FIXED KEIBA

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

八百長競馬‐Apocalypse‐

18
2011  07:23:51

【ローズS】結論
◎マルセリーナ
○ホエールキャプチャ
▲メデタシ
△リヴァーレ
人気ブログランキングへ
★ビッグスマイル



「夏の上がり馬台頭ある」
夏の上がり馬リヴァーレ、キョウワジャンヌ、ビッグスマイル。
今年のローズSは夏の上がり馬にチャンスはあるだろうか?
もし過去のローズSを根拠にするならば今回上げた三頭は「チャンスがない」と結論付けることができる。
それはこの三頭はいずれもクラシック出走歴が全くないからだ。
出走しては悉く跳ね返されてきた過去の夏の上がり馬たち。
1800Mになって好走を演じたのは3着のクーデグレイス一頭のみというさびしい結果になっている。
一方で通用してきた馬達はクラシック出走歴がある。
「経験の差」はやはり大きいのだろうか、過去のレースを調べるごとにクラシックという経験の偉大さを改めて知ることになる。
さてさて、今年はどうだろうか。


「乗り込む必要なんてない」
エリンコート、ハッピーグラス、そしてホエールキャプチャははっきり言って乗りこみすぎ。
過去の傾向からオークスでは乗り込んで乗り込んで乗り込んだ馬が結果を出せるが、ローズSは少し違う。
そういった点でオークスではホエールキャプチャ>マルセリーナの等号が成り立ったのかもしれないが…
過去このレースで乗り込んで好走したのは松田国英厩舎のダイワスカーレットのみ。
ほとんどの馬は乗り込まずに、必要最低限で好走している。
アニメイトバイオ>アパパネ、ブロードストリート>レッドディザイア、レジネッタ>トールポピー
この関係性は乗り込み量によるもの。
となると今年のローズSではマルセリーナ>ホエールキャプチャ>エリンコートになるはず。
特にエリンコートは休み明けなのに乗り込みすぎ。



【セントライト記念】結論
◎サダムパテック
○ヒットザターゲット
▲トーセンラー
△ユニバーサルバンク
△フェイトフルウォー
人気ブログランキングへ



◎サダムパテックは弥生賞、東京スポーツ杯2歳S好走馬。
毎年毎年プリンシパルS好走馬がこのレースで好走を演じているように、東京2000Mとこのコースは強いリンクがあるはずだ。
弥生賞優勝・皐月賞好走・ダービー惨敗で距離の限界を唱えるもよし。
菊花賞なんて最初から走れるなんて思ってないし、菊花賞とこのレースが繋がるわけがない。
だったらサダムパテックを買えば良いという話にはならないのだろうか?
マイルは既にスミヨンから長いという話が出ている。
だったら2000Mベスト、それならこのコースもこなせる。
持ち時計はロックドゥカンブ・ナカヤマフェスタの域。
例年の優勝圏内に入るレベルにはある。
後方から競馬する姿なんてのは二歳時の固定観念でしかない。
実際岩田Jに変わってから好位、中団から競馬するスタイルに変わっている。

対抗には北海道で味のある競馬をしていたヒットザターゲット。
今年の北海道シリーズはレベルが高い。

単穴トーセンラーは素直に調教を受け入れて良し。
藤原流休み明けの仕上げ本数で体調は万全なはず。


人気の一角ベルシャザールは一貫性のあるペースでは全く走れないタイプ。
ホープフルS、ダービーは中間緩んだレース、セントライト記念では好走できないと読む。
ショウナンパルフェの代役はフェイトフルウォー、厳しいペースだった京成杯好走馬だけに注目。
★は穴馬をチョイス、馬名はランキング内にて。




【エルムS】予告
◎ランフォルセ


相手選びはまた夜にでも。
関連記事


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
【応援クリックお願い致します!】

 重賞予想