FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

07
2013  22:32:56

【エリザベス女王杯】好調教馬はこれ!

【エリザベス女王杯】

【↑エリザベス女王杯の好調教馬はこちら】

大変申し訳ないが一つ訂正を・・・前回の記事で取り上げた危険な人気馬。
理想通りとも言うべき時計を今週の最終追い切りで見せてくれました。
中間の調教では全然動かないなと思っていたら、最終追い切りの内容が抜群。
この内容は、いわゆる勝負調教に該当するものだと考えています。
ですので訂正させて頂きます。危険な人気馬は取り消しさせて下さい。
最終追い切りでアテが外れました。

逆に・・・人気馬の二頭、この調教内容はどうしたものか。
中間、どちらも芳しくない。どうやら前走の反動が・・・?
目論みが大いに外れたと言っていいだろう。これは◎は打ちにくい。

メイショウマンボは基本的に内回り向きという感じ。
京都は特別良く走るタイプなので消しはしないが、過信は禁物。
大跳びだが割と器用な馬で、ポジショニングが非常に上手い。
オークスは東京だが、基本的にポジショニングが上手い馬の方が強い。
エリンコート&ピュアブリーゼの活躍だったり、割と器用なタイプの方が強い。
東京で勝っているからと言って、外回り得意という論法にはなるまい。
インコースが伸びやすい馬場なら、府中は基本的に小回り向きの馬の方が強い。

外回りに変わってプラスになると各所で言われているが、それはどうだろうか。
この馬はブエナビスタやスイープトウショウのような強力な決め手があるタイプでではない。
配合的にも、モデルはスティルインラブに非常に近いと思われる。

京都は逃げ先行も決まるように、決して差し優勢の馬場ではない。
したがって、外回りでもある程度小回り適性も問われるのでそれほどマイナス材料ではないが、直線が長くなるのは事実。外回りならガス切れ、取りこぼす可能性は高いと見る。
pog13051915530008-p7.jpg

デニムアンドルビーはロングスパートが出来るタイプ。
近親トゥザグローリーもそうだったが、Nureyevの影響が非常に強い牝系。
11秒台の時計を連発するラップに強い、高速ラップでのロングスパートが持ち味。

外回りなので前回のような強引な競馬はしなくて済む。
とは言っても行き脚がないので道中相当後ろから競馬するだろうし、そこから一気に捲くるスタイルは変わらない。
使える脚は長いが、やはりポイントは仕掛け所。逆転の余地はある。
pog13042115590008-p2.jpg



ラキシスはディープインパクト×ストームキャット。
キズナ・ヒラボクディープとの同配合。全弟は今年の新潟デビューで快勝した素質馬サトノアラジン。
ラキシスには母系にNijinskyが入っているのでキズナに比べてキレよりも持続力に特化したタイプ。
前走の勝ちっぷりは素晴らしいが、レースレベルは少々懐疑的。
昨年のピクシープリンセスとの前哨戦比較ではやはり劣る。
血統・厩舎の力でどこまで戦えるかだ。

ディアデラマドレは余りにもキレがありすぎて逆にそれが不安。
キングカメハメハはパワータイプの種牡馬。母がビッグネームの方が成功しやすい傾向あり。
その理由は恐らくスピード。ローズバドやエアグルーヴなど、スピードのある牝系との相性は抜群。
自身が持つパワーとの相性が抜群でバランスのいい競走馬が生まれる。
ディアデラノビア自身も非常にキレがある馬で、まさにそんな母と似通う感じの馬。
だからこそ、このスタミナ・持続力が問われるこの2200Mの舞台は不安。
デニムアンドルビーの早仕掛けで、漁夫の利を得るならこういうタイプだろうが・・・?

オールザットジャズは角居師が積極的な競馬をすると断言。
前年も積極策であわやの5着と内容は十分。能力的にもここは上位の存在明らか。
ダーレーのファーストジョッキー、バルザローナの手腕に期待したい。


【↑エリザベス女王杯の好調教馬はこちら】
※馬名はランキング内にて発表します。
相当ハイレベルな戦いをした二走前。
これを超えるレベルの前哨戦は恐らく京都大賞典のみ。
戦績から察するに恐らく京都・あるいは直線平坦の小回り向き。
3歳時に京都で圧勝歴がありコース適性は問題なし。

今回は最終追い切りは55.0-39.1-25.3-12.6。
前走最終追い切りは52.6-38.0-24.7-12.7。
今回は一週間前に53.2-38.6-25.2-12.9。
前回の一週間前は52.2-38.5-25.7-13.2。

今回の調教内容に非常に満足しています。
前走は中間・最終追い切りと相当速い時計を出したという点から考えて、ヤラズ濃厚。
前走はやはり休み明けの叩きに使っただけか。
今回は最終追い切りで自重したのを見るに、状態は抜群に良いと思われる。


にほんブログ村 競馬ブログへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想