FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

13
2013  22:19:31

【マイルCS】強い調教をしても絞れない・・・脚元に不安あり!?

【マイルCS】
今日は有力どころの解説・・・その前に、お礼の言葉を。
沢山の方々にクリックして頂いて、現在人気ブログランキング15位前後まで浮上しました。
毎日毎日、応援のクリックして頂いて本当にありがとうございました。非常に励みになっております。
これからも、当ブログをよろしくお願い致します!

『マイルCS情報馬③』

↑○○○○○○○は今週水曜日に行われた最終追い切りでは、全体53.5~終い13.2と全体で速い時計マーク。
目立つ時計とは言いにくいが、馬場レベルを考えれば、及第点を与えられる数字だろう。
一週間前一杯に追われて4F52.2-25.3-12.9。不調期に見られた特徴的な時計は本追い切りで見せていない。
春の敗戦は度外視できる。絶好の状態で臨めるだろうし、今回は馬券から外せない一頭になりそうだ。
馬名はバナーをクリックして確認して下さい。


『マイルCS情報馬④』

↑○○○○○○○はどうも脚元に不安があるようで、牧場では仕上げることが出来ないらしい。
昔に比べて中間に速い時計を出す本数が少なくなった。
三週連続で速い時計を軽々出していた昨年に比べて明らかに調教が充実していない。
今回は一週間前に追い切りでしっかりと追ったということは・・・まだ体が緩いということ。
乗り込み不足で、基本的に追い切りで絞るケースはこの厩舎の危険パターン。
“牧場で十分に乗り込んで、後は厩舎で整えるだけ”が好走パターンなのに、今回は牧場では乗り込めない状態で、厩舎で強い追い切りをせざるを得ない状況。
体はまだ緩めで本調子ではない状況、これは買い辛いだろう。
馬名はバナーをクリックして確認して下さい。


グランプリボスは今回鞍上を務めるクリストフ・ルメールが相当手応えを掴んでいる様子。
折り合いに関しては非常に上手い騎手。近走の敗因が気性難なので、ルメール手配はピッタリ。
ただ、今週の最終追い切りは全く動かなかった。一週間前はよく動いたと思うが・・・さてさて。
昨年ほどの勢いはないが、注意必要という感じか。
ope13042115460006-p1.jpg

ダイワマッジョーレはハイペースに疑問符が残る馬。
ここもスローペースなら・・・という感じだが、昨年ほどのスローになるものか。
なんと言ってもこの馬はハイアーゲームの下だけに適性は近いものがある。
速い上がり勝負には強いが、それ以外だと脆い。
61c85b20e631377fea22-LL.jpg

サダムパテックは基本的に追走する脚がない。
中距離でも置いていかれるくらいだからテンの脚は遅い。
スローペースからの末脚勝負が向くが、そこまでキレもないのでなかなか勝ち切れない。
昨年はスローペースでこの馬にとって展開が向いた。
今年もスローなら再度期待出来るが・・・?ハイペースなら届かないのでは。

ドナウブルーは明らかに昨年よりも力を落としている。
これは皆さんのイメージ通りの馬で、明らかにスロー向きで速い上がり決着が得意。
昨年よりペースが流れたVMで着順を落としたように、適性はスローからの末脚勝負向き。
今回、コパノリチャードが前半35秒台で逃げるなら可能性はありそうだが・・・
カレン・リアルがいる今回はGⅠらしく前半33秒台は可能性として高そう。


今日はここまで。続きは金曜日にでも。明日は東スポ杯2歳Sの展望を予定。
ラングレー・サトノアラジン・イスラボニータと素質馬が激突。非常に楽しみ。
【応援クリックお願いします!】
にほんブログ村 競馬ブログへ


にほんブログ村 競馬ブログへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想