FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

19
2015  13:11:08

【皐月賞】◎ダノンリバティ

【皐月賞】
◎ダノンリバティ

ペースを握るのは恐らくスピリッツミノル。
多頭数、メンバー構成からいって恐らく今回は前傾ラップでレースを展開する。
となると、問われるはやはり底力。ここ一番での勝負強さと、重厚な血統背景を要求する。

前日の高速馬場。それでもペース適性を重要要素として予想したい。
参考にしたいのはやはり近二年の結果だろう。
昨年優勝したイスラボニータは母系がグレイソブリン。
一昨年の勝ち馬ロゴタイプは父がローエングリン。

サンデー系に欧州といった組み合わせがベスト。
基本的には欧州色が強い血統が輝く舞台だと考えた。

本命は母父にエリシオを持つダノンリバティ。
エリシオは凱旋門賞、ジャパンカップの勝ち馬。
エリシオの父はFairy King。ノーザンダンサー系、特にSadler's Wellsの活躍が目覚ましい皐月賞。
Sadler's Wellsの全弟Fairy Kingならばその傾向を踏襲すると考えた。
バリバリの欧州血統を母父に持つダノンリバティは近年の皐月賞トレンドに合致する。
1612046217025679e743.jpg

前走は強烈な末脚を使いほぼ勝ちに等しい2着。
先に粘りこんだミュゼエイリアンに屈したが、いよいよ軌道に乗った印象を受ける走りで高評価。
デビュー戦で強烈な印象を残した同馬だが、そのあとは骨折となかなか順調にはいかなかった。
それでも、前走と前々走でようやく本来の走りを取り戻しつつある。
もって生まれた身体能力、高い素質、恵まれた血統背景で本番大物食いを狙う。

本番さながらだったのはスプリングSではなく、やはり弥生賞。
中でも特筆すべきは自分から動いて他馬をねじ伏せたサトノクラウン。
シーザスターズを思い起こさせる強固なパワー&スピードはMiswaki由来。
血統背景からも皐月賞向き。堀厩舎の一番手。

スローから上がり勝負だったスプリングSは改めてリアルスティールの高い能力を評価すべき内容ではあったが、条件が変わる今回は評価をいかに。また同じような末脚を使えるという保証はない。

勝負気配が高いのはドゥラメンテ。
トライアルを使わずに皐月賞参戦。
並々ならぬ仕上がりを披露しているだけに力が入る。
ルーラーシップとはまた違う走り。小気味の良いスピード、機動力を高く評価したい。
世代トップの可能性あり。


≪結論≫
◎ダノンリバティ
○ドゥラメンテ
▲サトノクラウン
△キタサンブラック
△リアルスティール
★ブライトエンブレム
(自信度C)
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想