FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

11
2011  02:32:31

CBC賞

『阪神開催のスプリントレース』
今年行われた高松宮記念を除いて、阪神開催の多くのスプリントレースは瞬発力勝負に持ち込まれる傾向にある。
GⅠの流れは全く別物だとして、GⅢクラスになるとそのデータ上の傾向そのままを踏襲する形になるだろう。

逃げるであろうヘッドライナーは多くの人が抱くイメージとは全く別の競馬をする。
ヘッドライナーは派手に逃げているように見せかけて、ペースをしっかり落としている。
見た目とは裏腹に老練たる逃げを図るヘッドライナーのペースに乱される馬は多い。
このヘッドライナーのギャップと阪神スプリントの特性を理解したうえで馬券を検討すべきだろう。


では、スローのスプリント戦はどのような血統が台頭するのか?


抽象的に言えばスピード×スタミナのバランス配合だ。

一番人気想定、プリンスリーギフト×Key to the Mintのダッシャーゴーゴーは勿論外せないところだろう。
スピード一辺倒の配合でないところがこの馬の良いところだ。




【CBC賞本命候補】


重厚な血統、Lyphardのクロスからベスト距離はスプリントではないのだろう。
だが阪神スプリント、スローの展開ならむしろ1400ベストくらいの方がいいと思われる。
なにより母系のロベルトから坂のある阪神コースの方が向いているので前走は度外視。
阪神>京都のコース適性、スローのラップが経験をカバー、好走を後押ししてくれる。



【CBC賞危険な馬】
人気ブログランキングへ

直線平坦でしか走れない典型的なプリンスリーギフト系。
前走強襲は適性によるもので、今回は評価急落。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment