FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

10
2011  07:27:20

エプソムC

『エプソムCはどういったレースか?』
非常に厳しいレース。意外にも底力が問われる為にスローで勝ち上がってきた馬は苦労している。
前目に付けれる馬はやはり有利だが、それはしっかりと底力を補完している馬に限る。
東京開催≒先行有利という定説は殆ど条件戦のみ。


だけど周囲が騒ぐほど、重賞クラスになると前残りが少ない。


恐らくこのレース最も人気になるであろう馬は産経大阪杯二着のダークシャドウだろう。
じゃあこの馬がエプソムCのレース質に合うかと言われれば、私は“合わない”と答える。

ダークシャドウはスローのロングスパート戦が基本的に得意な馬。
ダンスインザダーク×Damascusの基本路線を踏襲とした配合に忠実な馬だから基本的に小回りのロングスパート戦がよく合う。
前走推奨したのはコレがポイント。

エプソムCに必要なのはマイル的な脚だ。
急加速できるラップに対応できる馬、要するに3F勝負に強い馬だ。
エプソムCは4Fから3Fにかけてガクッとラップの落差が現れる、実はダンスインザダークはこれがかなり苦手。

★エプソムC注目馬

ダンスインザダークが弱いラップにかなり強い馬はこれ。
父と母父の米国志向さがこの特化的な強さを生みだした。
雨は言わずもがな強い。
良馬場で走る方が逆に不安。


★エプソムC危険馬
人気ブログランキングへ
ラップ適性は強くても、もうすっかり峠は過ぎてしまった。
調教師はすっかり投げやり状態でここ出走も希望少ない。
調教もさっぱり、栗東坂路異変におかされた一頭。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment