FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

07
2011  10:49:58

関屋記念

【関屋記念】
◎セイクリッドバレー
○エアラフォン
▲スズジュピター
△レインボーペガサス
★マイネルクラりティ


本命セイクリッドバレーの新潟適性を重視したい。
底力溢れる血統とその中身は決して乖離していない、マイルは短しと言えど中距離経験が活きる舞台だ。
結局のところどの競馬場でも厳しいレースになれば浮上してくる。
シルポートが引っ張って演出した厳しいレース大阪城Sでしっかり結果を残し、鳴尾記念であっさり負けているあたり、この馬の課題はGⅠ級との“格”の違いなのだろうと感じる。
関屋記念では残念ながらそういう馬は出て来ない、しかも今年は一層薄いメンバーだから尚更安心できる。
すんなりこれが本命。

対抗にはエアラフォン。
前走時計優秀、調教抜群なのだからこれは無視はできないだろう。
1000万ならともかく1600万2連勝というのは中々難しいものだ。
素直に、既にオープン級の力があると見た方が良さそう。
ただここまで割と短めの距離使われてきているという点、昇級戦という点で影を落としたい。
前走準OPでは【0,0,0,10】、他のGⅢとは違い明確な底力勝負になるために上がり馬即通用というわけにはいかないのだろう。

だがエアラフォンの前走ストークSのラップは中々の底力勝負だったと思わせる。
12.6 - 10.7 - 11.8 - 11.7 - 11.9 - 11.3 - 10.8 - 12.4
(35.1-23.6-34.5=46.8-46.4=1:33.2)
やや平均寄りのラップだが、特徴となるのがラスト2Fにかけての加速と、その地点で10秒台というまさに関屋記念のそれと近いラップ形態を刻んでいること。
今年の阪神マイル重賞6戦の中でも上がり3Fで10秒台を刻んだのはマイラーズカップのラスト3F目のみ。
また今年の阪神マイルで1:33.2はマイラーズカップに次いで2番目の好時計とあって、重賞初挑戦の舞台でも通用する根拠は持っているのである。
そういう点から見たら関屋記念“前走で予習済み”という馬なのでこれまでの昇級初戦馬とは訳が違う。
以上を踏まえて去年のスピリタスと同一視するのはどうかなと思う。

もし陣営がラップから判断して次戦に関屋記念を選択しているとしたら…恐れ入る。
どちらにせよ単純に通用すると思ってここを選択したのだから信頼したい。
時計はセイクリッドバレーとともに一枚抜けてます。
対抗評価妥当。
勿論本命に推す勇気まではない。


▲スズジュピター
恐らくこの馬は休み明けor間隔を空けて使われた方が良いと思われる。
重賞に対する明確な壁も新潟&メンバー構成が解決してくれるか。

★マイネルクラりティ
スズジュピターに谷川岳Sで敗戦しているので何とも言えないが…
昨年とは違い外枠に配置されたことは+材料。
グラスワンダー産駒だけに特に新潟が苦手という印象も無い。
近走でさして得意でもない京都をこなしているのが良い。
得意じゃない競馬場を意図的に使われているあたりがちょっと怪しい。
足りない部分は承知、どこまで迫れるか。


◎○を中心に馬券構築することをお薦めします。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想