FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

24
2012  00:12:12

宝塚記念~本命予定はエイシンフラッシュ

【宝塚記念】
成長続ける稀有なダービー馬
◎エイシンフラッシュ

img_668643_50734960_0.jpg
当馬はダービーのイメージが強いが、左回りで使える脚はまさに一瞬だけ。
昨年秋の天皇賞、JCと屈辱的な着差で負けたのはやはり適性の差だろう。

ダービー以降の右回りの成績は左回りの成績を凌ぐ。
右回りでのこの素晴らしい安定感こそがこの馬の本来の姿だと考えたい。

本馬の持ち味である持久力が活きるのは内回り、あるいは右回りの舞台だ。
昨年有馬記念で絶好調オルフェーヴル相手に食い下がり健闘した実績を高く評価したい。
昨年春の産経大阪杯、天皇賞、宝塚記念、冬の有馬記念と右回りでは全て馬券に絡んでいる通り実績十分。
ドバイWCは左回りの舞台、そこでは当馬も一瞬しか脚が使えないから大敗も十分に度外視できる。

やはりハイレベルな世代のダービー馬だけにそのレースの印象が強い。
それによって適性をそこに求めてしまうのは当方も皆さんと変わらない。
しかしながらダービー以前も皐月賞、京成杯と持続力のある一面を覗かせている。
当初は持続力タイプだと多くの人間が見ていたように、やはり本質はそうなのだと考えたい。
本格化前のダービーから成長を続け、本格化した今こそ本質を踏まえた適性を見せようとしている。
あの頃と比較して成長しているから、適性が本質に近づこうとしているのだろう。
適性、能力、完成度などが問われたダービー、それもハイレベルな世代の頂点を決める戦い。
それを制した、それも当時まだ未完成だったエイシンフラッシュが弱いはずがない。

ダービー馬が当時と姿を変えて、第一線に再び登場する稀有な例。
もしかして変わっていないのかもしれないけど、イメージを変えて登場する点はやはり珍しい。
右回りでこそ、という観点で当方は今年の宝塚記念はハイレベル世代のダービー馬に本命を託す。

絶好調宣言で強気なウインバリアシオン陣営。
順当にいけばこれが本命なのだが…
2400M以上で強さを見せているだけに、この若干短い距離ではどうでしょう。
3着以内に来る可能性は高いだろうが、何かに足元掬われて取りこぼすと読む。
その掬う馬こそが…エイシンフラッシュであれば良し。


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑宝塚記念の注目馬1。

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑宝塚記念の注目馬2。

明日予想印に加える予定の二頭です。
朝まで待てないという人はどうぞ!
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

2 Comments

-  

ゼネさんの本命の的中率なら8割こえてる(笑)

2012/06/24 (Sun) 01:35 | EDIT | REPLY |   

腰痛・・・  

仕事で土日の休みがなかったのと、
オークス以降、負けっぱなしで競馬資金が無かったのも
あって久々に来てみたら凄い展開になっていててびっくり
しました。
前期マイナスを取り返す逆転ホームランを狙って今から勉強
開始です。

2012/06/24 (Sun) 01:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment