからずあるのではないか。
というわけでこの二点を考慮に入れて馬券を構築しよう。
なんでこういった馬が好走するかは説明しない。
今週は残念ながら説明する時間がありません…(泣)


≪短評≫
有馬記念二年連続3着など小回りでは滅法強いトゥザグローリー
前走日経新春杯快勝など年齢を重ねるごとに充実してきている。
母トゥザヴィクトリーも長い間活躍したように、Nureyevの色が強い競走馬。
ロングスパート歓迎、最も充実する冬場のレースなら大崩れないはず。
懸念があるとすれば池江師が“余裕残し”を強調していること。
昨年のヴィクトワールピサ同様に能力でこなしてくれることを祈る。

父エンパイアメーカーのフェデラリスト
エンパイヤメーカーに流れるEl Gran Senorはハイペースに強いNorthern Dancer系統の種牡馬。
ダンシングパートナーらしさが出ないから成功したとも言えるので、母系の影響は考慮しない。
スローペースからのレースしか経験していないので、ペース適性は分かりかねるがハイペースは血統的に問題ないと読む。社台Fは昨年1・2・3着独占のレース。
今年はノーザンFの有力馬、キャロットFの有力馬が大挙しているだけに何とかしたいところ。
前走は自ら動いて凄く強い内容。あの内容ならここでも勝負になると判断。

外回りでも走れないことはないが、小回りの方が適性あるダイワファルコン
父ジャングルポケットのNureyevらしさを強調した競走馬だが、ハイペースは少々苦手な様子。
母父のサンデーサイレンスの影響も色濃く、そういった点が締まったレースでの好走を阻んでいる。
シルポートが出走する今回は少なからずスローペースには落ちないはず。
スタミナの無さ・中長距離実績なし・ハイペース適性ないが今回の舞台で少々疑問に残るところ。
過去の好走馬を見て何となくこの馬の好走をイメージできない。


関東圏では大崩れしないリアルインパクトは巻き返しを狙う。
毎日王冠二着の実績があり非根幹距離の対応も可能。
阪神実績があるタイプではないが、ハイペース適性はアイルラヴァゲインの半弟らしく確かなもの。

フィフスペトルは過去にスプリングS2着・中山重賞の実績抜群。
阪神も力のいる馬場なら好走できるように本質的にはパワータイプ。
したがって少しくらい重たい馬場は歓迎のはず。
ハイペースに強く、シルポートが刻むペースで流れに乗れれば台頭可能。

阪神実績ありのレッドデイヴィス
明確に距離不安のある馬だけにこの舞台はどうか。
スタミナ・内回りでまだまだ懐疑的な部分は多く高い評価はできない。


人気ブログランキングへ
↑すみれSの注目馬を載せておきます。
ベールドインパクトは強いと思いますので、相手候補にでも一考して下さい。


↑潮来特別の本命馬を載せておきます。
距離延長で光る種牡馬の産駒。
前走内容からここではきっちり結果を出してくれそうです。


≪結論≫
◎トゥザグローリー
○フェデラリスト
▲リアルインパクト
△フィフスペトル
△レッドデイヴィス
★シルポート


人気ブログランキングへ


≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ



【阪急杯】
師弟コンビに再び栄冠を
◎サンカルロ

阪神1400メートルは昨年の阪急杯、そして前走の阪神Cと重賞2勝を挙げているベストの条件。ここにきて課題のゲート難が解消され、一段と安定感を増しているのも心強い限り。
本命は昨年の覇者サンカルロ。ここをステップに悲願のビッグタイトル獲得へ。

≪展望≫
当レースは阪神Cと違ってスプリンターよりもマイラーが台頭する傾向あり。
距離短縮組が圧倒的な成績を誇り、距離延長組の成績不振が目立つ。
例年内枠有利なレースだけに、相手馬はそこからチョイスしたい。

順当なら上位人気三頭で決まりそうなレース。
メモリアルイヤーの乱ペース演出で波乱に期待したいところだ。


≪短評≫
ドリームカトラスは昨年好走したデュランダル産駒フラガラッハと同父。
フラガラッハ同様にマイルからの距離短縮だけに好走に期待のかかるところ。
ただ、外枠はどうかだ。インコースで溜める競馬ができればチャンスあり。

昨年二着のガルボは今年は東京新聞杯勝ちからの参戦。
個人的に鞍上の石橋騎手は現役でも屈指の腕だと評価している。
前年実績、今年の勢いを考慮して相手候補に。

阪神実績・ベストな舞台を期待され人気になっているスプリングサンダー
同じ牝馬のローブデコルテ・ワンカラットは共に京都牝馬S5着好走からの参戦だけに前走惨敗は気になる。
しかし前走惨敗も敗因は気性によるものと明確だし、ここは度外視。
適性ある舞台での活躍を期待したい。

相性悪いシルクロードS組のマジンプロスパーは過去に該当距離圧勝歴あり。
父アドマイヤコジーンは当レースと相性の良いグレイソブリン系。
前走ローテを見直してここは適距離と見て好走を期待したい。

スワンSの実績あるオセアニアボスはどうも阪神コースが合っていないように見える。
最近のローテーションもなるべく坂の無いコース中心に組まれているように、陣営もそういう意図でローテーションを選んでいるのではないか。ロベルト系なのに坂が弱い、要するにサンデーサイレンスの影響が強いのでは。
どうも測りきれないところがある。


人気ブログランキングへ
↑すみれSの注目馬を載せておきます。
ベールドインパクトは強いと思いますので、相手候補にでも一考して下さい。


↑潮来特別の本命馬を載せておきます。
距離延長で光る種牡馬の産駒。
前走内容からここではきっちり結果を出してくれそうです。

≪結論≫
◎サンカルロ
○ガルボ
▲スプリングサンダー
△マジンプロスパー
△ドリームカトラス
★オセアニアボス


人気ブログランキングへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  中山記念 2012 予想 ◎ダイワファルコン
  • トラコミュ 第86回 中山記念(GII) 中山記念 データ分析 サドラーズウェルズの血が好相性な中山記念ですが出走馬でサドラーの血を持つ馬はなし サドラーと同じ位中山記念で相性良いのがトニービンの...
  • 2012.02.26 (Sun) 08:06 | 稀に的中?3代血統で重賞予想
この記事へのトラックバック
  •  阪急杯 2012 予想 ◎オセアニアボス
  • トラコミュ 第56回 阪急杯(GIII) 阪急杯 データ分析 ターントゥ系orノーザンダンサー系 この父系で近3年は馬券圏内独占となってるのが阪急杯 その中でも今年出走がない欧州ノーザンダンサー系を...
  • 2012.02.26 (Sun) 08:06 | 稀に的中?3代血統で重賞予想