FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

18
2012  11:46:00

スプリングS◎グランデッツァ・阪神大賞典◎ヒルノダムール

【スプリングS】
総帥の威信をかけて
◎グランデッツァ

アクシデントがあったラジオNIKKEI杯では人気に応えられず3着。
それでも内容ある競馬で持ち前の粘りをアピール、決して悲観するべき内容ではなかった。
ゴールドシップの破天荒な競馬振りは賞賛に値するが、必ずしもそれがグランデッツァと世代比較の上で評価を貶める一因にはならぬ。なぜならゴールドシップ自身が世代で最も強い可能性が存在するからだ。

吉田照哉は“アグネスタキオンの最高傑作”と当馬を称した。
マルセリーナが桜花賞を制した直後にメディアに発した言葉で、まだグランデッツァがデビューする前の話。
実質的に善哉から全権を受け継いだ社台の総帥の言葉を裏切るわけにはいかないだろう。
平田厩舎の主戦秋山信一郎を降ろして、社台Fお抱えの外国人騎手M・デム―ロを手配してきた。
結果に拘った非情采配。競馬界では珍しいことではないが、今回はその中でも非情すぎる乗り代わり。
今回は結果に拘る陣営の意図をくみ取りたい。

前走はドスローに泣いたディープブリランテ。
今回はある程度ペースが流れるだろうから前走ほど無様な競馬はしないはず。
阪神実績・東スポの内容から中山の重たい馬場の方が走ると考えるのが妥当。
陣営は前走のような競馬をしないと言っているが、控える競馬をするのだろうか。
収得賞金から考えれば試走するのは十分あり得る。
賞金稼ぎで出走してきたのならともかく、上記の理由だと未知数で本命に出来ぬ。

相手馬は分かりません。
なるべく手広くいきたいと思います。
≪結論≫
◎グランデッツァ
○ディープブリランテ
▲マイネルロブスト
△サトノギャラント
△サトノプライマシー
△ロジメジャー
★アルフレード


人気ブログランキングへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ


【阪神大賞典】
成長し続ける日高の寵児
◎ヒルノダムール

四冠馬オルフェーヴルの始動戦は阪神大賞典。
今回与えられた選択肢は三つ。
①オルフェーヴルに◎を打ってヒモ限定して金額を投入するか。
②オルフェーヴルに◎を打ってヒモ荒れを期待するか。
③オルフェーヴルに◎を打たず他馬の台頭を期待するか。
実力・実績から言えば③の可能性は…中々低いと見積もらざるを得ない。

だが今回はその低い可能性に賭けようと思う。
オルフェーヴルの実績の殆どが外回り戦。
昨年有馬記念こそ内回りであったがエイシンフラッシュ相手に苦戦する内容で必ずしも直線の短さは歓迎するべきものではないだろう。今回は阪神大賞典は内回り戦、中山よりも差しが決まる馬場状態・外を回せる余裕がある競馬場ではあるが、付け入る隙がないわけではない。

オルフェーヴルと一緒に戦ってきたウインバリアシオン・トーセンラーなどなど。
こういった面々があっさりと5歳勢に屈しているのを見ると世代レベルの能力の違いを感じ取る。
故にオルフェーヴルが有馬記念でエイシンフラッシュ相手に苦戦してのも頷けるというもの。
こういった面々と戦って圧勝してきたオルフェーヴルが古馬相手にどんな競馬をするかは有馬記念だけでは測りきれぬ。
オルフェーヴルがまさか同じように圧勝すると考えるのはここまでの経緯から察して不自然だろう。
要するに現4歳世代は相当弱く、5歳世代は相当強い。オルフェーヴルはこれから先そういったギャップとの闘いになる。
今回はそこに付け入る隙を見出し、実績ほどの能力差は存在しないと考える。
それは有馬記念-0.1差が全てを物語っているはず。

本命はヒルノダムール。
昨年の有馬記念は帰国初戦で万全ではなかったが末脚に見所あり。
しかも不得意なスローからの瞬発力戦もあり度外視可能。
阪神大賞典は基本的に消耗戦、末脚比べになるためヒルノダムールに打ってつけの展開になる。
京都記念を使ったことで状態は更に上向いたのは明白。
そもそもオルフェーヴルを避けて産経大阪杯、日経賞という前哨戦を選択することもできたはず。
それでも阪神大賞典を選択したと言うことは陣営の自信他ならないだろう。
一つは有馬記念で実際に走ってみたことに対する確証。
一つはヒルノダムールの成長、充実度、出来など中身に対する確証。
陣営はこの二つの確証を持ってオルフェーヴルと真っ向勝負出来ると踏んだはず。
器用さ・経験を持ってオルフェーヴルに立ち向かいたい。
待ってろオルフェーヴル。

≪結論≫
◎ヒルノダムール
○ギュスターヴクライ
▲オルフェーヴル
△ジャガーメイル
★ビートブラック



人気ブログランキングへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

2 Comments

謙  

スプリング的中おめでとうございます

マイネルに期待していたのですが…

オルフェ…異常なければいいのですが…

2012/03/18 (Sun) 16:40 | EDIT | REPLY |   

カズヤ  

グランデッツァの考察♪

 お見事です♪♪

2012/03/18 (Sun) 17:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment