FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

05
2012  04:06:13

質問返答:エキストラエンド推奨の理由

【質問返答】
エキストラエンド推奨の理由

ダービーさんから質問が来たのでお答えしたいと思います。
僕がエキストラエンドが血統的にベストだと考えた点についての疑問です。

ダービーさんは“京都2200mで好走している血統マンハッタンカフェ、スペシャルウィークなどのスタミナ血統が猛威を振るっている”という京都新聞杯の傾向を提示されました。
マンハッタンカフェ産駒のゲシュタルト・ベストメンバー・メイショウクオリアの三連覇。
デルフォイやダンスインザダークの好走歴を考慮すると、ダービーさんの提示された傾向に行き着くことは至極当然なのだと僕も思います。
加えてこの時期の京都は時計が速いにもかかわらず、京都新聞杯はどうしても時計がかかる決着になる傾向からスタミナ・パワータイプの馬が台頭するのも納得。
故に“京都新聞杯=スタミナ・パワー志向タイプの馬優勢”、だと考えるのは当然です。
ダービーさんはよく研究されていると思いますし、血統の使い方をよく理解されている方だと思います。

ダービーさんの言う通り、ディープインパクト産駒は私もスピードタイプだと思っています。
それに対して、京都新聞杯のレース傾向から言えばエキストラエンドの血統がベストだと考えるのは明らかに矛盾ですね。ですが、僕は矛盾だと思っていません。
ダービーさんの京都新聞杯の傾向は間違っていませんし、ダービーさんのマンハッタンカフェやスペシャルウィークに対する認識も間違っていません。


僕とダービーさんの考え方の違いが生まれたのは“傾向の範囲”だと思われます。
僕は京都新聞杯過去二年を元に考えた結果、エキストラエンドに行き着きました。
ダービーさんが考えている傾向は恐らく5~10年のスパンで考えているのかと思われます。
僕が二年を元に考えていることを、ダービーさんは5~10年という長いスパンで考えていることを照らし合わせるから矛盾が生まれるんじゃないかなと思います。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】
これまで京都新聞杯はダービーと繋がらないレースで有名でした。
連対したのはインティライミ、ハーツクライまで遡ることになります。
ダービーに繋がるどころか、善戦すら出来ないで有名なステップレース。
ところが一昨年のゲシュタルト、昨年のクレスコグランドがそれぞれ4着・5着に善戦しています。
これがどういうことか、考えなければいけません。


これは京都の馬場が以前に比べて東京に段々近付いている証拠、僕はそう考えています。
クレスコグランドは父タニノギムレット、ウオッカなどでご存知の東京得意な種牡馬です。
それが京都新聞杯で勝ったわけですから、やはり傾向が変わったのだと考えます。

マイルCSの話をしたいと思います。
一昨年の二着馬はダノンヨーヨーです。
そして昨年の優勝馬はエイシンアポロンです。
二頭の共通点は“富士S優勝”です。
レースラップが違うだの、京都と東京は違うだので色々言われていて、長らく富士S組はマイルCSで好走出来ずという結果に終わっていました。
しかし、ここに来て二年連続好走馬を輩出する結果。
これは京都の馬場に大きな変化があったと考えるのが自然じゃないですかね。


これまでの傾向でしたら、ダービーさんの言うように“スタミナタイプ”の馬を買うべきでしょう。
もっと言えば小回り向きの馬でしょうかね。好走馬メンツを見てもローカル色強いわけですから。
でも、その傾向は一旦終わりにしたいと思います。
ここ二年の京都新聞杯・マイルCSの傾向から察して、今の京都競馬場は東京でも走れるタイプを狙うべきだと考えます。
だからこそ、ディープインパクト×ミルリーフの大跳びタイプで東京向きに思えるエキストラエンドに白羽の矢が立ったというわけです。
エキストラエンドって東京向きなの?って言われたら…
もっと話は長くなりそうですね…(笑)


ダービーさんの質問、先週の村岡さんのトーセンジョーダンに関する質問。
こういう深く掘り下げた質問を書かれると、コメント欄を開放して良かったなと思います。
僕が正しいことを書いているかどうかはともかく…
こういうやり取りが今後は増えればいいなぁとは思います。
今後も質問お待ちしております。


最後に一言、競馬予想において血統を深く見る必要は全くありません。
それは僕が“ゼネラリスト=浅く広く知識を取得した人間”を推奨しているからです。
ダービーさんのように血統は傾向を軽く掴む程度のもので十分だと思います。
深く傾倒しすぎたラップ予想家と血統予想家の哀れさを見ればスペシャリストの失敗が分かるはずです。
あんな風になったらオシマイだと思いますね。



≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事

 重賞予想

5 Comments

腰痛・・・  

すごく楽しんで読めました。

「ダービーさんの質問、先週の村岡さんのトーセンジョーダンに関する質問。
こういう深く掘り下げた質問を書かれると、コメント欄を開放して良かったなと思います。」
 ↑
質問が増えたらゼネさんの回答にも限界があると思うのですが、
余力のある範囲で1本だけでも回答あれば、嬉しいです。

ゼネさん、質問者さんの両方に感謝してます。
最近、競馬面白いですよ、ホント。

今まで自分は予想してるつもりでも「クジ」買ってるようなもんだったと思います。




2012/05/05 (Sat) 06:46 | EDIT | REPLY |   

田中  

エキストラエンドは調教が悪いと思うのですが、血統以外は大丈夫なんですか?

2012/05/05 (Sat) 07:53 | EDIT | REPLY |   

ダービー  

ラップ、血統などは予想をするファクターのひとつに過ぎないそれだけに特化するなど全くのナンセンス、仰るとおりです。
京都新聞杯の歴史が歴史だっただけに・・・と思っていましたが、とてもわかりやすく
ご丁寧なご回答ありがとうございました。


4月29日CW 86.8-70.6-55.8-39.6-12.1 仕掛け
4月25日CW 89.4-72.2-56.4-41.8-12.1 仕掛け
角居厩舎で最後の1Fを12秒切るか切らないかで走っていれば、信頼できますし。
乗り込み量も角居厩舎らしい勝負気配。騎乗も岩田で勝負気配。
あくまで、僕の推測ですがCWは足元に負担がかかるし、4月29日の時点で仕上がっているので、最終追いは栗芝で「流す程度なのではと・・・
調教には関係ないですが、昨夜23時前後単勝大口投入されていました。(素人のかたなら信頼できませんが・・・)
ただ、今の高速馬場がどうでるか。

2012/05/05 (Sat) 12:36 | EDIT | REPLY |   

ゼネラリスト  

>腰痛・・・さん
腰痛さんが競馬が楽しく思えてきだしたのなら、僕も嬉しいです。
ましてやそのキッカケが僕なら・・・言葉になりませんね。

質問には出来るだけ答えたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。


>田中さん
トラックマンがそこまで悪い評価をしていなかったので・・・
体調は大丈夫かなと思っていました。

この厩舎は最近メニューが変わってきて、どうも好調不調の目安が分かりづらいです。
故にエキストラエンドが明確に体調が良いと断言することはできませんね。


>ダービーさん
ヴァンセンヌの魅力に流れといて説得力なんてあったもんじゃないですが・・・(笑)
戦前、ダービーさんはエキストラエンド未勝利戦の内容に注目していましたが、正解でしたね。そこでト―センホマレボシ>エキストラエンドという評価をされているようでしたし、お見事です。

今回スタミナと、スピードという観点から見ても両方とも問われたのかなと思います。
だから…ダービーさんが言ってたことは半分当たっていて、僕が言ってることも半分だけ当たっていた決着だったのではないでしょうか。

例年通りの傾向を少し変えて、プラスアルファの予想をするのが正解でしたね。

2012/05/05 (Sat) 16:11 | EDIT | REPLY |   

ダービー  

いやいや、エキストラエンド軸の、トーセン、ベールド、カドマツ、アドマイヤの馬連だったので、縦目完敗です。
トーセンホマレボシが頭できたときは、的中ほぼ確信のエキストラの2着待ちだったのですが・・・
岩田騎手のあの位置取りで、あの時計なら力負けですね。

終わってみればディープ産駒の1~3着独占。ゼネラリストさんの仰ったように、血統よりも断然スピードが上回っていたように思います。
勉強になりました。
これからも、勉強させてもらいます。

2012/05/05 (Sat) 18:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment