FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

08
2012  10:49:22

桜花賞◎サウンドオブハート、名伯楽最後の台本

【桜花賞】結論
全ては桜花賞の為に
◎サウンドオブハート

一つ上の兄カフェラピードは未勝利でナカヤマナイトに楽勝した後、ターフに戻ってきていない。
母シンメイミネルバはカフェラピード・サウンドオブハート以外の産駒にはサンデーサイレンス系の種牡馬を選択しておらず、ブライアンズタイム・ボストンハーバーなど脚元の不安なく丈夫な種牡馬を選択されている。
現役時代のシンメイミネルバも僅か二戦で引退している通り、恐らく相当脚元が弱い馬だったのだろう。
シンメイミネルバの産駒で父ブライアンズタイムのミネルバサウンドが活躍したことによってタイヘイ牧場が決断したのは、スピードのある種牡馬をつけて芝でも走れる馬を生産すること。
タイヘイ牧場がそこで選んだのがマンハッタンカフェ、アグネスタキオン。
シンメイミネルバには最良のスピードを持つ種牡馬を、というコンセプトのもと生まれたがそれぞれカフェラピード・サウンドオブハートということになる。

兄カフェラピードは未勝利の内容からその高い能力を期待されたが、脚元が芳しくなく未だにターフに戻ってきていない。もしかしたらもう戻って来れないのかもしれない。
マンハッタンカフェでこれなのだから、アグネスタキオン産駒のサウンドオブハートなど更にその脚元を危惧しなければならないのは自明の理ではあるまいか。
故にサウンドオブハートがトライアルを使わなかったのも当然ながら理解できる。

デビュー以来放牧に出さず、松山師は今回も自厩舎に置いて付きっきりで面倒を見た。
近年のノーザンFしがらきを代表される外厩制度が大幅に整備され、短期放牧を挟んでから参戦する馬が増えた中で、あくまで自厩舎で調整する姿勢を崩さなかった。調整に自信がなければ中々できない事ではある。
ここまで4戦3勝、唯一3着に敗れた阪神JFも大外枠だったことを考えれば悲観する内容ではなかった。
阪神JFでは3着も負けて強しのレース内容でGⅠ級の能力とセンスを再確認した。大外枠から掛かり気味に進出し、直線入り口で先頭に立った。勝った馬が直線外を抜け出し好位の先行勢が総崩れする流れ、故にこの3着は高く評価できる。

アグネスタキオン×Caerleonの配合はアドマイヤオーラと同モデル。
シルポートを近親に持つファミリーラインで本馬も先行すれば割と渋とい脚を持つ。
器用なタイプなのでどの競馬にも対応できるが、前走紅梅Sで見せた末脚、デビュー戦・芙蓉Sの脚を見るとやはり瞬発力を活かした方が良いタイプだろう。
阪神外回りはCaerleonを持つ馬の成績が非常に良く、直線が長ければ長いほど良い血統。
紅梅S以来という異例のローテーションも全てはこのレースの為に松山師が意図して組んだもの。
現在の栗東調教施設が重たいことを考えれば、栗東留学せず、美浦に留まり続けたのも恐らく正解に出そうだ。
レース当週は軽めに調整しあえて太め残りに、直前輸送で減らす予定なのでこれで馬体重は完璧なはず。

適性から考えて狙うのは明らかに桜花賞のはず、後先考えないメイチ勝負で挑む。
全ては桜花賞を制する為に考えた名伯楽渾身のストーリーテリングを信じたい。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
↑のランキング内に山陽特別の本命馬を掲載しておきます。
桜花賞出走馬のための帯同馬のつもりなんでしょうけど、状態は非常に良かったです。
調教師はタダで帰る気はないようですね。


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑のランキング内に大阪ハンブルクCの本命馬を掲載しておきます。
弱い者いじめが大好きな馬です。この条件なら大威張りですね。

中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】
玉磨かざれば器を成さず
○ジェンティルドンナ

姉ドナウブルーはノーザンF代表の吉田勝己が一押ししていた期待馬。
クラシック、将来を嘱望されたドナウブルーはシンザン記念で敗れて以降、スランプに陥り京都牝馬Sまで重賞制覇を待たなければならなかった。
そういったドナウブルーの反省を踏まえて預かったのがジェンティルドンナ。
姉同様早くからノーザンFで高評価を得ていた同馬も当然デビュー前からクラシックを期待されていた。
ドナウブルーの反省を踏まえてデビュー戦は教育に徹し、二戦目で勝ち上がった。
自信が確信に変わった陣営が次走で選択したシンザン記念、牡馬相手に掛りながらも快勝。

熱発明けでも前走チューリップ賞でジョワドヴィーヴルに0.1秒差、一応の格好はつけたように基本的に能力は高いと考えている。
水曜の坂路で一番時計をマークするなど、今回は状態が一変していると見て良いはず。
栗東の調教施設の時計が掛っていることから各陣営はオーバーワークが懸念される。
しかし同じように調教施設が重かった3月初旬、石坂師はチューリップ賞のエピセアロームでも坂路で超抜群の時計を記録している。
そのエピセアロームがチューリップ賞でジョワドヴィーヴルを下し好走したように、坂路で時計を出してもオーバーワークになることはない。
一番の懸念であるオーバーワークも調教師の談話、過去の経験を見る限りはなさそうだし今回はかなり良い状態で自信を持って本番に臨めるはず。

これまで好走したレースはほぼ先行した時。
差し比べになった時の不安はあるが、土曜日を見る限り極端な差し馬場にはなりそうもない。
ペースが速くなってもある程度の位置につけておきたい馬場なので差し馬を封じ込めるはず。
騎手の性格からいってジョワドヴィーヴルマーク、恐らく差しに転じるはず。
そうなると前を捕らえきれず取りこぼしが予想される。
ベストはやはり京都だと思うが、今回は能力を高く評価し重い印を打ちたい。

安定感抜群のHaloクロス
▲ヴィルシーナ

小回り向きの血統でも、牡馬相手に好戦しているように能力の裏付けはある。
当然ながらこのメンバー、牝馬同士なら上位の評価をしなければなるまい。
適性云々を覆す能力があるか否かは正直言うと分からぬ。
ポリトラックを抜群の時計、前週追い切りでも同厩馬に大差を付けた内容。
これを見るに恐らく状態は非常に良いのだろう。恐らくオーバーワークはないはず。
レースが上手いのは大きな武器だが、差し比べになってどこまでやれるかは未知数。
近親フレールジャックがいるので、阪神も恐らくこなすだろう。
MachiavellianはMr. Prospector系統の中でも割と速い上がりを出せるタイプなので大丈夫なはず。
◎○はすんなりと決まったが、▲以下の印は非常に悩んだ。


≪短評≫
ジョワドヴィーヴルは前走の負けでも人気が落ちない、まさにアイドルホースたる存在だ。
姉ブエナビスタ、一戦一勝で阪神JFを勝ったスター性を考えれば納得はできる。
今回は外外回って差してくるはずだから前走から多少なり変わってくるだろう。
阪神JFの再現は出来なくともそこそこの着順にはまとめてくるだろうか。
能力は今一度疑問視してみたいところだ。
オーバーワークの気配もあるし、恐らく馬体重減で出てくるだろうから注意したい。

アイムユアーズはファルブラヴ×エルコンドルパサーの配合なのでノーザンダンサーの多重クロス。
気性不安はあるものの、幸いにも多重クロスに多くみられる体調不安はなく健康そのもの。
栗東留学も最終追い切り末を確かめるだけで強い追い切りはしなかった。
これならオーバーワークもないし、状態に心配はないはず。
気性に不安のある馬なので腕っ節の強い外国人騎手が合っている。
エアグルーヴの牝系出身で距離に融通はあるし、折り合えば距離は問題にしないだろう。
ファンタジーS外から差し切り、その後阪神JF好走を演じて見せた。
繋がらないはずのローテで好走したことから考えるに、普通の馬でないことが分かる。
ワンカラットと非常によく似ているので、恐らく高速馬場は苦手だろう。
好走条件は重たい馬場。前日に外回りは速い時計が出ていたのでその辺りがどうかだ。

サンシャインはシンザン記念で上がり最速とは言え惨敗。
鞍上がミルコに変わってどう変わるかだ。乗れてる騎手だけに無視はできまい。
エルフィンSの勝ちっぷりは良かった。

イチオクノホシは一般的にオークス向きだと言われており、このレースでも好走が期待される。
しかし今週の最終追い切りでチャカつく動作を報じられており、気性面でかなり疑問。
堅実な末脚を持っているので着順をまとめてはくれるだろうが、馬券圏内までいけるかどうか。

オメガハートランドは基本的に上がりが掛る競馬場、要するに小回りで走るタイプ。
BMSのエルコンドルパサーはノーザンダンサーのクロスがキツくダートも走れるパワータイプ。
それを考えればやはり桜花賞のような速い上がりを出せる競馬場は不向きではないか。

パララサルーも母系がMr. Prospector系なので上がりが掛った方が良いと思われる。
調教師が三戦連続で中山を使ったのも速い上がりが出せないという危惧が理由ではないか。
この調教師はアパパネ、マツリダゴッホなどに代表されるように血統的な適性を重視するインテリ。



プレノタートはダンスインザダークの血が強い末脚自慢牝馬。
この手のタイプはレインダンスやザレマ、ジョリーダンスなどのようにダンスインザダーク系牝馬は阪神1400で強く、阪神マイルではそれほど強くはないことがしばしば。
この馬の末脚が一案活きたのは京都、牝馬GⅠで買うなら秋華賞あたりが良いのではないか。

エピセアロームは内枠を引いてしまったが陣営は歓迎しているらしい。
外から強襲する競馬が得意だが、多頭数になるとそういった競馬が出来ない。
桜花賞は外枠有利が定説なので内枠はやはり痛い。

≪結論≫
◎サウンドオブハート
○ジェンティルドンナ
▲ヴィルシーナ
△アイムユアーズ
△ジョワドヴィーヴル
★サンシャイン


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
↑のランキング内に山陽特別の本命馬を掲載しておきます。
桜花賞出走馬のための帯同馬のつもりなんでしょうけど、状態は非常に良かったです。
調教師はタダで帰る気はないようですね。


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑のランキング内に大阪ハンブルクCの本命馬を掲載しておきます。
弱い者いじめが大好きな馬です。この条件なら大威張りですね。
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事

 重賞予想

2 Comments

玉ちゃん  

サウンドオブハート

 私もサウンドオブハート◎でした。新馬戦を新潟競馬場で見て
思わず息を呑んだことを今も鮮明に覚えています。その日に桜花
賞はこの馬だと思いました・・・信じていたのですが4着。それでも
昨年の8月に新馬戦を見た段階で「この馬」とほれ込んだ馬が4
着ですから・・・馬券はともかく満足しています。
 NHKマイルカップに出てほしいです。チャンスは坂の阪神より
多いように思います。

2012/04/09 (Mon) 22:31 | EDIT | REPLY |   

ヴィヴァーチェ  

こんにちわ!

はじめまして!こんにちわ(^^
ヴィヴァーチェと申します。

やはり賭け事は勝ちたいですね。
こつこつ負けてドカンと勝つのが一番ですね!!
私は過去に三連複で大金溶かしましたが・・・。

応援ぽち!

よろしければ当ブログに遊びにいらしてください。
賭け結果報告を簡単に画像で記載してあります。
それでわ失礼します。

2012/04/12 (Thu) 10:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment