FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

28
2013  10:23:10

【JCD】危険な人気馬②~状態不安

【JCD】
勝ち馬、のみならず好走馬は概して来年のフェブラリーSでも好走する傾向あり。
当レースは来年のフェブラリーSに通じるという観点から、『阪神D1800≒東京D1600』という論理が罷り通っても不思議ではあるまい。来年のフェブラリーSで好走しそうな馬をチョイスするという手法も、一つの手。

例年、フェブラリーSのレースペースは前半34秒台、前半5F58秒台というハイペース。
対する同舞台開催の武蔵野Sは前半35秒台、5F60秒台というやや遅めのペース。
『フェブラリーS≠武蔵野S』という論理が例年成立してしまうのは、明白にレースペースが原因だと考える。
しかし、今年の武蔵野Sは『34.7-36.4』という例年以上のハイペース。
前半5F58.9、良馬場1:35.3は非常に優秀なタイムで評価に値する。
例年馬場が渋ればこれくらい速いタイムが出るのだが、今年は良馬場。
時計が掛かっていた点を踏まえれば今年の武蔵野Sは特筆すべきものだったろう。
今回のレースは勿論のこと、来年のフェブラリーSもベルシャザールに注目したい。
53c4900a.jpg

不安点があるとするならば、“持ちタイム”。
キャリアが浅い馬なのでまだ何とも言えないが、この馬はD1800の持ち時計が1分50秒台を切ったことがない。
ブラジルCの時計は不良馬場で“2:08.3”と非常に速い為に杞憂に終わる可能性は高いかもしれないが、当該距離ではない点は大きい。不安があるとすれば、この経験の差。
当該距離で持ち時計がない馬が殆ど凡走しているJCD。
例年1分48~9秒台の決着になるレースだけに持ち時計は絶対に必要な要素。
高速決着への対応力はいかに。



【↑JCDの危険な人気馬②】
放牧先から帰ってきてから、どうやら体が減っていた様子。
強い調教を課したの今週の最終追い切りのみで状態不安は隠せない。
順調度を欠いており、厳しい戦いが予測される。


インカンテーションは持ちタイムを前走で更新。
好走するための要件は、やはり49秒台の時計を持っているかどうか。
前走で時計をつめることが出来たのは収穫。
勝ちに等しい内容だった前走は高く評価してみたい。

クリソライトは最終追い切りで55秒6、ラスト1F12秒6という物足りない時計。
陣営はこの時計に不満を抱いており、前日に追加で一本速い時計を課すことを決めたようだ。
休み明けだった前走。使った上積みはあるだろうし、前走よりはマシな競馬が出来るはず。
後は持ち時計がどうかだ。長い距離はこなせるだろうが、スピードが問われる舞台では・・・?

にほんブログ村 競馬ブログへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
【ご意見・感想はこちらまで↓】
fixedkeiba@yahoo.co.jp
https://twitter.com/GeneralBallet
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想