FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

16
2011  01:41:22

今週の重賞展望

【セントライト記念】
どの脚質が有利かと言われれば…やはり先行有利です。
ですが、脚質の前にどう考えても適性の無い馬は買えません。
いくら先行有利でも、自身が使える時計が実際のレースと合わないと駄目なんですよ。
今回は自身の時計とレースの時計と合わない、このレースで消す馬を二頭提示します。


一頭目は自身と半兄もこういう体つきしてましたから母系由来の馬なんでしょうね。
恐らくSecretariatでしょうか。
馬体が凄いって?それがどうしたってんですか。
走る内容と馬体が全く噛み合ってなけりゃどうしようもないんですよ。
上がりがかかる=中山向きって思ってませんか?
悪くない考えですが、プラスアルファの思考が必要ですね。
ここまで上がりが掛るレースで結果を出していますが、速い上がりが問われるレースではトンと駄目。
とりあえず好走するにはひと雨欲しいですね。
馬名は↓
人気ブログランキングへ

二頭目はフェイトフルウォーです。
このレース向きだとはちょっと思えませんね。
サダムパテックとの勝負付けは済んでます。
土曜日までに検討してよっぽど買う馬がいなければ…無理して買う程度のレベル。



【ローズS】
なぜ先週の阪神の芝は完全に野芝なのにあれだけ時計が掛ったのか。
当方のセントウルSの予想前提は高速馬場、誤謬を求めるならここしかない。
エーシンヴァーゴウ好走を助けたのは間違いなく、この1分8秒台の時計だと思われる。
同父のワンカラットが時計の限界を露呈したように、エーシンヴァーゴウにも時計の限界はあるはず。
だからこそ、北九州記念3着という不甲斐ない結果があったはずだからセントウルSも不甲斐ない結果に終わると読んだのだが…実際はどうだい?
力強く走りきったわけですよ。
逆に高速適性の高いダッシャーゴーゴーやサンカルロの走りを見て結論付けた。
時計面だけでなく実際の馬場、血統傾向から今の阪神競馬場を推察します。
無論、土曜日を見てから芝に対して結論付けたいのだが…。




【エルムS】
単刀直入に“上がり勝負”です。
前走を評価するなら…去年より内容が充実しているのはエーシンモアオバ―でしょう。
これを本命にするわけではありませんが、昨年同様好走が期待できると思います。

本命馬はこちら↓
人気ブログランキングへ

いかにもこのレース向き、エルムSのラップは抜群に合うでしょう。
長いこと下級条件でレースしてきた馬ですが、いよいよ第一線と張り合う時期に来ました。
今回はその先を見据えて使われるので、陣営としてもこんなところでは負けられないという感じ。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想