FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

25
2014  13:32:17

【オークス】◎ハープスター

【オークス】
◎ハープスター

三歳牝馬の頂点を決めるオークス。過酷な府中2400Mを走りきる精神力が問われる。
体力は勿論のこと、長い道中をいかに誤魔化すか…という気持ちの面での強さ。
オークスで最も重要視される要素なのではないか。

健全な精神は健全な肉体に宿る。
ハープスターの走りにかつてのブエナビスタを重ねて見てしまう。
しかしながらデビュー戦は1400M、母父ファルブラヴ。
本質的に何かが違うのではないか、という直感はやはりスピード感。
ハープスターはブエナビスタのそれを凌ぐ感があり。
一方では自在性であったり、体力であったり…複数の要素で見劣りしてしまう。

イメージとして既に完成されたブエナビスタを思い浮かべてしまい、現時点でのハープスターとのイメージを比較対象にすることは全くのフェアとは言い難い。しかしながら、3歳時点で既にブエナビスタの方が重厚な走りをしていた覚えあり。
ブエナビスタがNijinskyを基調としたノーザンダンサー血脈だとして、ハープスターはLyphard×Fairy Kingといったようにスピードを基調としたノーザンダンサーをルーツに持つ。
そこの違いを、実際の走りからどうしても感じてしまわざるを得ない。

断然ムードに水を差す結果があるとすれば、血統的要因から見ればやはり『距離』だと決め付けざるを得ない。
実際、松田博師も“これで負けたら距離のせい”と談話を残しているだけに不安材料があるとすればそこ。

では、ハープスターの末脚を凌ぎきれるだけのスタミナを有した馬がいるのか…と問われれば、回答に窮す。
例えばバウンスシャッセなどは中々スタミナがあるように見えるが、例見ない臨戦過程。
加えて高速馬場でどういった競馬を展開出来るかといった不安要素もある。
スタミナという点では確かにおもしろい存在ではあるが、オークスもそれだけは乗り切れまい。

頭を取る可能性に少しばかりの影を残す。
しかし、複勝圏内という点においてはハープスター以上に信頼できる馬はいない。
ここまで全5戦のキャリアで見せたパフォーマンスは他のどの馬にも追随を許さない。
圧倒的な末脚の破壊力、府中が舞台で外差しが決まる今の状況は同馬にピッタリ。
距離に対する不安も終わってみれば・・・という結末だろう。書いておいてなんだが、杞憂に終わりそうだ。
二冠達成への期待感。ハープスターに◎を託す。
pog140309031600.jpg


相手筆頭はヌーヴォレコルト
母父がNureyevの系統だけにこれはオークスでも揺るがない存在。
距離延長問題なし。これぞハーツクライ産駒、という走りを府中で期待したい。
社台F期待の馬のようで、大事に大事に使われている印象。
ノーザンF陣営が今回は相当強力布陣故に、社台側としてはこの馬が実質の総大将。
岩田得意の徹底マークでハープスターを脅かす。
etc1405201140000.jpg

三番手には前走惨敗したフォーエバーモアの巻き返しを期待する。
前走は全く競馬にならず。輸送の影響で調教弱く、状態もイマイチだったはず。
今回は特に状態が良いようで、調教でも相当動けている。
鞍上が蛯名正義なら府中でソツなく競馬を展開してくれるはず。
持ち前の器用さを武器にハープスター、ヌーヴォレコルトに立ち向かう。
139210372166450673228.jpg


≪結論≫
◎ハープスター
○ヌーヴォレコルト
▲フォーエバーモア
△マジックタイム
△バウンスシャッセ
★サングレアル
(自信度A)




にほんブログ村 競馬ブログへ
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ








関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想