FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

03
2012  17:46:17

桜花賞展望

【桜花賞】
牝馬クラシック第一弾
昨年桜花賞制したのはマルセリーナ。
デビュー前の2歳春頃、育成の段階で既に高い評価を受けていたと聞きました。
腰が浮いてる構造で後ろ脚の力が凄く強い。馬体はあまり大きくないけど走法は大股で父親に似ている。
こういう大きく跳んで滞空時間の長い走法をする牝馬は中々いなくて、いや牡馬にも中々いなくて、父親の特徴とを受け継ぐとはこういうことなのかなと思いました。
今年でいうとディープブリランテ・ジョワドヴィーヴルが似ているんじゃないでしょうか。
当時ウオッカやダイワスカーレット、レッドディザイアなど多くの大跳びタイプの牝馬が派手に活躍してましたから、これからはこういう走法の時代なのかなと思いました。ですのでマルセリーナもそういった女傑達との共通点を持っていたわけですから、重賞の一つは取ってくれるかなと思ったんですが、まさかGⅠを獲るとは思いませんでした。

≪PR≫水曜日22:00~ニコニコ生放送をしようと思います。
桜花賞、有料化問題について話そうと思いますので、良ければご来場ください。


マルセリーナの兄グランクロワは気性が荒く体が弱かった馬でしたので、残念ながら出世はできませんでしたが潜在能力は非常に高く素質は十分にありました。
マルセリーナも元々体が弱く、デビュー前には競走生命に関わる大怪我をしています。
そういった中でも陣営はマルセリーナの高い素質を信じデビューを諦めず、12月デビューを果たしました。
その後の戦績は皆さんが知っての通りで、桜花賞馬になれたんですから大したものですよね。
POG、一口馬主をやっている人なら経験則で分かると思いますが、デビュー前に怪我をした馬は軽度の問題ではなく、高い確率で走りませんよね。
体質が弱いとか、その怪我が影響して能力を発揮できないとか…色々理由はあると思いますが、育成で躓く馬の殆どが名を成さずにターフを去ります。
それだけ若いころのアクシデントは致命的なのだと思います。

中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】
競走馬の脚はガラス細工の如く。
ノーザンFの馬がなぜここまで強いのか。
それは育成段階で強い負荷をかけた調教を施すため。
でもその影には強い負荷に耐えられずデビューすら出来ない馬も沢山いるわけです。
ノーザンF生産のアグネスタキオン産駒がどうして活躍できないのか。
それはこの強い調教に耐えられず、仮にデビューしても既にボロボロなのでまともに走れないからだと思われます。
淘汰に淘汰を重ねられ選定されたからこそ、ノーザンFの大躍進があるのだと思います。


サラブレッドは淘汰の歴史を繰り返しています。
弱い者は去り、強いものはいつまでもターフに君臨し続けることが出来るのです。
良血と亜種の違いは走った後の結果で決まり、亜種が良血に変わることはこの世界ではなにも珍しいことではありません。
自分の優位性を示したければクラシックを勝つことです。
牝馬にとって競走生活でクラシックの価値ほど高いものはありません。
牝系確率の第一歩はこの桜花賞から。
今年どんなドラマが見れるか楽しみにしています。

いよいよGⅠシーズンに突入します。
長く厳しい戦い、これを全て予想し続けることは正直言うと非常に苦痛です。
当然ながら全ての週を当てることは不可能です。
ですが、外れ続けても的中を待つ姿勢を崩さず辛抱強く戦うことが大事なのだと思います。
一戦一戦慎重に、共に戦いましょう。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
↑桜花賞の注目馬を載せておきます。
有力馬は多くいて混戦模様ですが…私は明確に能力差があると思っています。
その内の一頭を皆さんに紹介します。馬名はランキング内に表示。


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑阪神牝馬Sの注目馬を載せておきます。
陣営に自信あり。VM最有力候補、このレースは負けられませんね。
馬名はランキング内に表示しています。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事

 重賞予想

3 Comments

しげる  

桜花賞混戦で難しそうですね!
楽しみにしてます!

2012/04/03 (Tue) 18:23 | EDIT | REPLY |   

カズヤ  

ご苦労様です♪G1ですね♪今週もまたゼネさんの血統論かなり期待しちゃってます♪♪

2012/04/03 (Tue) 20:14 | EDIT | REPLY |   

カズヤ  

ニコ生 お疲れさまでした♪♪

2012/04/05 (Thu) 00:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  桜花賞 2012 クイーンC組の取捨
  • 例年あまり桜花賞には直結しないクイーンC組ですが、それでも過去20年で7頭の馬が好走しています。 そんなクイーンC、今年の勝ち時計は1分36秒6、良馬場ではかなり遅いタイムで過去20年では99年と並んで最も...
  • 2012.04.03 (Tue) 21:18 | 別館 ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ
この記事へのトラックバック