FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

30
2014  13:23:40

【ジャパンカップ】 ◎ジャスタウェイ

【ジャパンカップ】
◎ジャスタウェイ

今の日本競馬においては一段違うレベルにある。
ジェンティルドンナは間違いなく、日本を代表するトップホース。
海を渡ったゴールドシップ、ハープスター、ジャスタウェイを加えた四頭は、やはり他とはレベルが違う。
新しい顔ぶれも増えて、旧勢力との力関係はどうなのかと考えたが、やはりこの5歳世代+ハープスターの壁は高い。

“まだまだ超えられない”、三歳イスラボニータとは前走で格の違いを感じた。
あれは京都まで走っても抜かせない、とは昔の人がよく言ったもの。
着差は僅かだが、二頭の差はかなり大きいと当方はレースを見て感じている。

3、4歳の新勢力で気になるのは、やはりハープスターくらい。
今年の三歳は時計的に低調で全体のレベルは四歳とどっこいどっこい。
古馬相手に連続好走出来るほど強い馬はいないはずで、イスラボニータも一気のメンバー強化でどこまでやれるか。
三歳馬はレベルの差から恐らく三着どまりまでと想定。JCの厳しいラップをこなせるとは思えぬ。

G1レース6勝の女傑。昨年、一昨年と当レースを史上初めて連覇するなど、東京コースでは(3・2・0・0)の好実績。
仕上がりに抜かりなし、とあらば驚異的な粘りでまたもや好走を演じてくれるはず。
ただし、好走を演じてくれるだけの話で評価はしても、頭を取るかと言われれば・・・だ。
陣営は状態に関して相当高い評価を下しているようだが、坂路の時計は如何なものか。

一昨年と昨年のJCで圧倒的にパフォーマンスが落ちたのは明らかに坂路の時計。
キレを活かすタイプではなく、粘りで相手を捻じ伏せるタイプ。
それ故に坂路ではラスト1Fの粘りが大切なのだが、それが今週先週と13秒台。
今回も得意の府中故に相当際どい勝負はするとは思うが、坂路の様子から何らかの馬に差される可能性は高いと踏んだ。いつもの粘りがない・・・といった光景を想像したい。
折角のジャパンカップ、ここは頭を取る可能性のある馬をチョイスする。

本命はジャスタウェイ。
ジェンティルドンナを差す、ならこれかハープスターと当初から考えていた。
しかしながらハープスターの状態は報道にもあるように万全とは言い難い。
だとすれば、実績あり、今年充実期を迎えているジャスタウェイをチョイスするのがベター。
ope13102715510008.jpg

ジェンティルドンナにオルフェーヴルを倒した頃の面影なし。
だとすれば、あの頃のオルフェーヴルを倒そうと燃えていたジェンティルドンナの役目はジャスタウェイが引き受けた。
昨年の天皇賞のハイパフォーマンスから一転、今年こその天皇賞は恵まれたラップから下克上を許した内容は見過ごせない。
190580834.jpg

昨年、天皇賞で見せたジャスタウェイの強さは今年も健在。
雄大な馬体、ハーツクライ産駒・・・距離はこなせる方にベット。
最早、状態云々ではなく、能力一枚上手の存在。
日本を代表するトップホース同士のぶつかり合いを期待したい。



≪結論≫
◎ジャスタウェイ
○ジェンティルドンナ
▲エピファネイア
△デニムアンドルビー
△ワンアンドオンリー
★ハープスター
(自信度B)



【京阪杯】
◎セイコーライコウ

前走は相手が強かったか。今回は巻き返し気配。
人気落ちセイコーライコウのを狙いたい。
クロフネ産駒故に安定感は抜群。それなりのレベルならそれなりにやる。
京都の馬場は守備範囲。今年の夏のスプリント主役を張った同馬を狙う。

≪結論≫
◎セイコーライコウ
○レッドオーヴァル
▲エピセアローム
△アンバルブライベン
△アフォード
★ローブティサージュ
(自信度D)





にほんブログ村 競馬ブログへ
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ







関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想