FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

29
2013  14:24:07

NHKマイルC展望~失意の天皇賞・春回顧

【NHKマイルC】展望
失意の天皇賞から、今週は超難解NHKマイルC。
ダイワメジャー産駒がここぞとばかりに大挙して一体どれを買えばいいやら。
今週大いに頭を悩ませるレース。

近年はグランプリボス、カレンブラックヒルというノーザンF出身馬が一番人気に応えて快勝。
荒れるイメージは確かに強いが、一番人気がここ三年は三連勝中。
連絡みも決して荒れているわけではなく、人気サイドの決着が続いている。

一番人気が予想されるエーシントップの信頼度はどのくらいか。
重賞連勝中で、既に重賞三勝の実績はメンバー随一。
先行できる脚質で今の東京も不安はなさそうに思えるが…

栄進道は“賞金稼ぎ”というイメージがどうにも強くて強くて。
本当にここメイチで臨めるのか、という疑問点は残る。

というわけで本命予定馬は↓の馬で。

にほんブログ村 競馬ブログへ
≪馬名はランキング内表示≫
前走はGⅠクラスの馬と対戦。
結果を残してこのレースに臨む。
一週間前の追い切りでもパートナーを煽る強烈デモ。
鞍上含めて好走出来る可能性大。


にほんブログ村 競馬ブログへ
↑NHKマイル注目馬はこちら。
立て直しに成功出来るか。
府中得意で血統構成◎。

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

【天皇賞・春】回顧
ゴールドシップと当方も、ぐうの音も出ないほどの“完敗”。
当方の“大口投資”(僕にとっての大口で一般的には少額)馬券は無残にもJRAに回収されてしまった。
昨年のオルフェーヴルを彷彿とさせるようなゴールドシップの不発劇。
不沈艦の黄金船が、まさかの沈没…いやいやまだまだ座礁だと信じたい。
フェノーメノ陣営がゴールドシップに対して“白黒つける”と戦前に通告し、実際に有言実行出来たのは賞賛に値する。
陣営の執念と、負かす為の策を講じた結果が実った。お見事、フェノーメノ陣営。
20130428-00000010-spnavi-000-2-view.jpg


サトノシュレンが後続惑わす絶妙逃げ。後続集団のスロー競馬から、求められたのは体力よりも“速くて長い脚”。
トーセンラーが京都記念で記録した高速4Fラップ、フェノーメノがセントライト記念で記録した11秒台の連続ラップ。
まさにこれがそのまま求められたようだが、ゴールドシップの昨秋から続く連勝劇にはそれが見られなかった。
“経験の差”と言ってしまえば、それまでだが…どうしてもこの距離だから、スタミナに焦点を向けてしまった。
最も目を向けるべきだったのはこの4Fをどれだけ速く駆け上がれるのかだったはずで、それは昨年、一昨年と学習したはずなのだが…なぜ産経大阪杯組がこのレースと相性が良いのか、その論理は頭に残さなかった。

ゴールドシップ本命の選択は当然のもので、“後悔あり”とは思わないし、例え上記の論理を最重要視したとしても、本命はゴールドシップだったと確信している。
トーセンラー・レッドカドー評価までの過程も十二分に提示出来たし、“自信度A”には相応しい内容だったはず。
しかしながら、勝負に負けたのは事実。結果を出せなかったのも事実で、これはもう当方の責任。
自信度Aで送るレースで負けたのだから、それに対する批判は甘んじて受け止めたい。

次回の“自信度A”は恐らく宝塚記念を予定。
当然、当方もゴールドシップもこのままでは終われない。結果が欲しい。
DAR12-Kheleyf-web-static-banner-31-DEC-Homepage-EU_42.gif


にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック