FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

27
2012  12:18:29

【スワンS】 世代チャンピオンの復活 ◎グランプリボス

【スワンS】
世代チャンピオンの復活
◎グランプリボス

スローに落としたいテイエムオオタカ。
近二走は控え気味、だがコメントから察するにハナに拘りたいゼロス。
ペースはスローとも、ハイペースとも想定できる。
どちらかと言うと…スローだろうか。
過去のスワンSから察しても、大体34秒台半ばが前半の流れとしては主流。
スロー想定で話を進めたい。

三歳馬レオアクティブの前走時計、末脚は確かに脅威だが、この馬の好走レンジは割合狭い。
この馬の脚を封じるには、例えば新潟や中山だと確かに困難に思えるが、京都・東京ではそうは思わない。
血統的にBMSオペラハウスの色少なく、父アドマイヤムーンのエンドスウィープ色が濃い。つまり、ダート色が強くハイペースに強いレオアクティブは欧州色が強くなる淀では不発に終わる可能性を考えたいのだ。

本命はグランプリボス。
前走毎日王冠は先行策。味のある競馬であわやの展開を作った。
シルポートを潰す役目だったとしても、改めてその高い能力を確認した一戦。
スワンSでも同じような競馬が出来れば好勝負可能と見たい。
“スワンSポジション”なるものが存在するなら確実に3、4番手の先行集団。
スロー想定でそのポジションを確保出切ればきっと勝負になる。
その辺りは内田騎手がペースを読んで位置取りを臨機応変に変えてくるだろう。

それでもスローじゃなくて、ハイペースを希望したい。
前半33秒台の消耗戦になればこの馬の適性のバッチリ合う。
そうなるとレオアクティブもついて来るわけですが…
とにかく、ゼロスが競馬を壊してくれることを期待したい。

仮にハイペースだとしたら、穴としてレッドデイヴィスの復活に期待したい。
前走は上がり最速、調教も一週間前はよく走っていた。
当方が過小評価していたメンディザバルも修正、乗り代わりもプラスに考えたいところ。


≪結論≫
◎グランプリボス
○レオアクティブ
▲レッドデイヴィス
△アドマイヤセプター
△ダノンシャーク
★カネトシディオス
(自信度D)


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑天皇賞本命馬はこちら。

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑天皇賞穴馬はこちら。
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment