FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

22
2012  11:50:19

【フローラS】オークスへ名乗り◎アイスフォーリス・【マイラーズC】GⅠクラス相手でも問題なし◎レッドデイヴィス

【フローラS】
オークスへ名乗り
◎アイスフォーリス

3枚のオークス切符を獲得するために全馬が必死に仕上げてきた。
故にどの馬が不調でどの馬が好調かを語るよりかは、どの馬が強いかを語る方は良さそうだ。
本命はアイスフォーリス。デビュー当初からオークスを視野に入れて1800~2000mを中心に使ってきた。
BMSクロフネがステイゴールドの非力さを補完、持続性のある末脚は府中の長い直線は大丈夫だと読む。
重賞初挑戦の前々走フェアリーSで7着、2番手追走から終い粘りきれなかったが、勝ち馬から0.2秒差と大きくは負けていない。
前走のミモザ賞は勝ちに行く競馬で最後は差されてクビ差2着。
直線まくる競馬で最後まで粘り能力の一端を見せた。

東京2000mで未勝利戦を勝ちあがっており、この条件ですでに好走歴があるのは他馬と比べて強み。
陣営は早期からオークス出走を目標にレース選択をしてきた。
マイル戦のフェアリーSこそ出走したが、これは恐らくクラブサイドの指示。
不本意なレース選択だったろうし、これは度外視しても大丈夫なはず。
馬券外になった二レースはそれぞれウィリアムズ・石橋騎乗によるもの。
乗ったレース全て馬券圏内、主戦の松岡に戻る今回は大いに期待したい。

中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】
≪短評≫
ミッドサマーフェアの前走は分析せずとも強いのは見れば分かる。
一方で中山や阪神でああいった勝ち方をすると、適性は東京向きかどうかを疑わざるを得ない。
Graustarkのクロスがあることから恐らく上がりが掛る底力勝負に強いタイプ。
緩い流れになった時はクイーンCのように取りこぼしがあると考える。

ジャングルポケット産駒のヘレナモルフォは不利な流れの前走フラワーCで粘りこみ。
4着に敗れたものの高い能力をアピール、実力は重賞でも見劣らないことを証明した。
当レース・当コースと相性の良い柴田善が鞍上なのは非常に心強い。

チェリーメデューサはフェアリーSでみせた上がりは33秒9。
堅実な末脚で追い込んでくるだけにここでも注意が必要だ。
折り合いに不安のない馬で距離に不安はないはず。
前走のアネモネS(OP)は6着に敗れたが、不良馬場の影響もあったので度外視。

レッドマーキュリーは前走新馬戦ながら圧巻の内容で勝利。
わざわざ四位を捨てて忘れな草賞に出ずこちらのレースを選択。
陣営もクラシックを意識している馬だけに要注意。

ラスヴェンチュラスは非常に扱い難しい。
ディープインパクト産駒がこの舞台合うかどうか。
未勝利戦の経験が活きれば好走も。


≪結論≫
◎アイスフォーリス
○ヘレナモルフォ
▲ミッドサマーフェア
△ラスヴェンチュラス
△レッドマーキュリー
★チェリーメドゥーサ


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
↑ランキング内に上賀茂Sの本命馬を掲載しておきます。
前走優秀で将来的には恐らく重賞でも勝負になる馬です。


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑ランキング内に府中Sの本命馬を載せてておきます。
前走一息も巻き返しできる態勢にあります。


【マイラーズC】
音無三頭出しの筆頭
◎レッドデイヴィス

凄まじいオッズ、一番人気で6倍という大混戦。
GⅠ馬エイシンアポロンは休み明けでも走るが、斤量・調教本数の影響から取りこぼしが予想される。
堅実一途でその能力を高く評価する一方、ドバイ回避の影響も考慮して今回は本命にしない。
今回はシルポートの出走で恐らくペースが速まる。
得意なマイル、舞台が京都、高速馬場という設定で小牧が教えてきたペースを守れる可能性は低い。
シルポート・コスモセンサーの西園コンビが共存共栄を図ろうとするだろうが、それは失敗に終わると読む。

今回はGⅠクラスのハイレベルなメンバーが揃った。
前走はノーマーク、特殊なトラックバイアスと違い今回は全馬シルポートに対する目線が違ってくる。
京都のトラックバイアスは確かに前残り気味だが、重賞になるとそれが明確に崩れる。
前残り=インコースの状態が良いという解釈は正解でも、ペース・能力が変わる重賞ではその認識を大きく変える必要があるだろう。

内枠有利を加味して今回は本命レッドデイヴィス。
同じようなトラックバイアス、前が引っ張る展開だったシンザン記念を快勝した実績あり。
今回はそれと同じ舞台で同じようにあの時と同じようにシルポートが引っ張る展開になりそうだ。
トラックバイアスが前残り、しかし前が総崩れする流れになる。
そういった展開でも踏ん張り粘ることができる、耐えた実績のあるレッドデイヴィスに適性ありと見る。
適性あるマイル戦に戻り、自身が得意とする種類の前残りトラックバイアス。
前走中山記念大敗から大きく条件好転した今回は巻き返しを期待したい。

このメンバーでも十分通用する能力があると思っている。
仕上がりが甘くとも、今年の安田記念・マイルCSで勝負になるならここは通過点のはず。
大敗してもすぐ巻き返せるタイプだけに前走は度外視OK。

≪短評≫
才能ある競走馬ト―センレーヴはデビュー以来外国人騎手しか乗せていない。
大敗したレースはAJCC・ダービーのみで、恐らく距離適性マイル近辺だろう。
前走はタイム差なしの勝利だが、基本的に着差を付けて勝つ馬ではない。
ドイツ×ドイツの配合でスピードを最大限重視したベストトゥベストの観点から京都向き。
万人に過小評価されがちであるが、能力はある。
しかしそれを評価される指標が着差だから誰にも評価されない。
買うべき舞台で買えばきっと好走してくれるタイプだから今回は信頼してみたい。

ダノンシャークは京都金杯で好走したように京都マイルは抜群に合う。
内枠ゲットでトラックバイアスに乗れる今回も好走できると読む。
ハイレベルなメンバー相手にどこまでやれるかが課題。
一番負けたレースでも0.3秒差以内だからかなり堅実。

中山記念で粘ったリアルインパクト・フィフスペトルは外枠でどこまでやれるか。
仕上がり甘く外枠で競馬がしにくそうなエイシンアポロンは今回評価を下げる。

コスモセンサーはGⅠ級なら粘れるが、そうでないなら粘れない。
前走絶好の条件でガルボに差されたことから、恐らくそのレベルにはない。
直線の短いコース、阪神や中山などのようにパワー要するコースの方が能力発揮できる。
京都外回りの適性は大いに疑問あり。
ここ最近の安定感からかなり注目されているが、今回はメンバーのレベル的にどうか。


≪結論≫
◎レッドデイヴィス
○ト―センレーヴ
▲ダノンシャーク
△フィフスペトル
△エイシンアポロン
★リアルインパクト


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
↑ランキング内に上賀茂Sの本命馬を掲載しておきます。
前走優秀で将来的には恐らく重賞でも勝負になる馬です。

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑ランキング内に府中Sの本命馬を載せてておきます。
前走一息も巻き返しできる態勢にあります。
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事

 重賞予想

1 Comments

カズヤ  

またまたフローラSも的中ですね♪

来週も鋭い血統考察&見解を期待してます♪

2012/04/22 (Sun) 17:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment