FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

19
2013  12:35:00

【オークス】 ◎デニムアンドルビー

【オークス】
◎デニムアンドルビー

フローラS後は最初からオークス出走が規定路線であるかのように早い段階で調整開始。
恐らくフローラSはガチ仕上げというわけではなくて、余裕残しだった可能性高い。
“角居さんとこのは相当ハードに追ってる”という情報通り中間は桜花賞組より中身濃い調整。
3歳牝馬でこれだけ追う馬も珍しいという印象で今回のメンバーでは随一の内容。
フローラSで見せたロングスパートはまさに近親トゥザヴィクトリー~トゥザグローリーのライン譲り。
毎年厳しい流れからロングスパート問われるオークスは絶好の舞台。
凱旋門賞登録も、やはり期待の高さの表れか。本命はこれ。
Denim and Ruby 1


≪短評≫
◆レッドオーヴァル
ミルコ・デムーロのインタビューではどうやら“使える脚が短い”という話。
大体300Mくらいしか速い足を使えないようなので、一線級相手だと勝ち切れないタイプ。
今週最終追い切りでは坂路ではなくCW追いを敢行。
使える脚と距離を意識してメニュー組み替えを行った模様。
“付け焼刃”になるか、それとも“慧眼”となるか。


◆エバーブロッサム
スピード、能力は非情に高い。
調教も特に言うことなく、良い仕上がりだと思って良い。
ただ、前走は勝ち馬とは明確な差あり。
馬具を変えて挑むらしいが、どこまで。


◆ローブティサージュ
新生シルクの看板ホース、2歳女王。
“体の細さが気になる”という情報あり。
中間の調教も満足のいくものではなかったのも、やはり帰厩から遅れたのが原因。
調整失敗の情報もチラホラあるので買い辛い一頭。


◆クロフネサプライズ
桜花賞はハイペースもあったろうが、チューリップ賞のケアに時間を割いたのも敗因。
反省踏まえて桜花賞後はすぐに乗り出して、中間豊富に乗り込んで最終週だけ輸送考慮の一本余裕残しで調整をフィニッシュ。
桜花賞後から意欲的に追われて万全の状態で出走できる。
中間の武豊の弱気コメントは“意図あり”の可能性あり。
論理的に考えて逃げ馬が強気なコメントしても損なだけ。


◆アユサン
桜花賞はマイナス12キロ。
オークスから中間は体を回復させる為に一旦太目状態に。
最終追い切りでは流石に減らして、好内容の調整だっと言えるはず。
アルテミスSの末脚は素晴らしかったし、スピードを感じるので府中歓迎。
走り方はマルセリーナ似。でも馬体のスケールは完全にこちらが上。


◆セレブリティモデル
“デビュー当初からここが目標”とインタビューで答える陣営。
近親マンハッタンカフェ、大跳びでいかにもスタミナがありそうに思える。
今年に限っては頼りなく映る桜花賞組、別路線からの台頭の可能性十二分。
しかし、スピード不足は陣営が認めるところ。流石に厳しいか。


◆メイショウマンボ
主戦武幸四郎はオークス向きというジャッジ。
前走は体全体をうまく使えず、消化不良での敗戦。
ただ、母系グラスワンダーはどうも…。


◆サクラプレジール
今週坂路一番時計。
休み明けだけあって豊富な調教量。
あえて“桜花賞を使わなかった”という陣営。
休ませてパワーアップさせた効果が出たとのことで期待出来る。
前走は、あえて外をずっとまわるロスのある内容で直線向くときも外をまわった。
先行していたのに好位差しの形になったので表面的には平凡だが、中身の濃い内容。
キャリアは浅いが、魅力あり。


≪結論≫
◎デニムアンドルビー
○クロフネサプライズ
▲サクラプレジール
△レッドオーヴァル
△アユサン
★エバーブロッサム
(自信度C)


にほんブログ村 競馬ブログへ


にほんブログ村 競馬ブログへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想