FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

08
2012  12:26:09

【朝日CC】自慢の豪脚再び◎ヒストリカル

【朝日CC】
自慢の豪脚再び
◎ヒストリカル

前走・カシオペアSがどう見てもワンランク上のレベル。
そこを最後方から追い込んできたヒストリカルは4着とは言え実力・末脚共に光る。
コース取りの差もあってリルダヴァルに二馬身の遅れを取ったが、それも差しが決まる阪神が舞台なら十分逆転できる。
“ディープの庭”とも言えるこの舞台設定を大いに味方につけて、復活の重賞勝利といきたいところ。
抜群の調教、強気の調教師の発言から察するに超勝負気配。
昨年同厩レッドデイヴィスで制した同舞台、音無師の調教適性からもここは信頼できるはず。

≪傾向分析≫
サンデーサイレンス×ノーザンダンサーの配合が阪神外回りでは強い。
特に持続力が問われる競馬場、展開だけにこの配合は要注意。

本命ヒストリカルのBMSノーザンテーストはこの競馬場が大得意。
ノーザンテーストがあまり得意としない京都であれだけの競馬が出来れば、阪神なら更にやれる計算。

フレールジャックはマイラーではなく、もう少し距離があったほうが良いタイプ。
近親ヴィルシーナを見れば分かるように、距離は2400辺りでも全然問題ない。
菊花賞の印象が悪すぎたせいで、どうにもマイラーの烙印を押されがち。
昨年菊花賞惨敗からの参戦で4着。今年は仕上げ良好で躍進十分狙える。

持続力と言えば、グレイソブリン系統はその代名詞的存在と言える。
母父コジーン・サンレイレーザーの躍進に期待。
母父トニービンのネオヴァンドームはどうも京都>阪神だけに見送り。
本質はやはり小回り、捲くれる競馬場でないと持ち味は活きない。

“庭”と言えば、この競馬場を圧倒的に得意としているグラスワンダー産駒。
しかし、グラスワンダー産駒シルクアーネストは意外にも軽い馬場の好走歴が目立つ。
戦績から察するに、意外にもパワーが問われると厳しいタイプか?ここは消し。

デルフォイは得意の阪神に舞台を移す。
前走はペースが速くレースの流れに全く乗れず度外視。
スロー想定のここならチャンスあり。今の阪神の馬場も味方するかも。

≪結論≫
◎ヒストリカル
○フレールジャック
▲デルフォイ
△サンレイレーザー
△トライアンフマーチ
★リルダヴァル
(自信度B)


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑阪神JF注目馬1はこちら。

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑阪神JF注目馬2はこちら。
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

1 Comments

管理人代理  

惨敗でした。

2012/12/09 (Sun) 12:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment