FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

03
2012  08:44:38

チューリップ賞◎ジェンティルドンナ・オーシャンS◎ジョーカプチーノ

【チューリップ賞】
先人達の足跡を辿る
◎ジェンティルドンナ

本命ジェンティルドンナは調整過程に不満はあれど今週水曜日は納得の動きだった。
調整過程に不安があるとはいえ能力は高く評価しなければならない。
状態不安でもこのメンバーなら不様な競馬をしないと読む。
過去にシンザン記念で好走した牝馬はシーキングザパール・フサイチエアデール・ダンツシリウス・マルセリーナ・ダイワスカーレット・ロゼカラーなどなど。
ここで牝馬が牡馬と対戦して勝つことの凄さを改めて考えたい。
牝馬が牡馬と走るとどうしても引っかかってしまい体力を奪われ能力を発揮できないケースが多い。
そういった逆境を乗り越えて牡馬を倒した牝馬はやはり牝馬同士なら能力が違うこと他ならない。
マイネルアトラクト・プレミアムブルーが次で凡走しようがジェンティルドンナの能力には関係ない話。

1週間前に併走したレッドクラウディアは厩舎でも名うての調教番長。
この馬とアダムスピークに併入できれば特に問題があるようには思えない。
要するにエピセアロームが異常に動くだけだと思われる。
レッドクラウディア・アダムスピーク相手に併入できたのならシンザン記念と状態はあまり変わらないと読む。
1週間調教休んだものの、2週連続強めに追い切ったので恐らく問題ないレベルだと判断した。
ジョワドヴィーヴルが出走してくると分かったうえでこのレースに参戦してきた挑戦をリスペクト。

人気ブログランキングへ


≪短評≫
相手選びは先週のアーリントンC同様にダートで走れる血統からチョイスしたい。
スピークソフトリーはアルカセット産駒。
前走未勝利は出遅れて直線一気の豪快な勝ち方。
ただ前走後は精神的なダメージが出て強い調教ができなかった。
その辺がどうかだが、Nureyevのクロスから血統的にはこのレース向き。
パワーがあるタイプで阪神で台頭を期待。
同門サンデーミューズに配合観点は近く外回りでこその血統。
同コースでは圧倒的な相性を誇るキングカメハメハに近いアルカセットの配合観点もこの馬にとってプラスに働くはず。

先週好走したオリービンはNureyev系統のパワータイプ。
同様に母系にNureyevを持ち力強い走りをするトーホウアマポーラは恐らく速い上がりが出せない。
母系のUnbridled's Songから推察するに京都は不向きで阪神開催を待っていたはず。
前走は良い末脚を使ったが、時計が速くて持ち味を発揮できなかった。
重たい芝、上がりが掛りパワーが問われる阪神での台頭を期待する。

ハナズゴールは前走条件戦快勝。
母系のシャンハイはMr. Prospector系種牡馬、Magesterialは米国系Northern Dancer。
ただ、馬体重が軽いように軽いキレがあるようにダート色が強いとは思えない。
流れが遅くなれば好走できるが、速くなると追走に脚を使うので好走出来ないタイプ。
チューリップ賞ではそこそこ流れが速くなるだけにその辺りがどうか。

エピセアロームはサクラローレル近親。
基本的に直線平坦向きの欧州血統で阪神のようなパワーが求められるコースは如何なものか。
出来は非常に良さそうだが、同厩ジェンティルドンナとは実力差があるように思える。
広い直線向きかと言われればどうか。捲くれる脚質から言って阪神外向きには思えぬ。

ウイングザムーンはアドマイヤムーン産駒。
先週好走したアルキメデスも同父で阪神が得意。
前走は大幅な馬体減、京都だけに見直し可能。
未勝利戦で阪神マイルを勝利した経験あり。

ゴールデンムーンもアドマイヤムーン産駒。
母父アサティスはダート馬を多く輩出しているようにこの馬はダート色が非常に強い。
京都ではパッとしないが、阪神ではオリービンやマカハらと善戦している。
コース代わりで改めて期待したいところ。
ジョワドヴィーヴルと併走する形になれば。

≪結論≫
◎ジェンティルドンナ
○ジョワドヴィーヴル
▲スピークソフトリー
△ゴールデンムーン
△ウイングザムーン
★トーホウアマポーラ



人気ブログランキングへ
↑ランキング内に黄梅賞の注目馬を載せておきます。
軽い馬場でこそ、みたいなイメージを持っていましたがどうでしょうね。
力のいる馬場が合っているのかもしれません。


↑ランキング内に武庫川Sの注目馬を載せておきます。
近走の内容からマイルが良さそうです。状態も良くパワーが要る馬場も苦にしません。


≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ




【オーシャンS】
強力な追い風到来
◎ジョーカプチーノ

ここ数戦もずっとハナを切っているエーシンダックマンが今回も逃げるだろう。
暴走気味に逃げるイメージが強いエーシンダックマンもここ最近は息を入れることを覚えてレースを壊さなくなった印象が強い。
今回、明確に逃げる馬は見当たらず恐らくエーシンダックマンが自分のペースを作る可能性が非常に高い。
先週までの記憶だと異常に前が残る中山の馬場、スプリントが舞台なら尚更前々で競馬する馬を有力とするのが常道。
しかし、逃げるエーシンダックマンも今回楽に逃げ切れるというわけではなさそうだ。
前走は京都、今回は中山でラップバランスが大きく変わる。
少しくらい飛ばしても悠々自適に構える京都と、少し飛ばせばみんな追い掛けてくる中山。
それを考えればトラックバイアスを勘案してもエーシンダックマンは前走より少し厳しい競馬になるかもしれない。一方では逃げ馬の特権トラックバイアスの恩恵を受けることできる。これでプラスマイナス相殺。
だが調教時計から恐らく終いが甘くなって最後に差されると考えなければいけない。
そこでエーシンダックマンを差す馬としてジョーカプチーノとダッシャーゴーゴーを指名したい。

ジョーカプチーノは2月中かなり集中し精力的に乗込まれて状態良化は明白。
鞍上はここ最近福永、ルメールなど当たりが柔らかく馬の気分を優先させる騎手ばかり。
芦毛の馬体から察する通りこの馬は鈍く中々動かないために“動かそうとする騎手”がよく合っている。
だからこそ藤岡康太と手が合っていたのだろう、今回内田博幸への乗り代わりは大きなプラスと考えたい。
血統的に言えば馬場悪化は問題にしないタイプ。

ダッシャーゴーゴーは昨年の覇者。
成績も内枠時に集中しており、この枠順は理想的。
鞍上の横山典弘ならこのトラックバイアスも味方に付けれるはずで連覇に期待がかかる。
坂があるコースでは特に強く、時計が掛るレースでも血統的にマイナスにならない。
自分のレースができれば強いが、自分のレースができないと脆いのが弱点。
今回は自分のレースができると読んで高評価。


人気ブログランキングへ



≪短評≫
高速決着を歓迎としないワンカラットにとっては中山の馬場悪化は歓迎のはず。
1分7秒台の高速決着は対応できずとも、8秒台では元々大きな強さを発揮していただけに要注意。

中山では無類の強さを誇るブルーミンバー
前が残る馬場状態も脚質的に歓迎だし、人気薄でも台頭可能なはず。
間隔空けた時の成績も良く、今回フレッシュな状態で出走できるのはプラス材料。
前走ラピスラズリSも決してレベルの低いものではなく、前年のジョーカプチーノと同レベルかそれ以上。
穴馬として推奨したいと思います。

当初本命予定だったカレンチャンは外枠。
近走は先行策でなく、好位からの競馬が主流。
この人気で番手からの競馬をするのは想像しにくく、差しに回ると想定する。
外から好位差しで競馬してもこの馬場では届かず、枠順に泣く結果となっても不思議ではない。
元々叩き良化型の馬だけに休み明けの今回は如何なものか。
クロフネ産駒スリープレスナイトに似た同型スプリンターで安定感抜群。
ただ、連勝が途切れた馬にすんなり本命を打ちたくない。

人気がなくとも前走シルクロードSで良い脚を使ったスペシャルハート
スプリントではそこまで悪い競馬をしておらず、近走成績を見直す余地がある。
好調蛯名の手腕に期待したいところ。

≪結論≫
◎ジョーカプチーノ
○ダッシャーゴーゴー
▲カレンチャン
△ブルーミンバー
△ワンカラット
★スペシャルハート


人気ブログランキングへ
↑ランキング内に黄梅賞の注目馬を載せておきます。
軽い馬場でこそ、みたいなイメージを持っていましたがどうでしょうね。
力のいる馬場が合っているのかもしれません。


↑ランキング内に武庫川Sの注目馬を載せておきます。
近走の内容からマイルが良さそうです。状態も良くパワーが要る馬場も苦にしません。
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

1 Comments

さかなや  

これで5連敗ですね~(笑)

2012/03/03 (Sat) 18:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment