FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

12
2013  23:36:07

【朝日杯FS】異色のルートから参戦~取捨選択は・・・

【朝日杯FS】
牡馬はこれといった馬がまだ出てこない。
トゥザワールド、トーセンスターダムら良血馬の走りがやや気になる程度。
それでも、二頭とも将来的に、血統的観点から頭打ちする可能性は非常に高い。
クラシック路線は大混戦。年明けデビュー馬にも十分チャンスはあるはず。

今年は二頭、特殊な路線から参戦。
ダートから転戦のアジアエクスプレス。
ファンタジーSから参戦の牝馬ベルカント。
どちらも買い辛いが、今年に限って言えばどちらも馬券対象の可能性は低くはないだろう。

アジアエクスプレスはダートで二戦二勝。
前走で騎乗したライアン・ムーアが芝でもやれるとコメント。
父Henny Hughesはストームキャットの系統、日本で芝の重賞ウイナー・ヘニーハウンドを輩出。
母父は日本でも馴染み深いCozzene産駒Running Stag。
二走見る限りスピード・パワー申し分なく、能力は相当高い。
「やってみないと分からない」が第一声だが、陣営の評価は非常に高い。
20131123-00000004-kiba-000-1-view.jpg

ベルカントはサクラバクシンオー産駒。
阪神JFはタフなコース、それを嫌って中山マイルへ参戦。
中山マイルだが、1400M実績が重要なコース。
阪神マイルのように中距離適性が求められる舞台よりかは適性がありそう。
今年は見た感じ牝馬の方がレベル高く、牝馬が制しても驚かない。
pog13110915570012-p1.jpg

どちらも勝算なしには参戦してこないだろう。
アジアエクスプレスは全日本2歳優駿目標も出走できずだが、その割にはここに対する手配が早い。
ベルカントは早々とここ参戦を表明していたように、陣営が馬の適性を十分に理解してのもの。
今年のレベルだとどちらかが割り込んでくるはず。


【↑朝日杯FS危険馬】
速いペースの経験なし。前半3F33~34秒台という厳しいペースに対応出来るか。
短距離路線の馬が台頭するレースだけに、その辺も不安。

にほんブログ村 競馬ブログへ

≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想