FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

13
2016  12:39:53

【エリザベス女王杯】◎パールコード~【福島記念】◎ダイワドレッサー

【エリザベス女王杯】
◎パールコード

秋華賞馬ヴィブロスは早々と回避を宣言し、春形成していた三歳牝馬三強は瓦解状態。
本来盛り上げるべき有力三歳勢の参戦もパールコードただ一頭という状況は何とも寂しい。

古馬勢は前年覇者マリアライトと二冠牝馬ミッキークイーンが主役といったところ。
マリアライトはエリザベス女王杯、そして今年の宝塚記念を牝馬ながら勝ち、今年は堂々主役としてこの舞台に臨む。
対するミッキークイーンは思ったようなローテではないにしろ、京都外回りはいかにも合いそうな舞台。二冠牝馬の意地を見せたいところ。

昨年三着のタッチングスピーチは鞍上にムーアを迎えて今年はこのレース一本で全力投球。
加えて府中牝馬S快勝のクイーンズリングもいよいよ本格化で侮れない存在。

強力古馬勢四強にどれも目移りするが、それでも当方は三歳牝馬パールコードを本命に指名する。
パールコード2016

決め手はレースの上手さと、勢い。
古馬四強で順調にこのレースに向けて調整できているのはクイーンズリングただ一頭。
マリアライトは昨年のオールカマーよりも負け方が悪く、自分の競馬が出来そうなラップ構成で5着に敗れたのは気がかり。
ミッキークイーンは実力は牡馬含めて現役トップクラスだが、約半年ぶりのレース。久々がどうかといったところ。
タッチングスピーチは京都の適性は抜群。ただ、京都記念で激走もその後は苦しんでいる印象で、最終追い切りも平凡。

これをどうチョイスすれば良いのか、と言われれば第一候補はやはりミッキークイーンだろうが・・・
何より順調に調整してレースを使っている馬に分がある。三歳牝馬パールコードは秋三戦目も初戦仕上げていない分、まだまだ上積みがある。事実、前走の激走後も反動なく、レース後すぐに調教を再開させている。
中間のCWの時計は過去最高の内容で、状態面では更に輝きを増している。

ヴィクトワールピサ産駒はここ京都で特にパフォーマンスをあげる傾向あり。
スッと好位につけて、最後までしっかり伸びるパールコードの持ち味を存分に活かせる。
瞬発力勝負では分が悪くとも、持続力で抑え込むには最適な舞台と見た。

春シーズン、これはオークスでと思った一頭で距離延びてこその馬だと感じた。
フローラSでチェッキーノに完敗してから陣営は早々とオークス出走を断念。
大事に使われて、いよいよ華を開いたこの大器は今回の距離延長は恐らく吉と出ると予想。
好走する三歳馬の多くは、クラシックディスタンスに対する適性が高く、凡走する三歳馬はマイル寄りの適性を持つ。
秋、古馬と対峙する三歳馬にとっていよいよ色濃く距離適性を問われる時期だけにこれは重要な要素。

パールコードはデビュー以来、マイルを使われることなく、中距離中心。
レースぶりからゆったりした大跳びなフォームで走るタイプだけに距離は2000M以上に適性あり。
三歳牝馬、距離適性、状態面を踏まえてパールコードが本命に相応しいと判断するのが妥当。

≪展望≫
人気サイドのマリアライトは今年は堂々主役として登場もやや懐疑的な存在。
今年の宝塚記念はキタサンブラックが引っ張り、前半59.1-後半61.3のペース。
昨年のエリザベス女王杯はウインリバティが先手を後続を離して進み、60.7-61.4。
タフな条件下、厳しいペースで力を発揮してきたタイプだけに、この二レースはドンピシャ。
ただ、今年は逃げ馬不在、引っ張る馬がプリメラアスールもシャルールも入り36秒台故に上がり勝負になる可能性高い。
となれば、差しで持続力を活かすマリアライトの本来の力を削がれる可能性は十二分に考えられる。

中間の頓挫、出遅れる癖がある叩き良化型ミッキークイーンは外回りの中距離はベストでも本来の力が出せるかどうか。
瞬発力勝負という面では、この馬に分があると思うが、如何せん仕上がり不安。
これほど強い馬故に簡単には崩れないと思う面もあるが、取りこぼす可能性は過去の走りから十二分にある。

Sadler's Wellsという血統背景を持つタッチングスピーチにとっては、純粋なスピード勝負は不向き。
京都では持続力勝負でも瞬発力勝負でも対応できるのが大きな強み。長く良い脚が使える同馬にとって、京都であれば展開は不問で心強い。鞍上にムーアを迎えて、今年は初戴冠狙う。京都適性を強く活かしたい。

先行して瞬発力を使えるクイーンズリングに展開利がある。
距離延長が最大の課題も、本格化した今ならこなせる可能性あり。


≪結論≫
◎パールコード
○クイーンズリング
▲ミッキークイーン
△タッチングスピーチ
△マリアライト
★マキシマムドパリ
(自信度B)



【福島記念】
◎ダイワドレッサー

歴史あるローカル重賞福島記念。
近年はどちらかと言えば四角でどのポジションにいるかが重要なレースへ。
先行して速い上がりが使えるタイプが優位だけに、ダイワドレッサーの出番と見た。

52kの軽量を活かせる、内枠という絶好の状況。
小回り、パワーのいる馬場で強いネオユニヴァース産駒だけに追い風。
人気になるゼーヴィントには福島GⅢでこそ敗れはしたが、今度は違う。
外枠圧倒的不利な福島記念。ポジショニングを間違えば命取りな状況で鞍上はシュタルケ。
スムーズに出ればあっさりも、今度はマークされる立場だけに注意が必要。
ダイワドレッサーはスムーズに先行できる上に、上手くタメが利けば良い脚が使える。
秋華賞は度外視、好仕上がりで古馬相手に好勝負期待したい。

もう一頭の注目馬はシャイニープリンス。今年の福島民報杯では58秒台の時計を先行して快勝。
35.2-36.1のペースで決して恵まれたものではなく、先行勢には厳しいもの。
例年速いペースで推移して後半もイーブンか少し遅めになるレースだけに、厳しいペースで粘れるタイプは良い。
同じ福島開催の七夕賞は余りにペースが速すぎた上に先行も出来ず持ち味が発揮できなかった。
マイネルハニーが引っ張り、例年通り35-35のペースなら今度は違うはず。

≪結論≫
◎ダイワドレッサー
○シャイニープリンス
▲ゼーヴィント
△プロフェット
△マーティンボロ
★マイネルハニー
(自信度D)

関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想