FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

17
2012  02:30:12

オークス~血統分析編

【オークス】
★ジェンティルドンナ
ダウンロード
能力は疑いなし、桜花賞馬ジェンティルドンナ。
“距離”に関しては特に問題になるとは思わないが…問題は騎手。
岩田がNHKマイルCで失格、騎乗停止によってオークスでも騎乗できず。

オークスでは絶対的に後方待機不利。
ジェンティルドンナは恐らく好位~中団で競馬すると思われる。
そういう観点から恐らくオークスにおけるトラックバイアスは問題にしないだろう。
鞍上が川田に代わって後方待機するとは思えないし…後は折り合いの問題。
ルメールでも中々手こずっていた馬、それを川田が乗りこなせるだろうか。

オークスではこの馬の大跳びがかなり魅力的。
しかしながら乗り代わりが残念でならぬ。
どちらかというと一番人気で勝つタイプではなく、有力馬をマークして勝つタイプ。
今回はマークされる立場でどう競馬するかが焦点。
前走は意識的にジョワドヴィーヴルより前で競馬したのが功を奏した。
厩舎サイドの意向で桜花賞はマークする競馬をしたのか、岩田の判断だろうか。
これは騎手の性格・前例から後者の可能性が高い。
騎手が川田に変わってどう乗るか、マークされる立場でどう捌くか。
非常に難しい問題だ。


★ヴィルシーナ
img_433440_9067392_1.jpg
桜花賞では先行策から二枚腰。
その内容からジェンティルドンナよりも強い競馬をしたと考える人も多いはず。

今年の場合は桜花賞とオークスで大幅にトラックバイアスが変わらない。
器用さが活かせればジェンティルドンナとの逆転も十分考えられる。

自分の形に持ち込めば強いが、そうでないときはかなり脆い。
それはどの馬にも言えることなのでこの馬に限って言えることではないが…。

前走で今までのイメージを刷新させたのはジェンティルドンナ。
前走でいつもと変わらない競馬をして見せたのはヴィルシーナ。
ジェンティルドンナの意外な自在性に比べて、ヴィルシーナが差しに回った時はまだ未知数。
今回は鞍上内田の騎乗方法が最大の焦点になりそうだ。
前回と同じような競馬をするだろうか。

★ミッドサマーフェア
beaf56859e19cab2dbaa-LL.jpg
阪神条件戦圧勝、オークストライアル圧勝で俄然注目が集まるミッドサマーフェア。
前走の走りを見てこれは強い!と思った人も多いはず。
タイプ的にはヴィルシーナと共存しにくいだろう。



人気を背負うだろうこの三頭の評価はどれも似たり寄ったり。
ジェンティルドンナが走法的にオークスのイメージに近い。
ヴィルシーナの血統評価は魅力的な部分とネガティブな部分半々。
ミッドサマーフェアの状態はどうなのか、距離はどうなのか。
どれも問題点をそれぞれ抱えていて中々難しいところ。


以下はオークス好走馬別血統分析。
絶対的な血統の指標はオークスでは存在しないので、参考までに。

中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】
≪Never Bend型≫
2010年優勝馬サンテミリオンはゼンノロブロイ×ラストタイクーン。
母モテックはMill Reefのクロスが入った馬で自身もフランス中距離重賞勝ち。
割とスタミナ色が強く、東京2400Mに強い適性を持つMill Reefを強調した配合だった。
アグネスワルツはヘクタープロテクター(BMSでアドマイヤメインなど)。
ヘクタープロテクターはBMSにRivermanを持っているため、アグネスワルツはサンテミリオンと同様にネヴァーベンドを持つことになる。
忘れな草賞組のエリモエクセル、エリンコートもそれぞれ母系にRivermanあり。
近年のダービーでもネヴァーベンドを持つ馬の活躍が目立つ。
東京の長距離ではMill Reefなどネヴァーベンドを持つ馬に特に注意したい。
ローズバド~ローズキングダムもこの血の影響が強く、東京2400で2着の実績あり。
→ハナズゴール


≪アメリカ型≫
カワカミプリンセスは母系にSecretariat。
ベッラレイアは父ナリタトップロード、BMSはAffirmed。
二頭ともアメリカの三冠ロードを駆け抜けた馬で、これがスタミナの根拠になる。
この血統はタフなレースに強くハイペース志向な馬になる傾向。
カワカミプリンセスは後の宝塚記念で先行策を超ハイペースで粘る実績あり。
ベッラレイアは後々のスローに苦しみ、ハイペースの府中牝馬で復活した。
未知の距離だけに乱ペースになりやすいからこの手の血統が台頭する。
大体この手のタイプはデビューから意識して長めの距離を使われる。
→キャトルフィーユ(Key to the Mint)
→アイスフォーリス(Key to the Mint)
→ミッドサマーフェア(Graustarkのクロス)
→ダイワズーム(Seattle Slew)



≪Blushing Groom型≫
レディパステルはトニービン×Blushing Groom。
Blushing Groomと言えばレジネッタ、ホエールキャプチャ、ジェルミナル。
シンコールビーも父サクラローレルがBlushing Groomの系統になる。
4頭とも3着止まり、加えてテイエムオペラオーもダービーで三着。
ペルーサもそうだが、基本的には自分で動いてレースをまとめるタイプではない。
阪神外回り、桜花賞ではそれでも届くかオークスではそうはいかぬ。
故にオークスの方が器用さを求められる舞台と言って良さそうだ。
桜花賞好走のオウケンサクラもこの血統が入っており、オークスでは凡走。
となると…レディパステルの場合はトニービンのおかげとも言うべきだろうか?
→ヴィルシーナ(フレールジャック近親でBlushing Groom有)


≪Caerleon強調型≫
Fairy King×Caerleon、ノーザンダンサーを強調したラブカーナ。
レッドディザイア、ブエナビスタ、シーザリオなどがこのタイプに当たる。
ラブカーナの重苦しさは欧州的、サンデーサイレンスが入っていない影響か。
Caerleonの血は日本でもそこまで多くないため、今回も該当馬が少ない。
→パララサルー(BMSジェイドハンターにはCaerleon有)
→メイショウスザンヌ(CaerleonではないがNijinskyあり)



≪Nureyev型≫
ピュアブリーゼはドイツ血統の父に母系Nureyev、エイシンフラッシュと配合観点は同じ。
Nureyevはオークス開催時のタフな馬場には異常に強く、ダートも走れるタイプ。
フサイチパンドラ、トゥザヴィクトリーもNureyevがBMSでオークス好走馬。
桜花賞から巻き返してきたトールポピーもこの血が強いタイプ。
Danzigもこれに似た感じで同タイプの分類してもお差支えなさそう。
キレがあるタイプではなく持続的に脚が使えるタイプ。
後方待機では他馬と分が悪く、馬券圏内を期待するには好位からの競馬が理想。
Nureyevのクロス・トゥザグローリーもロングスパート勝負は異常に強いタイプ。
→ヴィルシーナ(先行押し切り得意)
→ジェンティルドンナ(Danzig的な走法でトールポピー同様京都得意)



にほんブログ村 競馬ブログへ
↑ランキング内にオークスのデータ1を掲載しておきます。
(0-0-1-44)で、全く買えないというデータです。


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑ランキング内にオークスの注目穴馬を掲載しておきます。
桜花賞組以外から穴をあけるには距離実績を強調するべきだろう。


≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事

 重賞予想

3 Comments

ポケ  

ジェンティルドンナは以前から桜花賞よりもオークスって言ってましたもんね。俺も川田が不安というのは同じ見解。ただ中段につけないとっていうのは個人的にはそうは思いません。でも川田なら中段から競馬するんじゃないですかね。早仕掛けで失敗しそうなイメージです。

2012/05/17 (Thu) 07:18 | EDIT | REPLY |   

ハーバードナンパスクール佐藤エイチ  

参考になりそうですね♪

2012/05/18 (Fri) 18:34 | EDIT | REPLY |   

あきら  

ここで単勝王氏の批判をするのは止めませんか・・・確かに単勝王氏は本人も認めて謝罪してる様に、過去に盗作の前歴がありますし、ハズレが続くとすぐに回収率をリセットして絶対に100%を下回らない、いかにも立派な良い回収率しか出してません。あそこの会員になられて被害にあい、文句を言いたい気持ちは理解できますが、ここはゼネさんのブログです。文句あるなら直接本人に言うか、2ちゃんに単勝王氏の批判スレがありますので、そこで不満の限りをレスすれば良いと思います。自分的にはあそこは見る価値がない、お金払ってまで入会する価値もない、どうでも良いブログだと認識しております。不満があるなら見るな・入会するなって事です。ゼネさん的にも、少なからず何らかのメリットがあるから付き合ってるのだと思うし、事情を全く知らない部外者がどうこう言うのは言語道断だと思います。本当にもう、ここでの単勝王氏の批判は止めて下さい・・・

2012/05/19 (Sat) 00:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック