FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

03
2011  12:37:35

ラジオNIKKEI賞

【ラジオNIKKEI賞】
◎フルアクセル
○カフナ
▲プランスデトワール
△フレールジャック
△ヒラボクインパクト
★ミヤビファルネーゼ


本命は思い切って穴馬…というほどの馬でもないのだけどフルアクセルにした。
要するに同じような堀厩舎のクォークスターみたいなもんだ。
中山は小回り先行有利だ、しかしだからと言って後ろから届かないわけじゃない。
追い込みだからこそ内枠が欲しかったのだ。
内でぬくぬく脚を貯めた馬が伸びてくる、中山ってのはそういう競馬場…だったはず。
マイルみたいな流れになればチャンスあり。
この馬は長い距離の長い直線をダラダラ走るよりか今回の条件がずっと良いだろう。


“ディープインパクトの庭”、それがここ中山1800だ。
というわけで印はディープインパクト産駒中心にしてやった。

フレールジャックは父ディープインパクトにNureyevを掛け合わせた貴重なサンプル。
戦ってきた相手は弱いがそれはフレールジャックとなんの関係もない、育つ子は育つ。
似たような連勝馬で三戦目に大崩れしたドナウブルー、ターゲットマシンはDanzig。
同じノーザンダンサーでもちょいと血統背景が違うから同一視はしない。
軽視するよりも新しい可能性に賭けてみたい。
まるでトーセンレーヴの毎日杯のような競馬になると予想。

リファールクロスの数少ない貴重なサンプルことプランスデトワールはここがベストの条件だ。
東京よりも中山、マイルよりも1800、スプリントよりも1400。
得意条件を把握を出来ていない陣営に踊らされて東京ばかり使われるかわいそうな馬。
この馬はローカル適性がかなり強い…ただ、ちょっとスピード寄りな気がしないでもない。


そして最後に母父トニービンのミヤビファルネーゼ、ディープインパクト産駒のヒラボクインパクトを穴に考える。
トニービンとノーザンテーストは中山ほんとよく走る。


今夏のセレクトセール近し。
ラストイヤー・アグネスタキオン、社台の高額シンジケート馬ディープインパクト。
社台ご自慢の種牡馬のアピールは毎年ラジオNIKKEI賞で行われる。

関東・中山は社台Fの中心拠点、ノーザンFには譲らぬ。
社台Fからはフルアクセル、プランスデトワールがノーザンFを待ちかまえる。


ショウナンパルフェはまるでアグネスフライト産駒のごとしスピードのなさ。
リマンドの影響強くクラシックディスタンスでこその馬だと判断した。
この馬が青葉賞→ダービーの鬼門ローテを超えることができるとは思えぬ。
そもそもラジオNIKKEIって感じの馬ではない気がする。



なんか投稿しても全然反映されないんですけどFC2さん。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想・結論