FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

03
2013  12:32:36

【弥生賞】◎コディーノ

【弥生賞】
◎コディーノ

本番を前に今年のクラシックの主役を張るであろう二頭が激突。
前走で情けない姿を見せたものの、建て直し軽量化したキズナを加えての三強対決。
いよいよ春の蹄音が響いてきそうなレースに直面している。

その中でも前走はハイペースで引っかかる場面を見せたコディーノ。
それまでのキャリアがいずれもスローからの瞬発力勝負だったことからも本番では経験不足を露呈。
ローズキングダムと酷似した血統から考えるとやはりスローペースが本質的に合っているはず。

例年弥生賞はスローペース。
本番皐月賞がハイペースでタフな展開になるのと比較すると、どうしても直結しにくいレース。
ということは…コディーノは本番皐月賞で見据えず、ここで全力買いするのがベターだという結論。
舞台が中山でも、スローペースでならエピファネイアに勝てる可能性は十分ありと見た。
横山典弘にとっても朝日杯の失態から、ここは落とせない一戦のはず。
負ければ結果だけを追い求めてくるドライなオーナーサイドから乗り代わりの通達が届くという事態は十分考えられる。
ここはベテランの崖っぷちの状況にも期待したいところ。

結局のところサンデーRのエース格はこの馬の様子。
リヤンドファミユの骨折、計算が大いに狂ったのだろうと推測。


前走から軽量化したキズナは恐らくマイナス体重の出走。
仮想ショウナンマイティみたいな末脚だから、小回りは向いているはず。
どこまで末脚を長く引き出せるか、名手武豊の手腕に大いに期待したい。
巻き返しに期待。

ヘミングウェイはヴィクトワールピサと同配合。
ただ、あそこまで大物感があるかと言われれば…。
ヴィクトワールピサの馬体の雄大さとヘミングウェイのコンパクトな体型。
それらを比較すると、後者には距離の限界があるかもしれない。
ただ、コーナーの上手さは血統の素地そのまんま出ている印象。
中山も向くはずだから消すまではいかぬ。
シンザン記念しか見ていないから判断つかない部分も多い。

中山大得意なダービーフィズも見逃せない。
人気ないが、基本的にパワータイプ。
権利獲りで直線まで我慢させて3着狙いの可能性十分ある。

≪結論≫
◎コディーノ
○キズナ
▲ダービーフィズ
△ヘミングウェイ
△エピファネイア
★サトノネプチューン
(自信度C)


にほんブログ村 競馬ブログへ


にほんブログ村 競馬ブログへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

0 Comments

Leave a comment