FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

31
2015  14:04:05

【東京優駿】◎リアルスティール

【東京優駿】
◎リアルスティール

超良血ドゥラメンテはまさに特別な存在。
素晴らしい身体能力と、脆い精神面が共存する同馬。
ここ三戦のパフォーマンスを見る限り、世代でも屈指の能力を有していると言わざるを得ない。

皐月賞では4角で外にふくれる若さを見せながらも、うなるような加速で豪快に突き抜け、まずは3冠初戦を制した。
今度の舞台は広い東京。唯一のウイークポイントと思える「器用さに欠ける」点を懸念する必要がない。
このコース替わりは何よりのプラス材料だと捉えるべきだろう。

では、容易にこの馬が二冠目を勝ちとるか?と言われれば答えは“ノー”。
どんな馬にもスキはあるし、前回と同じようなパフォーマンスを繰り出せるとは思わない。
前走皐月賞で見せた驚愕の末脚を今回も引き出せるか、否か。
それは走ってみないと分からない、というのが素直な感想だろう。

身体能力という点においてはケチをつける必要はないが、調整面では少し不安もあり。
だからと言ってこの馬が馬券外になる可能性は・・・それは能力との比較。

前走のような競馬を展開できるか?が大きな焦点。
前走ほどの順調な調整過程ではない点はやはり気になるし、皐月賞とは立場が違う形でレースに臨む点。
最後の最後で、何らかの馬に出し抜けを食らう可能性を今回は想定しておきたい。

本命はリアルスティール。
皐月賞は素質が開花したドゥラメンテの豪脚に抵抗できなかったが、マークした1分58秒4は例年なら十分にVレベル。
好位でロスなく立ち回って連対を確保し、世代屈指のレースセンスを改めて示した。
デビューから4戦4連対の安定度。長距離輸送に問題はなく、距離延長もOK。皐月賞のリベンジを果たすと見た。
1週前にCW、最終追い切りに坂路といういつものパターンを崩さずに仕上げてきた点は好印象。
上昇度一番。最高の状態で出走できるはず。
20150323092003af2.jpg

対抗にはシーザスターズのようなキレが魅力のサトノクラウン。
出遅れ、外々を回り、さらに4コーナーでドゥラメンテの斜行の影響を受けた。
連勝は止まったが、皐月賞で1番人気に推されたことからも能力は確か。
スムーズな競馬ができれば差はないだろう。

≪結論≫
◎リアルスティール
○サトノクラウン
▲ドゥラメンテ
△ポルトドートウィユ
△アダムスブリッジ
★ミュゼエイリアン
(自信度B)


【目黒記念】
◎アドマイヤスピカ

前走は厳しい競馬での勝利。ハイレベルな一戦を制したアドマイヤスピカを本命とする。
休ませてグンと動きが良くなったとのこと。ここでも見劣らない。

≪結論≫
◎アドマイヤスピカ
○ムスカテール
▲ダービーフィズ
△ヴァーゲンザイル
△トウシンモンステラ
★レコンダイト
(自信度C)
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想