FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

21
2014  12:14:23

【朝日杯FS】◎ナヴィオン~ラストタイクーンの血に賭ける

【朝日杯FS】
◎ナヴィオン

“前走は俺のミス”と鞍上の福永祐一が認めるように、前走は決して力負けではない。
一番人気に推されたデイリー杯2歳Sは道中で掛かった馬に3角手前で前に入られる不利が響いたもの。
「引っ張る場面もあってポジションが下がった。力負けではない」と陣営に悲観の色なし。
hrnavion.jpg

新馬戦では驚異的な脚を使い快勝。倒した相手が後のGⅠ馬ショウナンアデラだから価値はある。
体全身を使った大きなストライドで、ギアが入った時の走りは一流馬のそれ。
それ故に、身体の消耗も激しく連続して好走するタイプではない。

故に一旦馬体を緩めてから、仕上げる。
レースを使って体を仕上げるタイプで、前走のデイリー杯はまさに緩めた体での出走。
それ故に賞金を加算したかった上位二頭との差は、不利だけではなく仕上がりの差もあったと見る。
ききょうS勝利の時点で賞金的に無理をする必要がなかった同馬と他の温度差を読み取りたい。

ききょうSを見る限り、坂に対する適性は相当感じる。
あの手応えが京都でなかった点を考えるに、恐らく適性はパワータイプ。
今度は阪神外回り、弾けるナヴィオンの走りを期待したい。

阪神は今開催は特にキングカメハメハ産駒が大暴れ。
その源泉となる血はキングマンボではなく、当方はラストタイクーンだと考えている。
桜花賞馬マルセリーナ、古くはオースミタイクーンなど阪神の坂でもう一伸びする阪神巧者。
その血統にいずれもラストタイクーンの血が入っていることに注目したい次第。
ナヴィオンの阪神得意のイメージは、ラストタイクーンという血の根拠をもって整合性を図りたい。

よって、朝日杯FSの本命はナヴィオン。
出来の良さは前走と雲泥の差、今度は高い身体能力を活かせる。
大物食いハーツクライ産駒の一発。母父ラストタイクーンの力を信じてここは本命としたい。
imgsfsfa.jpg


クラリティスカイはここ二戦のパフォーマンスはかなり安定。
軸ならこれ、といった感じで今回のメンバーでは最も信頼できるタイプ。
いちょうSは東京芝1600Mの2歳レコードで快勝。淀みない流れを正攻法で差し切る文句なしの内容。
初勝利時も阪神芝1800Mの2歳レコードとわずか0秒2差の好時計。
スピード決着になっても首位争いに持ち込める。
65ac2e2e.jpg


関東の総大将とはブライトエンブレム。
暮れのホープフルS参戦を取りやめ、ここ参戦を決めたのだから相当本気度は高い。
クラブ所有馬ではあるが、朝日杯FS出走へと強行出走を決めたのは小島師。
あまり器用さがない馬なので、トリッキーな中山より広い阪神の方が向いているとの判断。
一悶着あった今回の出走、それだけに求められる結果。
周囲の雑音を黙らせるためにも、ここは勝利という最高の結果が欲しい。
pog14070105030001.jpg


“唯一無二”、同配合であっても必ずしも同じ競走馬が生まれるとは限らない。
オルフェーヴルがドリームジャーニーでなかったように、アッシュゴールドもまたオルフェーヴルではない。
オルフェーヴルの幻影は追わない。アッシュゴールドはアッシュゴールド。
全兄との比較を行わず。ここはフィルターを外して、アッシュゴールドを改めて見直したい。
imsfsfsgsdsgsgs.jpg

デビュー戦は最も伸びないインコースを通っての自滅なので度外視。
ソエの影響もあってか、思ったように伸びず本来の姿ではなかったと考えたい。
しかしながらソエが治った次走の未勝利戦では、流石という末脚を披露して好時計勝ち。
目の覚める末脚、先に抜け出したヴェルステルキング優位の展開をものともせず快勝。
三戦目、重賞初挑戦のデイリー杯でもスローの瞬発力勝負を道中最後方から2着まで追い込んだ。
ここ2走は高い素質を感じさせる走りを披露。
ただ、最後の止まり方が気になる。思ったほど適性距離は短い可能性も…?
あるいは、長い直線もそこまで…といった感じなのかもしれない。3着止まりの気配。
ここはあくまで押さえまでとしたい。


≪結論≫
◎ナヴィオン
○クラリティスカイ
▲ブライトエンブレム
△アッシュゴールド
△ペプチドウォヘッド
★ダノンプラチナ
(自信度B)




にほんブログ村 競馬ブログへ
≪他のブログを探すならこちらが便利!≫
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想