FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

29
2011  14:36:17

小倉記念

【小倉記念】

7月ラストを飾る小倉記念、ここで当てて気持ち良く終えたいところだ。
今回は最後なのできっちり準備をしたうえで回答を導こうと思う。
終わりよければなんとやらだ。


①馬場
まず開幕週とは言え、改修や震災の影響のせいで使い込まれた小倉の馬場だ。
その小倉競馬場を、微細であろうとも変化を読み取る必要があるだろう。
差し馬場なのか、先行有利な馬場なのか。

現時点では、小倉競馬場がいくら使われても開幕週にボロボロになって出てくることはないと想定している。
時計が出て開幕週らしい芝、まずそんな馬場状態だと思った方が良いだろう。
きっと馬場造園課の技術には恐れ入る、と思わされるはず。
んじゃ小倉記念前残りですね?と言われたらそれは僕はちょっとどうかと思う。
洋芝ならそういう方向性で話を進めるけど、夏の小倉は完全な野芝だからだ。
安易に「コース代わり・開幕週≒前残り馬場」だと想定するのは感心しないな。


②状態
夏だから馬の状態はかなり大事なのだと思う。
個人的な経験則から夏競馬は秋や冬と違って体調の変化がかなり影響してくると思う。
というわけでいつにもまして調教を深く見ようとも。
調教の微細な変化をどう解釈するか、これに尽きる。

とりあえず今週はかなり調教馬場が良いから時計はかなり出てる。
時計がかなり出ていると言うことは調教掛けしていない馬も調教掛けしているように見えてしまう。
そして今まで不振だった馬も急な復活をしてしまう可能性も考慮しなければならない。
今までの不振は度外視して…くらいに考えた方が良い。

要するにヤマニンキングリーやサンライズマックスあたりが一変してる可能性も十分考えられる。


③レース質
小倉記念がどういったレースかを調べてどういったレースか理解する必要があるだろう。
レース質の想定と現実が乖離しないように、入念な想定をしなければならない。
これが恐らく三点の中で最も重要な要素だと思う。

小倉記念はとにかく長い脚が使えるか、底力があるかが焦点になりやすいレースだ。
つまり、どういう条件でその馬のスイッチが入るのかを理解して馬券を構築した方が良い。



月並みだけど以上、三点を踏まえて予想を展開しよう。

よし、今週は儲けさせてやるぞ~。
(この発言は大口叩いて自分を鼓舞している僕の弱さだと解釈した方が良いな)
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想