FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

28
2012  08:21:19

今週の重賞展望・先週の回顧

【今週の重賞展望】
今週は重賞の数が4つと中々忙しいことになっています。
昨年も3月は中々しんどかったけど、今年は去年と違って楽に思えます。
楽に思っている分、去年より進歩したのかなと思いますけどどうでしょうね。
今週は先週の反省を踏まえて…軸馬選択に時間をかけて精査したいと思います。

人気ブログランキングへ

ランキング参加しています。応援よろしくお願い致します♪


≪チューリップ賞≫
昨年のフィリーターフの王者ジョワドヴィーヴルが登場。
調教では同僚のトリップに3馬身差離されたことから状態に不安が残る。
恐らく成長の過程で増えた体重を減らさず、いつもと同じ負荷でしか調教していると推察。
レース当日も松田博厩舎の傾向から余裕残しの馬体で登場してくるのは確実。
そういった馬にすんなり◎を打てる?いやいや打てませんね。
今の時計が掛る阪神で、しかも余裕残しで出走してくる馬を本命に打つのはちょっとリスクがある。
ジョワドヴィーヴルは阪神JFから間隔を空けて出走してくる。その空白期間で良いイメージだけが切り取られ、強さが勝手に独り歩きし実像とはかけ離れた虚像が出来上がるパターンは多く、実力を過大評価されがちになる。
要するにディープブリランテみたいなパターンだってこと。

対照的にジェンティルドンナの仕上がりに満足な様子の石坂師。
やはりジョワドヴィーヴルに勝つとしたら牝馬ながらシンザン記念を勝ったジェンティルドンナ?
年も明ければ牝馬が牡馬に勝つのは難しくなる、故にシンザン記念の勝利は価値がある。
負かした相手が弱いだなんて言い分はジェンティルドンナの能力を測るには不適切。
負かした相手ではなく、その馬がどういう競馬をしたか。それが大事だと思います。
現時点ではジェンティルドンナの逆転を想定します。

ジョワドヴィーヴルかジェンティルドンナどちらに本命を打つか、今回は明暗分かれそうです。
このレースは軸馬の選を択じっくり考えたいところ。何とか当てたいですね。


≪オーシャンS≫
昨年のスプリンターズSの勝ち馬カレンチャンが登場。
絶好調だから予定を前倒ししてトライアルを使うとのこと。
それなりに逃げ馬が揃い、いかにもカレンチャンに展開が向きそうだがどうなるやら。
基本的に堅実な馬で、ラスト1Fが掛る競馬では滅法強いDeputy Minister系スプリンター。
中山ではそういったラップが多いのでここでも大崩れなく馬券に絡んでくれそう。
ちょっとくらい体調悪くても馬券に絡むのがクロフネ系牝馬だけに軽視はしない方針。

カレンチャンは大雑把に言ってベストロケーション・スリープレスナイト系のスプリンター。
派手さはないけど堅実、その堅実さこそが強さの証明だと考えなければなるまい。


人気ブログランキングへ
↑オーシャンS相手候補はランキング内に掲載
前走のレベルは非常に高い。カレンチャン相手でも良い競馬してくれそうです。


≪弥生賞≫
ラジオNIKKEIの勝者アダムスピークが出走予定。
恐らくこれが一番人気だろうが、これが3着以内には来ても今回頭でという感じがしない。
前走はルメールの好騎乗もあったし、今回は騎手が変わってどうか。

能力を発揮できればという注釈付きで注目したいのがフェノーメノ。
まだまだ不安の残る気性だが、中山でこその血統構成。
現状では広いコースの方が能力を発揮しやすいのかもしれない。

馬主が変わって心機一転トリップ。
戦績からスローからの瞬発力勝負は歓迎なはず、血統的にも中山をこなせる要素あり。
前走ラジオNIKKEIみたいな重たい馬場の瞬発力比べは合わなかったか。
11秒台が長々と問われる高速馬場なら巻き返せるはず。
昨年のような馬場になれば台頭可能。



↑弥生賞注目穴馬はランキング内にて掲載
レース質がとにかく軽くタフさは求められないレース。
キレ・持続力両方が問われるレースだけに東京でも走れる馬を選びたい。
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【レース回顧】
≪アーリントンC≫
毎年毎年インコースで溜める馬が強く、内枠先行有利という傾向が強いレースだ。
芝を見る限りその傾向通りだと思ったし、今年はよりその傾向が強かったと感じた。

そんな中、このレースを勝ったジャスタウェイは後方一気というトラックバイアス無視の競馬。
そこそこ強い馬が集まってこのトラックバイアスであれだけの競馬ができるのか、という感じで驚いた。
元々新潟2歳Sでモンストールと独走して他馬を圧倒した経験あり、能力を再確認する結果となった。
2着のオリービンはインコースを利しての競馬で完璧なレース運びだった。
勝ったジャスタウェイの能力に完全に屈し、今後一線級と戦うのは厳しいのではないか。
3着のアルキメデスはレースの傾向通りの血統で適性が出たか、好走も納得できる。
一番人気ダローネガは出遅れてそのままジエンド。距離も合わなかったか。

次走注目したいのは勿論勝ったジャスタウェイ。
レースぶりと父の傾向から距離延長は歓迎に見えるだけにダービーあたりで見てみたいところ。
結論を出すにまだ早いかもしれないが、今回の走りは先々で大きいところに手が届きそうに思える。
この時期の阪神芝マイルであの位置取りで勝てるのは紛れもなく能力の証明。
舞台が変わればワールドエース・ディープブリランテに雪辱出来るかもしれない。


≪阪急杯≫
勝ったマジンプロスパーはスプリントが合わなかったのか、今回は前走と内容が一変しての快勝。
メモリアルイヤーが速いペースを刻み、昨年同様サンカルロ向きの展開に思えた。
厳しいペースを先行早め抜け出し押し切り、それだけにこの勝利は価値があると言えるだろう。
ただ勝ちタイム1.22.0は非常に遅く、負けたサンカルロにとっては向かない馬場だったと言える。
エーシンフォワードに負けた阪急杯も1.21.6という遅い走破タイムだっただけに、高速馬場向きのサンカルロにとって決して悲観する内容ではなく、本番の高松宮記念も馬場次第で台頭可能と読む。
逆に言えばそういったトラックバイアスを覆せなかったという点で能力は図抜けているというわけではないとも読める。スプリント界の上位が抜けてもすんなり王者へ、というわけでもなさそうだ。

≪中山記念≫
シルポートの大逃げで超ハイペース。
後続はスローで競馬したとしてもシルポートを追い掛けるための脚が問われるので結局実質ハイペース。
問われる体力の違いはハイペースと変わりなく、適性が大きく問われる一戦となった。
勝ったフェデラリストはこれまでスローペースしか経験しておらず、こういったペースでどうかという不安は少なからずあったはず。恐らくラップ・時計で予想する人間にとっては買い辛い馬だったのではないか。
血統派が優れていると主張する根拠は、その馬が経験していないことを問われる場面で適性あるかどうかを計測できることに尽きる。
未来を予測すること、未知の可能性が推し測るのが競馬予想で非常に大事だと考える。
それができず、その馬が経験していることからしか適性を測れないラップ予想の脆さ。
要するにファクターの中心にして予想するには向かないということ、考え直しては如何かな。
負けた人気サイドの馬はトラックバイアスの影響も大きかっただろう。次戦でも度外視して考えたい。
ただ、トゥザグローリー・レッドデイヴィスの適性が徐々に変化しつつあるのを感じる。
特にトゥザグローリーはハイペースでこそ、という馬だったはずだが日経新春杯や今回の中山記念のレース内容から弾けるものが見えなかった。勝ちはしたものの、道中ずっと反応が鈍かった日経新春杯も今思うとハイペース適性のなさを感じる。
適性はやはりスローペース?徐々に柔軟性なるものを感じなくなった。
この馬がGⅡで強いキャラクターというのもそういった適性の部分が大きいのではないか。

ダイワファルコンも事前に指摘した通り、ハイペースは苦手なのだろう。
道中凄い勢いで捲くったのを見て読みが外れたのかと思ったが、すぐに力尽きてしまった。
基本的に底力が欠けていて、重賞でも特殊的にペースが遅くならないと活躍できないかもしれない。

勝ったフェデラリストは今後の展望が明るくなった。
今年はGⅠ戦線での活躍を期待したいところ。
ダンスパートナーの産駒から遂に成功が出てきたか。母ファビラスラフインもギュスターヴクライの活躍馬を出したようにここ最近は90年代リバイバル的な潮流、90年代から競馬を見始めたファンにとっては嬉しい限り。

なんでこんなことが起こるのかって、ダンスやラフインが繁殖始めたころはゼンノロブロイやタキオン、キンカメ、ジャンポケみたいな米国派の台頭が多くて、90年代流行した馬は時流に逆行していた。
社台が輸入して成功している繁殖牝馬が最新に見えて90年代の焼き増しみたいな血統ばかり、ここ最近ヨーロッパ系繁殖の台頭が増えているからこそ、ダンスパートナーやファビラスラフインの復活に繋がっているんじゃないのか。欧州遠征する馬が増えているのだし、日本の馬場が欧州仕様になっていくのは喜ばしい傾向なのでは。

それにしたって福永は連日の重賞で最後方一気の競馬をするとは驚く。
トゥザグローリーは陣営の指示に従ったにしても、連日トラックバイアスに逆らう競馬は呆れる。
福永のこういった素直さや従順さがあるから調教師も馬主も良い馬が回すのだろうし、だからこそリーディングが取れたとも言える。
だけどGⅠではその素直さがどうかな。
陣営の作戦を守って、レースに臨機応変に対応できないのは致命的。
ジャスタウェイの騎乗も結果的に勝ったけど、決して褒められた騎乗ではない。


人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます。
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

2 Comments

さかなや  

結局、バカジマと同じで3連敗!

君の予想能力では的中は無理。

2012/02/28 (Tue) 16:24 | EDIT | REPLY |   

あの…  

もし私のせいで調子が悪くなって連敗記録だったらごめんなさい
集計してみましたか?
もし集計ソースがほしいなら出しますが、私の集計は参考にもしてくれませんか?

2012/03/03 (Sat) 08:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  単勝を当てる9つの秘伝
  • 超人気薄の「単勝」が当たる9つの秘伝の著者・川田氏の単勝攻略マニュアル。Win5で9,115,030円を的中させた 川田氏による本物の単勝馬券術です。
  • 2012.02.29 (Wed) 08:41 | 単撃